ソフトウェア

「macOS Mojave」が発表、UIにダークモードが登場しセキュリティ機能も強化、さらにiOSアプリ開発とのクロスプラットフォームも計画中



Mac向けの最新OS「macOS Mojave」がWWDC 2018の中で発表されました。かねてより要望の声が多かったというダークテーマが追加されただけでなく、デスクトップの自動整理機能「スタック」やFinderのアップデートなどが発表されました。パブリックベータ版は2018年夏に配信され、最終的なリリースは秋頃を予定しているとのことです。

Apple Events - WWDC Keynote, June 2018 - Apple
https://www.apple.com/apple-events/june-2018/

続いてMacについて。


ここでティム・クックCEOが再登場。


Macを支える「macOS」は……



「macOS Mojave」に進化します。


macOS Mojaveではダークテーマが使用可能となります。


Macらしからぬ黒を基調としたデザイン。また、Mac App Storeのデザインも変更されます。



デスクトップのファイルを自動で整理してくれる機能「スタック」が搭載されます。デスクトップにファイルを置くと、ファイルタイプ専用のフォルダに自動で振り分けられ、フォルダをクリックすると、ブラウズすることができます。




Finderがアップデートされ、Finderのウィンドウ内にファイルのメタデータを表示したり、複数のファイルをPDFにまとめるなど、ファイルに対して実行できるアクションが豊富になる模様。


スクリーンショット機能も強化されました。


ムービーでのスクリーンショット撮影が可能になります。また、時間に応じて変化を見せる「ダイナミックデスクトップ」というライブ壁紙機能も搭載されたとのこと。


さらにiPhoneのカメラとの連携も可能に。



iPhoneで撮った写真をその場で加工することが可能になりました。




また、アプリケーションのデータ処理方法など、セキュリティ機能も強化されています。



Safariのプライバシー機能も強化。ソーシャルボタンやコメントセクションを無効にすることができ、クッキーを使っているサイトをシャットダウンすることもできます。




ここで、フレームワークにも言及。


AppleのコンピュータグラフィックスAPIであるMetalと機械学習用のフレームワークであるCore MLです。


Metalが使用可能なデバイスは10億台を突破したとのこと。


13インチのMacBook ProにGPUを外付けできるeGPUについて。


13インチのMacBook ProにeGPUを追加することで処理速度は爆速になります。


eGPUによる処理能力向上は機械学習にも応用できます。



さらに、Macでシンプルかつ効率的な機械学習トレーニングのための「Create ML」という新しいツールも発表されました。機械学習についての知識がなくても、ビジュアル・自然言語モデルを訓練することができるようになるとのこと。


iOSデバイス用の機械学習アプリケーションとなるCore ML 2も発表されました。


Core ML 2は今までよりも30%処理速度が向上しているとのこと。


また、機械学習モデルのサイズを最大75%圧縮することもできるそうです。


そして、「ここから先は『Sneak Peek(先行公開)』です」という言葉と共に表示されたのは「macOSとiOSを統合する予定はありますか?」という質問。


この問いに対するAppleの答えは「No(いいえ)」というもの。画面一杯に表示される「No」に会場は爆笑に包まれました。


Appleは、macOS Appの開発にはApp Kit、iOSの開発にはUIKit、Web開発にはWebKit、ゲーム開発にはMetalというプラットフォームを用意しています。


AppKitとUIKitは独立しています。


Appleは新しいクロスプラットフォーム移植を可能とする予定です。iOSのUIKitフレームワークの要素をmacOSに統合させて、AppKitフレームワークと同じように使用することが可能になるとのこと。



このクロスプラットフォーム移植は開発中の第一段階であり、Appleは2019年に開発者向けにリリースすると発表しました。

・関連記事
iPhone・iPad向け「iOS 12」が登場、自分の顔でアニ文字を作る「Memoji」やARKit 2が登場 - GIGAZINE

Apple Watch向け最新OS「watchOS 5」が登場、トランシーバーのように会話できる「Walkie-Talkie」が要注目 - GIGAZINE

Apple TVの新OS「tvOS 12」も大幅進化、iTunesコンテンツは無料でドルビーアトモスへアップグレードへ - GIGAZINE

Appleの「WWDC 2018」で発表されたiOS 12・macOS Mojave・watchOS 5などまとめ - GIGAZINE

Apple「WWDC 2017」で発表された内容まとめ、「iMac Pro」が18コアXeon搭載・10.5インチ「iPad Pro」・Siri搭載のホームスピーカー「HomePod」など - GIGAZINE

「macOS High Sierra」登場、Safariでのブラウジングが世界最速に - GIGAZINE

新しい「iMac」は5K&VRに対応、より明るく高速な「過去最高のグラフィック」を実現 - GIGAZINE

販売価格55万円からのApple史上最強のデスクトップ「iMac Pro」が登場、最大18コアのXeonプロセッサ&Radeon Vega搭載のモンスターマシン - GIGAZINE

iOS 11ではiMessagesでサクッと送金可能に、ARにも対応しSiriには「Intelligence(知能)」を搭載 - GIGAZINE

in ソフトウェア, Posted by logu_ii