サイエンス

「スピリチュアルな体験」と関わる脳の領域が明らかに


by William Farlow

自分より大きなものや力の存在を感じ、人生観が大きく変わるという「スピリチュアルな体験(霊的体験)」は国や文化を問わず世界中から報告されています。しかし、スピリチュアルな体験が起こるメカニズムは2018年現在まだ解明されていない、ということで、研究チームが脳のどの部位が関連しているのかを調査しました。

Neural Correlates of Personalized Spiritual Experiences | Cerebral Cortex | Oxford Academic
https://academic.oup.com/cercor/advance-article-abstract/doi/10.1093/cercor/bhy102/5017785

Scientists Have Discovered The Brain Region Involved in Spiritual Experiences
https://www.sciencealert.com/scientists-just-identified-spiritual-heart-human-brain-neural-cognitive-parietal-lobe

スピリチュアルな体験とは、言葉にならない感覚「フェルト・センス」を通して自分よりも大きな存在とのつながりや調和を感じ、神といった何か超越的な存在の強い力を体験することとされています。イエール大学の脳神経科学者であるMarc Potenza氏はスピリチュアルな体験について「人々の人生に大きなインパクトを与える強烈な精神状態」だと語っています。

人間の頭頂葉は「通常の状態をはるかに超えた経験」をすることに関連すると考えられていることから、今回研究者は頭頂葉のどの部位でスピリチュアルな体験が起こっているのかを調査しました。

by jesse orrico

研究チームは27人の健康な被験者を集め、「あなたが『霊的な存在』や『大きな力』と最もつながりを感じた瞬間のことを説明してください」と頼みました。そしてその1週間後に、同じ27人の被験者は、自分の話したスピリチュアルな体験の内容をニュートラルな女性の声で聞きながらfMRIの脳スキャンを受けました。これにより、スピリチュアルな体験を思い出している瞬間の脳の変化が調べられたわけです。

調査の結果、スピリチュアルな体験を思い出している被験者の脳では自己や他者を認識する下頭頂小葉の左側の活動が少なくなることが判明。また同時に知覚と感情処理に関連する視床尾状核の活動も少なくなることがわかりました。

「総合すると、これらの発見は、スピリチュアルな体験が『知覚可能な大きな存在』や『自分の外の存在』との遭遇を含むことを示唆しています」と研究者は記しています。

by Greg Rakozy

ただし、今回の研究は被験者がコネチカットで募集され、英語を話す若い人のみだった点で、限定的といえます。また被験者の経験した「スピリチュアルな体験」が、その他の一般人が経験するスピリチュアルな体験と同じものとも限りません。研究者は、今後、多様なバックグラウンドを持った多くの被験者について調査すべきだと述べています。スピリチュアルな体験が脳からどのような影響を受けているのかを理解することは、メンタルヘルス分野の治療や予防に役立つと研究者らはみているとのことです。

・関連記事
「瞑想」で生じるデメリット「魔境」について科学的な調査が始まる - GIGAZINE

「マインドフルネス瞑想(めいそう)」は本当に効果があるのか? - GIGAZINE

瞑想はプラセボ効果ではなく科学的に脳を変えることが初めて判明 - GIGAZINE

Googleが実践する「マインドフルネス」がいかに創造性を殺したかという記録 - GIGAZINE

マインドフルネスや瞑想は科学的根拠が著しく乏しい - GIGAZINE

in サイエンス, Posted by logq_fa