試食

あの白いブラックサンダーに沖縄産の黒糖&塩を加えた「白いブラックサンダー沖縄出張中」を食べてみた



お菓子のブラックサンダーシリーズの中にはネットと北海道限定で購入可能な白い恋人ならぬ、白いブラックサンダーがあります。そんな白いブラックサンダーに沖縄由来の黒糖や塩などを配合して「沖縄出張」とした、「白いブラックサンダー沖縄出張」が2018年6月15日(金)から登場しています。日本の北から南へイメージを大転換した沖縄出張版のブラックサンダーがどんな味に仕上がっているのか食べてみました

<白いブラックサンダー沖縄出張中> 地域限定新発売のお知らせ|ニュース | 有楽製菓
https://www.yurakuseika.co.jp/news/post-23.html


これが「白いブラックサンダー沖縄出張中」(12袋入:税込918円)。青い海やシーサーなど沖縄風なパッケージで、北海道色は消し去られています。


中には「白いブラックサンダー沖縄出張中」の個包装が並べられています。


単体のパッケージは外箱とほぼ同じ。「白いブラックサンダー沖縄出張中」は、沖縄産原料にこだわった配合で新たに開発されたとのこと。


原材料は、ココアパウダーの他に北海道で売られている白いブラックサンダーにない材料の「アーモンドプラリネ」「アーモンド」「黒糖(沖縄県産黒糖100%)」が含まれていることがわかります。


1本の内容量は標準25g。1本あたりのエネルギーは139kcal。


袋から取り出してみると全体はホワイトチョコレートで真っ白。


「白いブラックサンダー沖縄出張中」の白いカバーチョコレートには、沖縄の海水からつくられた「北谷の塩(ちゃたんのしお)」を配合しています。近づくと黒糖の香りが漂いますが、黒糖も沖縄産だとのこと。


今回は、北海道の「白いブラックサンダー」とノーマルの「ブラックサンダー」を用意して食べ比べてみました。


左から順に「白いブラックサンダー沖縄出張中」、「白いブラックサンダー」、ノーマルの「ブラックサンダー」。白いブラックサンダー沖縄出張中と白いブラックサンダーは、外観から区別はつきません。


カットしてみると、「白いブラックサンダー沖縄出張中」(左)と「白いブラックサンダー」(中央)とは断面でまったく違うものだというのがわかります。「白いブラックサンダー沖縄出張中」(左)の断面で中に含まれているアーモンドが確認できます。


「白いブラックサンダー沖縄出張中」は、沖縄県産の黒糖が香り「黒糖」の深い甘味と「北谷の塩」が甘味を引き立てています。ブラックサンダー定番のサクサクなクッキー生地の食感に加えて、黒糖でコーティングしたアーモンドによるパリッとした表面とカリカリのアーモンドで食感が豊かです。


北海道の「白いブラックサンダー」は内側のビスケットのサクサクとした食感と、カーバーチョコのホワイトチョコレートの味と香りの存在感を強く感じます。「白いブラックサンダー沖縄出張中」は黒糖など内側に含まれている材料の味が強く、アーモンドの食感は強めですがビスケットの食感が弱めなのがわかりました。


「白いブラックサンダー沖縄出張中」は沖縄限定のブラックサンダーで、那覇市のデパート「デパートリウボウ」や沖縄県内の空港、土産店で購入可能。沖縄限定のレアなブラックサンダーなので、沖縄に行った際にお土産として買い求めてもよさそうです。

・関連記事
北海道産生クリームとフランス産岩塩を使用した「ビッグサンダー クッキー&塩バニラ」を一足先に食べてみた - GIGAZINE

北海道産のメロンを使用した「メロ~ンなブラックサンダー」を一足早く食べてみた - GIGAZINE

北海道の積雪並みに分厚いホワイトチョコレートでコーティングされた「白いブラックサンダー」試食レビュー - GIGAZINE

ビターさを増して甘さ控えめになった新ブラックサンダー「ブラックサンダービター」を一足早く食べてみた - GIGAZINE

餅風グミの食感ときなこ風味が新しい「もちもちブラックサンダーきなこ」を食べてみた - GIGAZINE

世界初、80年ぶりとなるチョコレートの新フレーバー「ルビー」を使ったキットカットを食べてみました - GIGAZINE

最もチョコを食べる国では1人当たり年間8.4kgも消費など、チョコレートが全世界で生産・消費ともに拡大中であることがわかるデータが公開 - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1f_yi