試食

夏祭りの屋台フードを牛角流にアレンジした「牛角ドック」など「牛角流屋台フード」を食べてみた


焼肉に合わせる麺「焼肉専用まぜめん」などを生み出した焼き肉店「牛角」で2018年7月11日(水)から「牛角夏祭り」と題して夏祭りの屋台フードをテーマにした「牛角流屋台フード」として、焼肉を「パン」で挟んで片手で食べるアメリカンドックならぬ「牛角ドック チ~ズまみれのカルビドック」と「牛角ドック ピリ辛!メキシカン牛タンドック」が登場しています。他の牛角流屋台フード6品と一緒に味わってきました。

夏じゃないか!牛じゃないか!牛角夏祭り開催!片手で焼肉!? とろ~りチーズたっぷり牛角ドック新登場!!‐ 2018年7月11日(水)~2018年9月2日(日)全国の牛角で実施-
(PDFファイル)http://www.colowide.co.jp/datafile_new/pr_news_pdf_file_153076473561.pdf

牛角夏祭り開催中! | 焼肉なら「牛角」
http://www.gyukaku.ne.jp/18summer/products.html

牛角に到着。


店内は「牛角夏祭り」キャンペーンとして夏祭りのようにメニューのポップで鮮やかに飾られています。店内BGMとして祭囃子(まつりばやし)が流れています。


店員さんの中には法被(はっぴ)を着用している人もいました。


今回は「牛角流屋台フード」の「牛角ドック チ~ズまみれのカルビドック」と「牛角ドック ピリ辛!メキシカン牛タンドック」と……


扇(うちわ)型のメニューに書かれている「スパイシーカルビステーキ」「ホタテのバター醤油焼き」「スキヤキ焼きそば」「焼きじゃがバター!」「グリーンキウイサワー」「ぷるるんビー玉ゼリー」計8品を注文します。なお、扇にあるアルコールメニューの「生パイナップルサワー」は「牛角流屋台フード」の期間限定メニューではなくレギュラーメニューなので割愛しました。


◆牛角ドック
はじめに焼肉を焼いてホッドドックのようにパンで挟む牛角ドック「牛角ドック チ~ズまみれのカルビドック」と「牛角ドック ピリ辛!メキシカン牛タンドック」を注文しました。カルビを挟む「牛角ドック チ~ズまみれのカルビドック」は左からカルビ・玉ねぎと甘辛いソースを挟んだドック(パン)・チーズのセット。この3品を焼いて組み合わせると牛角ドックになります。


もう一方の牛角ドック、牛タンソーセージを挟む「牛角ドック ピリ辛!メキシカン牛タンドック」は左からチーズ・ドック・牛タンソーセージのセットとなっています。なお、牛角ドックのドックは食べやすいように半分に切られています。


牛角ドックを食べる手順は、はじめにパンを軽く炙ります。パンは焦げやすいので注意。1~2分ぐらいさっと網の上で焼きました。


また、パンと一緒に網の上でチーズを温めます。なお左の白色のチーズが「メキシカン牛タンドック」のもの。右の赤色がかったチーズが「牛角ドック チ~ズまみれのカルビドック」のものです。


次にそれぞれのドックに挟む肉を焼いていきます。「牛角ドック チ~ズまみれのカルビドック」はカルビを焼きます。


網の上にカルビをのせると「じゅ~」という音とともに、甘辛い香りが漂います。


「メキシカン牛タンドック」は牛タンソーセージを網の上で焼きます。


カルビが焼けたら「牛角ドック チ~ズまみれのカルビドック」のドックにカルビを挟みます。


温めておいたチーズをかけて……


「牛角ドック チ~ズまみれのカルビドック」(税別500円)ができあがりました。「牛角ドック チ~ズまみれのカルビドック」はタレを絡めたカルビをパンで挟んでチーズをかけた牛角ドックとなっています。


食べてみるとカルビは甘辛いタレの味付けでジューシー。チーズは濃厚でとろっとした触感。パンはプレーンな味で濃い味のチーズと焼肉にピッタリ。ドックのパンで食べごたえがあります。


次は牛タンソーセージを挟む「牛角ドック ピリ辛!メキシカン牛タンドック」。網で焼いていた牛タンソーセージをパンに挟んで……


温めておいたチーズをかけます。


「牛角ドック ピリ辛!メキシカン牛タンドック」(税別600円)ができあがりました。


「牛角ドック ピリ辛!メキシカン牛タンドック」はピリ辛な味付け。ピリ辛でジューシーな牛タンソーセージは、ほんのり甘くてシンプルな味付けのパンと相性がピッタリ。パリッとした表面と柔らかい触感はパンとの食感が近いので一体感があります。白いチーズはクリーミーな味と滑らか舌触りをプラスしています。


◆スパイシーカルビステーキ(カレー味)
「スパイシーカルビステーキ(カレー味)」(税別600円)は厚切りのカルビを使ったカレー味のステーキ風焼肉。全体にカレー粉がまぶされています。


今回提供されたものの大きさは交通系ICカード(長辺8.5cm・短辺5.4cm)と比べるとこんな感じ。


じゅわっと網の上で焼いて……


焼き上がるとカレーの香りが漂います。


肉自体に味が付けられているので、タレなどを付けずにそのまま食べてみると、スパイシーで甘辛くてジューシー。ピリっとした刺激が食欲を高めます。辛味は飲み物が必要のないレベルで甘辛い味付けでご飯が欲しくなります。


