レビュー

ねこたちがぞくぞく集まる「ねこあつめ VR」でキュートないやされるねこたちと戯れてみた



スマートフォン向けアプリとして人気を集めているゲーム「ねこあつめ」は、その名の通りあの手この手でねこを集めて、思う存分かわいいねこたちを観察するというゲームです。そんな「ねこあつめ」のPlayStation VR版として、「ねこあつめ VR」が2018年5月31日(木)にリリースされました。アプリ版のようにねこを集めて観察できるだけでなく、VRでねこと戯れる至福の時間が過ごせるとのことで、早速プレイしてみました。

ゲームソフト | ねこあつめ VR | プレイステーション
https://www.jp.playstation.com/games/nekoatsume-vr-ps4/


◆通常モード
PlayStation Storeで配信が開始された「ねこあつめ VR」を選択して購入します。容量はわずか122.29MBと、VRゲームとしては非常に軽量。


ゲームをスタートすると表示されるロゴが、ねこの模様みたいになっていてすでにかわいいです。


「ねこあつめ VR」はねこたちを集め、「ねこ手帳」を完成させるゲーム。


ねこたちは遊び道具のグッズやゴハンに引きつけられるとのこと。


最初に表示されている場所は「にわさき」。まずはゲーム内でグッズを購入する必要があります。


コントローラーの△ボタンでメニュー画面を表示させ、十字キーで「かいもの」を選択します。


まずは「ゴムボール」を買えばいいとのこと。


早速ゴムボールを購入してみます。上部に表示されている「にぼし」でグッズやゴハンが購入でき、ゴムボールはちょうどスタート時に持っているにぼし60個で購入可能です。


買ったゴムボールは「にわさき」に設置することができます。


メニュー画面から「グッズ」を選択して……


ゴムボールを選びます。


グッズを設置する場所は、黄色い円で表示されている候補地点から選ぶことができます。オレンジ色の円は、現在選択されている場所を表しています。


グッズの設置場所を選択したら、次はゴハンを設置します。グッズを設置しても、ゴハンを設置していないとねこたちはやって来ないとのこと。


「お徳用かりかり」はいくら設置しても無料で補充できます。


早速グッズからお徳用かりかりを選択して……


設置します。お徳用かりかりを設置できる場所は1カ所しかありませんでした。


グッズとゴハンを設置すると、早速ねこが現れました。名前は「しろねこさん」。しろねこさんはお徳用かりかりを食べた後……


設置したゴムボールで遊び始めました。自分が設置した遊び道具で遊んでくれると、なんだかうれしくなってきます。


ねこが食べたお徳用かりかりは、□ボタンで補充可能。


L2・R2ボタンで視点を切り替えることができ……


さまざまな視点からねこを観察できます。


いろいろ視点を移動させていると、縁側に置いてあった新聞を読むこともできました。


今日のあいことばは「五月雨傘」とのこと。


画面はコントローラーのタッチパッドか十字キーでズームすることができます。ねこが遠くにしか見えないアングルでも……


ズームすれば思いのほかかわいいアングルでねこを観察することも可能。


また、R1ボタンでねこたちの写真を撮ることができ、撮った写真は「アルバム」に保存されます。


しばらくすると、他のねこもやってきました。白地に黒いぶちが入った新しいねこは、ゴハンを食べると……


庭で日なたぼっこを始めました。のんびりした表情がかわいいです。


ねこの記録はメニューから「ねこ」を選択して……


「てちょう」から見ることができます。


最初に来たねこが「しろねこさん」で……


次に来たねこが「しろくろさん」


ねこてちょうではねこの「せいかく」や「せんとうりょく」を見ることができます。


「しろくろさん」よりも「しろねこさん」のほうが、わずかにせんとうりょくが高いようです。ちなみに、せんとうりょくが高いからといって特に何かあるわけではありません。


「アルバム」では、R1ボタンで撮影したねこたちの写真を見ることが可能。


あまりにも集まってくるねこたちがかわいいので、にぼしでグッズを購入することにします。グッズの中にはボール系の他にもバケツ系などがありました。


クッションや……


