アート

ゴッホの絵画約1000点がオンラインで公開中、無料ダウンロードも可能



オランダのアムステルダムにある「ゴッホ美術館」はゴッホに関する世界的権威であり、数多くの作品を収蔵しています。そんなゴッホ美術館が、約1000点の作品をオンライン上で無料公開&ダウンロード可能としています。

Nearly 1,000 Paintings & Drawings by Vincent van Gogh Now Digitized and Put Online: View/Download the Collection | Open Culture
http://www.openculture.com/2018/07/nearly-1000-paintings-drawings-vincent-van-gogh-now-digitized-put-online-view-download-collection.html

986点ものゴッホの作品は以下のページから見ることができます。

Search the collection - Van Gogh Museum
https://www.vangoghmuseum.nl/en/search/collection


代表作「ひまわり」をクリックしてみます。


こんな感じでページが表示され、画面右下からダウンロードが可能。


サイズはSMALL・MEDIUM・LARGEから選ぶことができ、最大サイズのLARGEは3840×3032ピクセルでした。


ゴッホは空間や場所といったものを主題に置いた画家で、空間を意味のあるものにするツールとして「色」を使用しました。1888年にゴーギャンに宛てた手紙の中でゴッホは、「ファンゴッホの寝室」では色によって休息や睡眠といったことを暗示的に伝えていること、絵を見ることによって想像力を刺激するのではなく脳を休めるようにしていることをつづっています。


ゴッホの描いた寝室は全部で3つあり、オンラインギャラリーでは、最初に書かれたオリジナル版を見ることが可能。それ以外にもゴッホによって書かれた絵画をまとめて見ることで、ゴッホが空間や場所を伝えるためにどのような色を用いて、どのような効果を生み出していたのかを理解することができます。

なお、ゴッホ美術家では、2018年3月23日から6月24日までゴッホと日本のつながりに焦点を置いた「日本のインスピレーション」展が開催されており、ゴッホの絵画や人生がいかに日本の影響を受けていたのかが示されました。

ゴッホはいかに日本の芸術から影響を受けたのか? - GIGAZINE


以下のページから、色彩や空間処理について、ゴッホの作品と日本の絵画を比較することができます。

日本のインスピレーション - Van Gogh Museum
https://www.vangoghmuseum.nl/ja/visitor-information-japanese/inspiration-from-japan

・関連記事
切り落とされたはずの「ゴッホの耳」が軟骨細胞から複製され、「生きた」状態でドイツの美術館に登場 - GIGAZINE

ゴッホの代表作「ひまわり」の黄色が光のもとだと退色していくことが判明 - GIGAZINE

ゴッホの絵をコンピュータに描かせるとどうなるか? - GIGAZINE

Googleが世界中の美術館にある作品を色別・時代別に比較できるなど、美術館・史跡探索ができる「Arts&Culture」アプリを大幅アップデート - GIGAZINE

ゴッホの名画「星月夜」を触って動かせるインタラクティブアニメーション化したムービー - GIGAZINE

in アニメ, Posted by logq_fa