ウェブアプリ

Apple Musicのウェブプレイヤーが登場、サイトに埋め込むことで任意の曲やプレイリストをブラウザで再生することが可能に


Apple Musicが埋め込み型のウェブプレイヤーを用意していたことが、アメリカの掲示板・Redditのユーザーによって発見されました。このウェブプレイヤーを埋め込むことで、ウェブサイトで任意の曲・アルバム・プレイリストを、iOSのミュージックアプリと同じような感覚で再生することができ、アーティストは自分のサイトで自分の曲を簡単にアピールすることができます。

Apple Music webplayer?! : apple
https://www.reddit.com/r/apple/comments/8o4ra8/apple_music_webplayer/


例えば、以下のようにApple Musicのウェブプレイヤーをサイトの中に埋め込むことができます。


埋め込むコードの取得は、Apple MusicのTool Boxから行います。

Apple Music - Toolbox


検索欄にアーティストやジャンルなどの検索ワードを入力すると、アルバムやプレイリストが表示されるので、埋め込みたいアルバムをクリックします。


ページ下部に表示される埋め込みコードをコピー&ペーストすればOK。ウェブプレイヤーのサイズは自由に変更ができます。


また、試聴だけではなく、Apple Musicに登録しているApple IDにサインインすれば、曲をフルサイズで聴くことも可能です。サインインするためには、右上に表示されている「サインイン」をクリック。


Apple IDのメールアドレスとパスワードを入力してサインインすればOK。

・関連記事
Appleはわずか2か月で60万台のHomePod出荷、スマートスピーカー市場で存在感を示しながら問題点も - GIGAZINE

今や「音楽のダウンロード」はCDやレコードよりも衰退している - GIGAZINE

Apple Musicは夏にはSpotifyを越える、という予測 - GIGAZINE

Appleが音楽検索サービス「Shazam」を買収、Apple Music強化へ - GIGAZINE

Appleが音楽のダウンロード販売を2019年までに終了させてストリーミング配信を本格化との予測 - GIGAZINE

in ウェブアプリ, Posted by log1i_yk