ハードウェア

「鳥」にしか見えないドローンで中国全土を空から監視する計画



中国が鳥の構造を真似ることで、効率的に飛行できるドローンを開発中です。このドローンは一見、鳥にしか見えず、国土の広い中国全土を空から監視するためのツールとして活用することが計画されています。

China takes surveillance to new heights with flock of robotic Doves, but do they come in peace? | South China Morning Post
http://www.scmp.com/news/china/society/article/2152027/china-takes-surveillance-new-heights-flock-robotic-doves-do-they

中国では5つの行政区にまたがって30以上の軍や行政機関による「鳥型ドローン」の開発が行われていると、South China Morning Postが報じています。

中国・陝西省にある西北工業大学で鳥型ドローンを開発するソン・ビフェン教授の研究もその一つ。コードネーム「Dove」として知られる開発中の鳥型ドローンは、本物の鳥を模した姿で、羽を使って空中にとどまることができ、羽を大きく羽ばたくことで推進力を得られるという、効率的な構造をしています。


オオソリハシシギは体重290グラムの体で1万1000キロメートルの距離をノンストップで飛行するように、鳥は極めて効率的な飛行が可能であることから、実際の鳥の体の構造を模したデザインによって、Doveは効率的な飛行を実現しようとしています。開発中のDoveは、重量200グラムで両翼50センチメートル、最高速度は40km/hで最長30分の飛行が可能だとのこと。


Doveの恐るべきところは、本物と区別が使いないほどのリアルさを持つところ。内モンゴル自治区で行われた実験では、警戒心が強い羊の群れにDoveが近づいても羊は逃げることがなかったそうで、地上からドローンであることを見分けることが難しくなっています。研究者らは、レーダーなどによる探知を避けられるステルス性をDoveに持たせようと試みており、本物の鳥の羽を外装することも検討されています。


すでにDoveは2000回近い飛行テストを完了しており、本物の鳩の動きを90%再現することに成功しているとのこと。特別設計されたソフトウェアによって、安定したカメラ映像によって上空から地上を監視することが可能で、災害救助などの人道的な使い道の他に、軍や警察、治安当局による監視用途への活用にも高い注目が集まっているとのこと。本物かどうか見わけがつかない鳥型ドローンは新疆ウイグル自治区などの独立運動が起こりやすい地区などを重点監視するための手段としても使われようとしています。

・関連記事
高層ビルの屋上から街を監視し特定の個人を見つけ出すことも可能なスパイカメラ「Mantis」が中国で開発中 - GIGAZINE

顔認識機能を使って逃亡者を6万人参加のコンサート会場から中国警察が見つける - GIGAZINE

トンボに「ランドセル」を背負わせて自由に操縦する研究が進行中 - GIGAZINE

国境監視・防衛用ドローンの購入予算をクラウドファンディングで募集し成功 - GIGAZINE

「戦場のAmazon」として30分以内に兵士へ補給物資を届けるホバーバイクの試作品が完成 - GIGAZINE

スイス国営郵便がドローンによる郵便配達試験を開始へ、およそ5年で運用開始を目指す - GIGAZINE

空から街を監視カメラで撮影し警察の捜査に役立てる計画が本当に実行されていた - GIGAZINE

in ハードウェア,   デザイン, Posted by logv_to