メモ

ハワイで世界初の「日焼け止め規制法」が成立、その理由とは?

by Fort George G. Meade Public Affairs Office

ハワイで「日焼け止め」の販売を禁止する法律が成立しました。世界初の日焼け止め規制法は、ハワイの豊かな海洋資源である「珊瑚」の保護を目的としています。

David Y. Ige | OFFICE OF THE GOVERNOR — News Release — Governor David Ige signs bill making Hawaii first in the world to ban certain sunscreens
http://governor.hawaii.gov/newsroom/latest-news/office-of-the-governor-news-release-governor-david-ige-signs-bill-making-hawaii-first-in-the-world-to-ban-certain-sunscreens/


ハワイ州のデービッド・イゲ知事が、オキシベンゾンとオクチノキサートを含む日焼け止め薬の販売や流通を禁止する法案に署名し、法律として成立させました。ハワイ州によると日焼け止めを規制する世界初の法律だそうで、2021年1月1日から施行されます。

この日焼け止め規制法で対象となっている化学物質のオキシベンゾンとオクチノキサートは、紫外線をブロックする機能を持ち、市販の日焼け止めに用いられているものですが、海に溶けだすと珊瑚の遺伝子を損傷したり、白化現象を招いたりすると環境保全団体から指摘されていました。

もっとも、禁止されるのは対象となる日焼け止め薬のハワイ域内での販売行為なので、旅行客が持ち込む日焼け止めの利用行為自体を規制することは事実上できません。しかし、ハワイ州としては日焼け止めを禁止するという姿勢を明らかにすることで、観光客を含む多くの人に環境保全への意識を高く持ってもらい、ひいてはハワイの豊かな海洋資源を守ろうという考えのようです。


世界初となる日焼け止め規制法ですが、根拠となったのは環境保全団体のEWGによる「日焼け止め成分の珊瑚への影響」を調査した1つの研究のみであり、科学的な正当性が不確かだという反対意見もあります。また、日焼け止め規制法によって日焼け止めの利用が制限されれば、皮膚がんのリスクが増えるのではないか?という懸念もあります。とはいえ、賛否両方の意見が挙がる中、珊瑚への化学物質の与える影響などへの関心が高まっている状況は、イゲ知事の思惑通りといえそうです。

・関連記事
日焼け止めは数年前に買ってあったものでも効果があるのか? - GIGAZINE

紫外線から肌を守ってくれ日焼け対策に効果の高い6つの食べ物 - GIGAZINE

TwitterやFacebookなどソーシャルメディアの利用に税金を課す国が登場 - GIGAZINE

カナダで嗜好品として大麻合法化へ、カナダ首相の公約が実現 - GIGAZINE

フェイクニュースに最高6年の禁固&1300万円の罰金を科す新法がマレーシアで成立、国外犯にも適用 - GIGAZINE

in 生き物,   メモ, Posted by logv_to