◆ホタテのバター醤油焼き
「ホタテのバター醤油焼き」(1枚:税別250円2枚:税別490円)は、生のホタテを殻ごと網焼きして食べる品。バターが添えられていて店員さんによると醤油を垂らしてから焼くのがオススメとのこと。


醤油を垂らして網の上で焼くとバターが溶けて磯の香りが漂います。


食べてみると熱々のホタテは甘くてぷりぷり。旨味がギュッと詰まっていて、溶けたバターが香ばしさとコクをプラスしています。


◆スキヤキ焼きそば
ジュージューと音を立てる石鍋で運ばれてきたのは「スキヤキ焼きそば」(税別500円)。太麺の焼きそばは甘辛い味付けがされていて、生たまごがセットになっています。


生たまごの他にも醤油ベースのタレがセットになっています。


タレを麺に投入。様子見で半分ほど入れてみました。


タレを追加して麺に味がなじむようにすぐに混ぜ合わせます。タレが蒸発して石鍋から「ジュ~ジュ~」と音と湯気がたって食欲がそそられます。これで準備完了。


麺を混ぜたら、スキヤキのように別皿の生たまごをといてから、麺をくぐらせて食べます。


スキヤキ焼きそばは甘辛い味付けでまさにスキヤキ。もちもちの太麺は石鍋で香ばしくなっていて食べごたえがあります。様子見でタレは半分ほどしか入れていませんが十分に味がついているように感じたので、これ以上タレ追加するとやや味が濃いように感じました。


◆焼きじゃがバター!
「焼きじゃがバター!」(税別400円)は夏祭りの屋台フード「じゃがバター」を牛角流にした品。じゃがいもが入ったアルミホイルの器を網でまるごと焼いてから食べます。


アルミの器にはたっぷりのバターが添えられています。


器ごと網にのせて様子見でバターを3分の1ほど投入。表裏を返しながら熱を加えていきます。


食べてみるとアルミの器からしか熱が伝わっていないからか、いつまでもじゃがいもへの熱の通りがいまいち。


思い切ってバターを全て投入。


バターが全て溶けてオイル煮のような状態になりました。


オイリーな香りが充満して食欲がそそられます。


バターで熱が通りやすくなり、ジャガイモがほぐれてホクホク。バターでコクがプラスされて夏祭りのじゃがバターを超える味付けに変身しました。バターは躊躇せずに全部入れるのが正解だったようです。


◆グリーンキウイサワー
「グリーンキウイサワー」(税別490円)はキウイフルーツが入った緑が色鮮やかなサワー。


飲んでみると微炭酸で甘酸っぱいキウイで爽やか。熱々でオイリーな品との食べ合わせにピッタリ。


◆ぷるるんビー玉ゼリー
最後はデザートの「ぷるるんビー玉ゼリー」(税別290円)


綺麗な丸いゼリーの中にはフルーツが含まれています。


透明と青色の2種類のゼリーがあって、透明なゼリーにはパイナップルかキウイフルーツが含まれているようです。写真のものはパイナップルが含まれているゼリー。透明なゼリー自体にはほんのりと甘くて、ジューシーなパインの果肉も感じられます。熱々の焼肉の後に食べる冷たいゼリーはたまりません。


キウイフルーツが含まれている方の透明なゼリーは酸味の存在感が強くて爽やか。


青いゼリーは果肉が入っていない模様。食べてみるとラムネ味で、夏祭りの冷たいゼリーの様に感じました。


「牛角ドック チ~ズまみれのカルビドック」「牛角ドック ピリ辛!メキシカン牛タンドック」「スパイシーカルビステーキ」「ホタテのバター醤油焼き」「スキヤキ焼きそば」「焼きじゃがバター!」「グリーンキウイサワー」「ぷるるんビー玉ゼリー」など屋台風メニューを食べられる「牛角夏祭り」は2018年9月2日(日)までの期間限定のキャンペーンとなっています。

・関連記事
ジューシーな粗びきソーセージ&ピリ辛サルサソースを挟んだフレッシュネスの「サルサドッグ」を食べてみた - GIGAZINE

巨大な男根のご神体に初嫁を乗せて練り歩く奇祭「ほだれ祭り」写真&映像集 - GIGAZINE

裸の男たちが極寒の中で水を浴び炎の上で叫ぶ「蘇民祭」現地取材~突撃編~ - GIGAZINE

全身をカラフルに染めて春を祝うホーリー祭に行ったら戦場でした - GIGAZINE

ギャルの圧倒的なパワーが全開、天神祭ギャルみこしムービーギャラリー~出発編~ - GIGAZINE

アニメ「花咲くいろは」の架空の祭が現実に、湯涌温泉で「ぼんぼり祭り」実施 - GIGAZINE

ホットドッグ早食い選手権で「10分間に74個を完食」という世界記録が樹立される - GIGAZINE

ホットドッグ開発者の店から140年前のホットドッグが発見される - GIGAZINE

コストコの巨大ホットドッグにオニオンとピクルスを乗せまくってみた - GIGAZINE

長さ30cm超のソーセージが入った特大ホットドッグをニューヨークで食べてみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1f_yi