ねこたちが蹴って遊ぶぬいぐるみ「けりぐるみ」などがありました。


また、「金のにぼし」で購入できるすごそうなグッズもあります。


金のにぼしを使えばおいしそうな猫缶やお刺身なども購入でき……


金のにぼしを普通のにぼしと交換したり、普通のにぼしを金のにぼしと交換したりすることも可能。


今回は手の届きやすいクッションを購入し……


部屋の中に設置します。


しばらく放っておくと、いつの間にか色んな種類のねこたちが集まっていました。


ねこ好きにはたまらない空間が出現。


自分が設置したクッションにねこが座っていると、うれしさのあまり「おお!」と声を上げてしまいました。


ズームにして観察。かわいいです。


ねこたちをこっそりのぞくようなアングルから見ると、思わず顔がにやけてしまいます。


しばらくしてからメニューを開いてみると、「にぼし」のアイコンに「!」マークが表示されていました。にぼしの画面を開いてみると……


しろねこさんから「お礼にぼし」として、にぼしが4個届けられていました。ねこあつめでは遊んだねこたちがにぼしを「お礼にぼし」として置いていってくれるため、にぼしでグッズを買ってねこたちを集め、遊んだねこたちがお礼ににぼしを置いていってくれるというサイクルが成り立ちます。時には「金のにぼし」をくれるねこもいるとのこと。


ねこてちょうを開くと、いつの間にか結構な数のねこたちが集まっていました。


◆VRモード
ひととおりねこが集まってきたところで、VRモードでプレイしてみます。メニューの「せってい」を開き……


「VRモード切替」を選択すると、VRモードに切り替えることができます。


VRモードが始めると、自分が縁側に立って庭を見下ろす視点になっていました。


まず最初はチュートリアルが始まります。


チュートリアルではゴハンが置かれている場所を見たり……


新聞が置かれている場所を見たりするのですが、その最中にもねこたちが自由気ままに動いていて非常にかわいいです。


挙げ句の果てにどこからともなく「くろねこさん」がやってきて、足下のボールで遊び始めました。あまりのかわいさにチュートリアルどころではありません。


R3ボタンを押すことで視点の向きを変更可能で……


L3ボタンで位置を移動できます。


メニューの「さつえい」を選択するか、R1ボタンを押すとVRモードでねこの撮影が可能。


撮影する角度を自由に変えたり、R2ボタンでスローモードで撮影したりできます。


また、VRモードではおもちゃでねこと遊ぶことができます。メニューから「おもちゃ」を選択して……


「かいもの」アイコンからアイテムが購入可能。


「羽根じゃらし」を購入してみます。


「あそぶ」を選択しておもちゃを装備可能。


購入した後で気づいたのですが、おもちゃの項目にはデフォルトで「ねこじゃらし」が入っていました……。


しばらくねこじゃらしを振っていると……


傍らでボール遊びをしていたねこが興味を示してくれました。いろんなねこたちと遊んでいると、時間を忘れてしまいます。


ねことしばらく遊んでいると、前足でねこじゃらしをつついて遊び始めました。非常にかわいい。


ここで満を持しておもちゃを羽根じゃらしにチェンジすると……


飛びついて喜んでくれました。にぼしを払って購入したかいがあります。


実際にVRモードでねこたちと遊んでみたムービーがこれ。

「ねこあつめ VR」でねこたちと思う存分戯れてみた


「ねこあつめ VR」は癒やしを求める人々が、ねこたちが見せるあまりのかわいらしさに悶絶すること間違いなしの、極上の癒やし系ゲームになっていました。なお、記事作成時点で「ねこあつめ VR」の価格は1944円(税込)です。

・関連記事
Nintendo Switchで縦スクロールSTGの名作「斑鳩 IKARUGA」が配信されたので遊んでみました - GIGAZINE

「ねこあつめ」の猫たちがキュートなクッキー&チョコになった「ねこあつめギフトセット」試食レビュー - GIGAZINE

台湾の「猫村」には人と猫が共存する優しい世界が広がっていた - GIGAZINE

ネコと正しくいちゃいちゃするための作法 - GIGAZINE

ネコがあなたを殺そうとしているサイン - GIGAZINE

in レビュー,   ゲーム, Posted by log1h_ik