ネットサービス

「自宅にソーラーパネルを設置するべきか」を色で教えてくれるGoogleの「Project Sunroof」が世界に拡大中



屋根にソーラーパネルを取り付けることで「最終的に損せず、利益は残るんだろうか?」という疑問は、太陽光発電に興味がある人ならまず間違いなく抱くもの。そんな疑問に答えてくれるのが、人工衛星データなどからソーラーパネル設置の利益性を判断してくれるGoogleの「Project Sunroof」です。2015年にアメリカを対象に始まったこのプロジェクトは、徐々に世界各国に拡大する動きを見せています。

Project Sunroof
https://www.google.com/get/sunroof

太陽光を受けて発電してくれるソーラーパネルは、従来の化石燃料や原子力ではない「再生可能エネルギー」による電気を生み出すことができ、さらには家庭の電気代を節約することを可能にします。とはいえ、パネルと周辺機器を設置するには多額の費用がかかるため、長期的に見て初期コストを上回るだけのメリットがあるかどうかは、太陽光発電の導入を考える上で非常に大きな判断材料となります。

ソーラーパネルがどれだけの電力を生み出せるのかは、パネルそのものの性能に加えて設置する場所の状況が大きく影響します。仮に自宅の屋根にパネルを設置するとしても、昼間に太陽の光が当たりにくい北側の斜面(北半球の場合)や、高さのある建物で太陽光が遮られる場所を選んでしまうと、利益を出せるほどの電力を得ることは不可能です。

Googleが2015年に提供を開始したProject Sunroofは、各家庭の屋根がどれだけ太陽光発電に適しているかを判断してくれるサービスです。サイトでは、以下の画像のようにそれぞれの屋根の適性が紫色から白色のグラデーションで示されたマップを見ることができます。紫色で示されている箇所が日当たりの悪い場所で、白色に近づくほど、日当たりがいいことを意味します。


このグラデーションは、地域ごとの日照データや気象データ、地理的要因、そしてGoogle EarthとGoogleマップのデータからそれぞれの屋根の向きや角度などを機械学習アルゴリズムが判断し、太陽光発電への適性をはじき出すことで描かれているもの。また、そのデータをもとに「1年間の日照時間」と「ソーラーパネル設置に向いている屋根の面積」、そして20年間運用した場合に手元に残る利益額が試算されています。


この判定アルゴリズムの優れている点は、個々の状況を詳細に判断できるところにあります。以下の画像では、3つある同じような南向きの屋根のうち上部の1つはあまり太陽光発電に適していないことが示されているのですが、これは、矢印で示された部分に木が立っていることを認識したアルゴリズムが「日照時間が少なくなる」と判断したことによる結果です。


Project Sunroofは2017年、ソフトウェア企業Tetraederとの協力のもとでドイツ向けにもサービスの提供を開始。そして2018年5月後半には、イギリスの電力会社「E.ON」との協力のもとでProject Sunroofのサービス提供を開始しました。

Google launches solar power service in UK - BBC News
http://www.bbc.com/news/technology-44303881

E.ON Solar Energy | Solar PV Power for your Home | E.ON
https://www.eon-solar.co.uk/

ケンジントン宮殿周辺の様子を表示させるとこんな感じ。画像左上の森っぽい部分、宮殿の庭は見事に屋根が存在しない状態になっていますが……


しかしそれでもなお、庭の中にポツポツと太陽光発電に適したポイントが表示されているあたり、アルゴリズムの精密さが感じられます。


これまでにも同様の判定サービスを提供していた企業はありましたが、いずれも屋根や家屋の形状データを提供する必要があったとのこと。その一方で、Project Sunroofのように即座に概要を知ることができるサービスはより手軽に判断ができるようになることに加え、これまでは二の足を踏んでいた人が感じていた障壁を低くする効果が期待されています。

エネルギーおよび環境に関するイギリスのNPO「Energy and Climate Intelligence Unit(ECIU)」の主任アナリストであるジョナサン・マーシャル氏は、Project Sunroofが簡単に試算結果を示してくれることのメリットについて、「プロセスが早く進むことで、『半分だけ乗り気』で見に来た人を本気にさせる確率が上がるでしょう」と述べています。

Project Sunroofの概要は、以下のムービーでも見ることができます。

Introducing Project Sunroof - YouTube

・関連記事
Googleが住所を入力するだけでソーラーパネルの設置で節約できるコストを自動算出するツール「Project Sunroof」を公開 - GIGAZINE

再生可能エネルギーをより効率的に活用するための鍵は「ビッグデータ」と「機械学習」 - GIGAZINE

人口約7万のハワイ・カウアイ島の電力を太陽光だけでまかなう施設をテスラが完成させる - GIGAZINE

放射能で汚染されたチェルノブイリはいま「一大メガソーラー施設」として活用されつつある - GIGAZINE

水上に太陽光パネルを敷き詰めた40メガワット級の太陽光発電基地「水上メガソーラー」が稼働を開始 - GIGAZINE

in ネットサービス,   動画, Posted by logx_tm