×
試食

スープ専門店が提供する週替わり限定カレー「豚トロのビンダルーカレー」などをスープストックトーキョーで食べてきた


食べるスープの専門店Soup Stock Tokyo(スープストックトーキョー)で、1日だけスープの提供を完全に止めて、替わりに選りすぐりのカレーを提供する日「Curry Stock Tokyo(カレーストックトーキョー)」が2018年6月22日(金)に開催されています。3年目となる今年は新作カレーとして、豚肉を酢とにんにくで漬けて柔らかくした「豚トロのビンダルーカレー」と赤唐辛子を使わずに17種類以上のスパイスとマンゴーやりんご、バナナなどの甘みを加えた「茄子(なす)と牛挽肉の辛くないキーマカレー」の2種類が登場したのでどんなものなのか確かめるべく食べてきました。

Curry Stock Tokyo 2018年6月22日(金)Soup Stock Tokyoからスープがなくなります。
http://www.soup-stock-tokyo.com/cst2018/

6月22日(金)たった一日。今年も 、Soup Stock Tokyoから“スープ”がなくなります
(PDFファイル)http://www.smiles.co.jp/press/201804_CST_release.pdf

スープストックトーキョーに到着。


お店は至る所に「Curry Stock Tokyo」のテープが貼られていて、お店のロゴも「Curry Stock Tokyo」に変更されています。


お店のメニューにスープはなく、選りすぐられた8種類のカレーのみ。なお、たった1日のCurry Stock Tokyoでカレーを食べ逃しても、2018年6月18日(月)から7月27日(金)までこの日に登場したカレーを含めて合計12種類の中から2種類が週替わりで「週替わりカレー」としてスープストックトーキョーで提供されます。


今回は今年初登場したカレー「豚トロのビンダルーカレー」と……


「茄子と牛挽肉の辛くないキーマカレー」を……


2種類のカレーそれぞれをご飯の両脇にかけて同時に味わえる「2種がけカレー」(税込950円)で注文します。なお、「2種がけカレー」は当日限定のメニューです。


また、2018年6月22日(金)限定でハンカチや小物などの「黄色いなにか(サムシングイエロー)」を店員さんに見せると、Curry Stock Tokyo限定の「和歌山県産ジャバラとタイムのラッシー」が無料で提供されます。


店内ではカレーのスパイスの香りが漂い、店員さんの制服が通常の黒い三角巾から黄色い三角巾に替わっていました。


注文してから数分で店員さんから「豚トロのビンダルーカレー」(左手前)と「茄子と牛挽肉の辛くないキーマカレー」(右奥)の「2種がけカレー」(税込950円)を渡されました。


また、今回は注文時に黄色いものを店員さんに見せたので同時に「和歌山県産ジャバラとタイムのラッシー」もゲットできました。


合い掛けだとルーは単品より少なくなりますが、器の大きさ・ご飯の量と付け合わせの種類は同じとのこと。器の大きさはiPhone 7(長辺13.8cm・短辺6.7cm)と比べるとこんな感じ。


カレーの具として緑色の大葉と四角い豚肉が入っているのが「豚トロのビンダルーカレー」


トマトと茄子が入っているのが「茄子と牛挽肉の辛くないキーマカレー」です。


「豚トロのビンダルーカレー」(単体:税込880円・2種類がけ税込950円)は西インド風カレーとのこと。


具の豚肉は酢とにんにくでマリネした豚トロです。


豚トロはお酢により柔らかくなっていて、適度な豚肉の歯応えも感じます。


カレールーはスパイスが香り、ココナッツミルクの甘味と香りの中にほんのりある酸味がアクセントになっていて、控えめな辛味が適度な刺激になっています。


白ごまがまぶされているライスは、パラパラに炊かれていて、ほんのり塩味がつけられていて、カレーをサポートしているようです。


「茄子と牛挽肉の辛くないキーマカレー」(単体:税込800円・2種類がけ税込950円)は玉ねぎ、かぼちゃ、人参、マンゴー、りんご、バナナなど、野菜と果物の甘みと旨味をベースに重ね、そこに17 種類以上のスパイスを加え、隠し味に醤油を少々プラス。赤唐辛子を使わず辛くないのにカレーの風味を楽しめるカレーに仕上げ、油で揚げた茄子と、トマトをのせています。子どもや辛いものが苦手な人にもおすすめとのこと。


甘い香りとスパイスから芳醇(ほうじゅん)な香りが漂いますが、名前の通り辛くはなく、甘い味付けで野菜と牛挽肉の旨みが詰まっています。


揚げられた茄子はとろりとしていて、フレッシュなトマトと合わさりサッパリと食べられてアクセントになっています。


付け合わせのオニオンとカリフラワーはピクルスのような漬物で、酸味と甘味、オニオンのシャキシャキ感とカリフラワーのコリコリとした食感が口の中をサッパリしてくれます。


最後にCurry Stock Tokyo限定のラッシー「和歌山県産ジャバラとタイムのラッシー」を飲んでみます。和歌山県特産の柑橘類ジャバラと香草のタイム、カルダモンなどのスパイスを合わせたドリンクとなっています。


カップの底にはジャバラとスパイスを合わせたものと思われるソースがたまっています。


白いヨーグルトベースのドリンクと一緒に混ぜて飲むとスパイスが香りほろ苦く、甘味とともに生姜のような刺激が口の中をサッパリとさせてくれる仕上がりでした。


食後にサービスで飴玉をもらいましたが、飴玉にも「Curry Stock Tokyo」のロゴが入っている凝りようでした。


なお、「Curry Stock Tokyo」で提供されるカレーは持ち帰りが可能となっています。


今回試食した2種類のカレーが提供される期間は2018年6月22日(金)当日の他に「豚トロのビンダルーカレー」が2018年6月25日(月)から6月29日(金)まで、「茄子と牛挽肉の辛くないキーマカレー」が2018年7月6日(月)から7月13日(金)まで週替わりカレーとして提供される予定です。他の週替わりカレーのスケジュールは以下のリンク先をチェックしてみてください。

Curry Stock Tokyo 2018年6月22日(金)Soup Stock Tokyoからスープがなくなります。
http://www.soup-stock-tokyo.com/cst2018/

・関連記事
「麻薬的」と評され中毒者続出という本格インドカレーのパイオニア「デリー」の味をおうちで簡単に楽しめる「BALMUDA The Curry」を実際に作って食べてみました - GIGAZINE

モチモチなピザパンにこだわりのカレーをつけるドミノ・ピザ「つけカレーパン」を食べてみた - GIGAZINE

「カレーライス自動販売機」を支える農家の舞台裏 - GIGAZINE

あのチロルチョコをカレーにしてしまった「チロルチョコとけこむカレー」全2種類を食べてみた - GIGAZINE

あのチキンラーメンをカレー味にして粉チーズをたっぷりとかけた「チキンラーメンどんぶり チーズカレー味」を食べてみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log