ネットサービス

複数印刷所の締め切りや料金などを一括で比較できてそのままデータ入稿も可能な「するる」


同人活動などで小説・漫画・評論などを自費出版してイベントで頒布するには、印刷所に原稿を持ち寄って印刷・製本を行う必要があるわけですが、印刷所によってはサイトが見づらい&使いづらいで、自分の求めている印刷方法を選択する前に心がくじけそうになることもあります。同人誌のオンライン入稿サービス「するる」では、12社の印刷所から条件にあうセットを検索することが可能で、1つのタブで締め切りや予算を表示して比較できるので同人活動の強い味方となりそうなサービスです。

トップ|同人誌オンライン入稿 するる



トップページ下部にある「基本仕様からの検索」から、表紙刷色・サイズとページ数・印刷部数などの条件を入力して印刷所のセットプランを検索できます。各印刷所のサイトでは本文部分もフルカラーで印刷することが可能ですが、するるでは本文はモノクロオンリーとなっているので、フルカラー漫画やイラスト集・写真集などの印刷時には使えません。また、納品先の欄では特定のイベントへの納品を選択することも可能となっていますが、基本的には直近のイベントのみ表示される形となっています。例えば、2018年6月24日に開催されるCOMIC CITY大阪116を選択して「この条件で検索」をクリック。


検索結果はこんな感じ。入稿締め切りと料金がわかりやすく表示された状態で印刷会社のプランがヒットします。また、アイコンで細かいセットのオプションも表示されています。なお、各印刷所の見積もりを比較できるページでの見積料金と個別ページの見積料金が異なる場合があります。これは表紙のフルカラーが有料オプションで追加されるケースなどがあるためなので、検索結果ページで料金を見比べる場合は「有料オプション」の欄に表示があるかないかをしっかり確認する必要があります。気になるセットの「セット内容の詳細・発注」をクリック。


ページ数や納品の日付・納品先のイベントを確認したら、「その他の仕様を指定する」をクリックします。


製本方法や本の用紙・印刷方法などを変更することができます。また有料オプションもここで選択が可能。あとは配送先を登録して原稿をアップロードし、支払い方法を選択して決済を選択すればOK。なお、配送先の登録からは無料のユーザー登録が必要になります。


原稿はTIFF形式・IllustratorEPS形式・PhotoshopEPS形式・PSD形式で入稿可能で、FTPソフトもしくはウェブフォームからアップロードできます。支払い方法はクレジットカード決済・コンビニ決済・ネットバンキング決済・ATM決済の4種類から選択可能となっています。

・関連記事
コミケなどのイベント&即売会で物理的なレジが簡単に使える「レジプラ」レビュー - GIGAZINE

コピー機での同人誌・コピー本のプリントを詳しく解説&費用も計算できるサイトが登場 - GIGAZINE

無料で商用利用も可能なアラブの城・砦の資料写真300枚超が期間限定でダウンロード可能に - GIGAZINE

SF作品の同人誌・約1万点がデジタル化されて誰でも無料で閲覧可能に - GIGAZINE

マンガやアニメのロゴがどんなフォントから作られているのかを徹底研究した「ろごたいぷっ! マンガ・アニメ・ラノベのロゴを徹底研究する本」 - GIGAZINE

センスではなく具体的に解説する「同人誌やイラストの美しいデザイン100」 - GIGAZINE

Amazon.co.jpが注文ごとに本を印刷して配送する「プリント・オン・デマンド(POD)」を開始、1冊から対応 - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by log1i_yk