動画

55年余の機密扱いを解除された「アメリカの核実験フィルム」の第3弾・約250本がYouTubeで公開される


1945年から1962年にかけてアメリカが実施してきた核実験の様子を収めたフィルムのうち、約250本が新たにYouTubeで公開されました。これらのフィルムは約55年にわたった機密指定の解除を受けて発掘・復元作業が進められていたもので、2017年3月の初公開・同年12月の第2弾に続く第3弾となっています。

Physicist declassifies rescued nuclear test films | Lawrence Livermore National Laboratory
https://www.llnl.gov/news/physicist-declassifies-rescued-nuclear-test-films

新たに映像を公開したのは、最初はアメリカで核兵器開発のために設立され、現在では各種エネルギーやバイオテクノロジーなどの研究を行っているローレンス・リバモア国立研究所(LLNL)です。2017年に750本のフィルムが機密の解除を受けたことから、LLNLは同年3月に64本、そして同年12月にも62本の映像をYouTubeチャンネルで公開していました。

55年間機密扱いだった核実験の様子を収めた750本のフィルムが機密解除されて一部がYouTubeで公開される - GIGAZINE


そしてLLNLはアメリカ時間の2018年7月4日、新たに約250本の映像を公開しました。これまでに公開されていた映像と同じ実験のものも含まれますが、いずれも別のカメラで撮影された「新映像」となっている模様です。

Lawrence Livermore National Laboratory - YouTube
https://www.youtube.com/user/LivermoreLab/videos

この映像は、1955年にネバダ核実験場で実施されたティーポット作戦の3回目の核爆発「テスラ」の様子を収めたもの。秒間2400コマという超高速度で撮影されたフィルムにより、火球が生き物のように膨らんで広がり、さらには地面にあたった衝撃波が跳ね返って火球の形を変化させている様子までもがハッキリと残されています。

Operation Teapot - Tesla 28611 - YouTube


こちらは、同じ「テスラ」の爆発を遠距離から捉えたもの。午前5時台に実施された実験のために爆発の様子は不鮮明で、火球もあまり大きく捉えられていませんが、爆発後に生じた爆煙が風によって長く引き延ばされている様子がわかります。

Operation Teapot - Tesla 28644 - YouTube


これは1958年のハードタックI作戦の中で実施された実験「レッドウッド」の様子。太平洋のビキニ環礁で実施された実験で、雲の向こうに巨大な火の玉が出現する様子はまさに「世界の終わり」を感じさせるよう。

Operation Hardtack-1 - Redwood 52550 - YouTube


こちらもレッドウッドの爆発の様子。キノコ雲が空高く突き上げるように上昇する様子がよくわかります。

Operation Hardtack-1 - Redwood 52538 - YouTube


同じく「ハードタックI作戦」の「ポプラ」。消えゆく火球の表面に残る模様がなんとも不気味。

Operation Hardtack-1 - Poplar 52884 - YouTube


「ハードタックI作戦」の「ジュピター」。広がる雲の様子を見ていると自然と心の中に「人類は手に入れてはいけないものを手に入れてしまった……」という言葉が浮かびました。

Operation Hardtack-1 - Juniper 53070 - YouTube


こちらは「ハードタックI作戦」に続く「ハードタックII作戦」の中で実施された実験の1つ「ランゲル」の様子。気球を使って核爆弾を持ち上げて起爆しましたが、不完全爆発により小さな爆発となっています。

Operation Hardtack-II - Wrangell 60550 - YouTube


同じハードタックII作戦における「サンフォード」の実験。まばゆい閃光のあとに、キノコ雲が立ち上る様子が収められています。

Operation Hardtack-II - Sanford 60519 - YouTube


初の地下核実験となった、1961年~62年のヌガ作戦の1つ「ダニー・ボーイ」の様子。核爆発の膨大なエネルギーによって、地面の下からとてつもない量の土が吹き飛ばされている様子が収められています。

Operation Nougat - Danny Boy 81495 - YouTube


中には、このようにきちんと再生されないものも含まれていますが、「資料」としてフィルムを残そうというLLNLの意図が感じられるようです。

Operation Dominic - Yukon 103023 - YouTube

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
55年間機密扱いだった核実験の様子を収めた750本のフィルムが機密解除されて一部がYouTubeで公開される - GIGAZINE

機密扱いだったアメリカの「核実験記録フィルム」で新たに62本の映像が公開される - GIGAZINE

命がけとは知らずに米軍の原水爆実験を記録し、歴史の闇に葬り去られたカメラマンたち - GIGAZINE

人類初の核実験により生まれた人工鉱物「トリニタイト」とは? - GIGAZINE

核爆弾が落とされた際の死傷者や汚染範囲をシミュレートできる「NUKEMAP」 - GIGAZINE

in サイエンス,   動画, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.