試食

メロンの王様を使い芳醇な香りの「静岡クラウンメロンソフト」をミニストップで食べてみた



「メロンの王様」と呼ばれる「静岡クラウンメロン」を使用した「静岡クラウンメロンソフト」がミニストップの店舗で2018年6月1日(金)から順次、全店舗で2018年6月8日(金)から登場しています。静岡県産クラウンメロンピューレを使用することにより、「芳醇(ほうじゅん)な香り」と夏にぴったりな「甘すぎないすっきりした後味」に仕上げているとのことで実際に食べてみました。

静岡クラウンメロンソフト | ミニストップのソフトクリーム | ミニストップ
https://www.ministop.co.jp/syohin/sweets/softcream/crownmelon_soft/

2018年の夏ソフトはメロンの王様静岡クラウンメロンソフト
(PDFファイル)https://www.ministop.co.jp/corporate/release/assets/pdf/20180530_10.pdf

ミニストップに到着。


お店の前には「静岡クラウンメロンソフト」の登場を知らせるポスターがありました。このソフトクリームに使われている「静岡クラウンメロン」は特殊な栽培方法で育てられていて、1本の苗から生えた3つの実から1つだけを残して養分を集中させて、透過率の高いガラスハウスで土の水分量などを徹底的に管理し、高品質のメロンを育て上げるというもの。そんな厳選されたメロンを使った「静岡クラウンメロンソフト」を注文します。なお、ソフトクリームの器は同額のカップとコーンがありますが、今回はコーンを選択。


注文してから1分も経たない間に「静岡クラウンメロンソフト」(税込250円)が到着。


コーンには、ミニストップのバニラソフトクリームが「4年連続モンドセレクション金賞受賞」とアピールされていました。


「静岡クラウンメロンソフト」に近づくと、メロン独特の甘くてほんのりアルコールが混ざったような香りを感じます。


ソフトクリームはスプーンですくうとツンと尖るぐらいの固さ。ひんやりとしたソフトクリームは口溶けが良く、溶けると同時にメロンの香りと上品な甘さを伝えてきます。メロンの香りの主張が激しすぎないところもグッド。甘味は口の中に残らないので、後味がすっきりというのは確かで、夏にピッタリ。


コーンとの相性も良く、コーンの奥までソフトクリームがたっぷりと詰まっているので「ソフトクリームのコーンだけが残ってしまった……」ということはありませんでした。


なお、静岡クラウンメロンソフトはメロンソフト単体の他に、バニラソフトとミックスした「静岡クラウンメロンミックスソフト」(税込240円)も用意されています。

ミニストップでは静岡クラウンメロンソフトの発売を記念して、公式Twitterアカウントをフォローしてから、キャンペーン情報を含んだツイートをリツイートすると、「静岡クラウンメロンソフトの無料クーポン」もしくは「50円引きクーポン」が抽選で貰えるキャンペーンを実施しています。詳しくは以下のツイートに含まれているリンク先をチェックしてみてください。


静岡クラウンメロンソフト新発売記念キャンペーン♪ | ミニストップ
https://www.ministop.co.jp/campaign/melon_cp/

・関連記事
280万食を1カ月売り切ったミニストップの「ハロハロ 果実氷いちご」がリニューアルしたので味わってみた - GIGAZINE

カキ氷の上に宇治抹茶を練り込んだ団子&ほうじ茶きなこをのせたミニストップ「ハロハロ 宇治抹茶あずき」が4年ぶりの復活を果たしたので食べてみた - GIGAZINE

榮太樓總本鋪の「つぶあん」と「黒みつ」を使った和洋折衷スイーツのミニストップ「黒みつモンブラン」など4品を食べてみた - GIGAZINE

ザクザクのシュー生地で冷たいミルクソフトと桃のコンポートを挟んだ「ピーチ ヒヤザク」と「プレーンヒヤザク」を食べてみた - GIGAZINE

シャリシャリ食感とともにメロンとレモンが香る「ガリガリ君 メロンソーダ」と「大人なガリガリ君レモン(マルチパック)」を食べてみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1f_yi