アニメ

「クレヨンしんちゃん」しんのすけ役・矢島晶子さんが降板、担当して26年3カ月



アニメ「クレヨンしんちゃん」で主人公・野原しんのすけの声を放送開始から担当してきた矢島晶子さんの降板が発表されました。理由は「しんのすけの声を保ち続ける事が難しくなったため」とのことで、矢島さんがしんのすけを演じるのは2018年6月29日(金)放送分が最後となります。

アニメ「クレヨンしんちゃん」野原しんのすけ役・矢島晶子さんの降板について|クレヨンしんちゃん
http://www.tv-asahi.co.jp/shinchan/contents/news/0092/

© 臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK

テレビ朝日によると、降板は矢島さんからの申し出によるもの。以下が、テレビ朝日の発表した矢島晶子さんのコメント全文です。

27年間、春我部の「嵐を呼ぶ5才児」と一緒に過ごして参りましたが、この度、野原家から離れることに致しました。
理由は、しんのすけの声を保ち続ける事が難しくなった為です。
キャラクターの声を作る作業に意識が集中し、役としての自然な表現が出来にくくなってしまった為です。

長い間、皆様に親しんで頂き、本当に感謝しております。

「しんのすけ」というキャラクターとは離れますが、声の仕事には関わっていきます。また別の機会に他のキャラクターでの私の演技を受け取って頂けましたら幸いです。

27年間、ありがとうございました。

矢島晶子


「クレヨンしんちゃん」の放送が始まったのは1992年4月13日。世界名作劇場で「大草原の小さな天使 ブッシュベイビー」が放送されていたころで、ほか、同時期に始まった作品としては「美少女戦士セーラームーン」「幽☆遊☆白書」「元気爆発ガンバルガー」「伝説の勇者ダ・ガーン」「スーパービックリマン」などがあります。

矢島さんは放送開始から四半世紀にわたって野原しんのすけ役を担当。2018年6月29日放送分まで担当するとのことなので、「しんのすけ」担当期間は最終的に26年3カ月にも及びます。ちなみに、キャスト変更前の「ドラえもん」が1979年4月開始・2005年3月終了で丸26年だったので、大山のぶ代さんの「ドラえもん」担当期間や小原乃梨子さんの「のび太」担当期間より3カ月長い数字です。

この間の主要キャスト変更としては以下の事例があります。
・ぶりぶりざえもん:2000年に塩沢兼人さん死去、長らく後任を置かず登場場面は声なし。2016年に神谷浩史さんが2代目就任。
・よしなが先生:2009年ごろ高田由美さん降板、七緒はるひさんに交代
・園長先生:2014年11月に納谷六朗さん死去、森田順平さんに交代
・野原ひろし:2016年8月に藤原啓治さん病気療養のため降板、代役の森川智之さんに交代

2018年7月以降放送分のしんのすけ役の後任キャストについては、現在調整中だとのことです。

・2018/06/14 14:09追記
後任が小林由美子さんに決定しました。

「クレヨンしんちゃん」しんのすけ役を小林由美子さんが引き継ぐことに決定 - GIGAZINE

・関連記事
原作者が亡くなったアニメ「クレヨンしんちゃん」、テレビ朝日が放送継続の方針 - GIGAZINE

「クレヨンしんちゃん」や「かりあげクン」が無料で読めるアプリ「マンガリーフ」 - GIGAZINE

【訃報】群馬県荒船山で発見された男性の遺体が「クレヨンしんちゃん」の臼井儀人氏と判明 - GIGAZINE

in アニメ, Posted by logc_nt