試食

濃厚なチョコレートをお餅にまで使ったゴディバ×ローソン初の和スイーツ「Uchi Café ×GODIVA 生ショコラ大福」を一足先に食べてみました



ベルギーのチョコレートメーカーGODIVA(ゴディバ)とローソンのスイーツブランドUchi Caféとがコラボをして「和」をテーマにしたスイーツ「Uchi Café ×GODIVA 生ショコラ大福」が2018年6月5日(火)から登場します。ちなみに両社のコラボはこれまでにも、登場初日で20万食の売上を記録したショコラロールケーキショコラパフェなどありました。そんな、ヒット作を生み出してきた両社による初の「和スイーツ」が発売日に先駆けてゲットできたので実際に味わってみました。

Uchi CaféとGODIVAコラボ初の“和”スイーツ発売|ローソン
http://www.lawson.co.jp/company/news/detail/1332850_2504.html

これが「Uchi Café ×GODIVA 生ショコラ大福」(税込260円)。GODIVAとローソンのUchi Caféとがコラボをした和スイーツです。「大福」という名の通り、外側に「お餅」を使用しています。


原材料は「クリーム」や「チョコレート」「ココアパウダー」、そして大福の材料でもある「もち米」が含まれています。


1包装あたりの熱量は183kcal。


生ショコラ大福は、外側からココアパウダーで覆いチョコレートを練り込んだ 「お餅」、「ダークチョコレートクリーム」そして「生チョコレート」という3層仕立ての和スイーツとなっています。


お皿に取り出してみると、生ショコラ大福は透明なプラケースにはいっています。袋から取り出す前に、ココアパウダーが散らからないように、お皿を敷いておくのがオススメ。


ココアパウダーで覆われた見た目はトリュフをイメージしているとのこと。


カットしてみると断面はこんな感じ。真ん中の「生チョコレート」を「ダークチョコレートクリーム」、そして「お餅」で包んでいるのがわかります。食べてみると、最初にほんのりとチョコレートが香る柔らかい「お餅」の食感、次に「ダークチョコレートクリーム」が口の中で溶けると同時に濃厚なチョコレートの香りと甘さ、そして控えめな苦みが広がります。香り高いカカオのチョコレートと厳選した生クリームを合わせたという「生チョコレート」は、ダークチョコレートクリームの口溶けの良さと対象にゆっくり溶けて、コクのあるチョコレートの味を感じました。


「生ショコラ大福」は、2018年6月5日(火)からローソンで購入可能。なお、同日に両社のコラボ1周年を記念したスイーツ「Uchi Café ×GODIVA ショコラロールケーキ」(税込450円)も登場予定です。

・関連記事
いちごの甘酸っぱさとホワイトチョコのリッチさが絶妙な融合を果たしたゴディバの「ミックスチョコレートストロベリー」などを食べてみた - GIGAZINE

キュートな和菓子「食べマス リラックマ イチゴリラックマ」を食べてみた - GIGAZINE

最もチョコを食べる国では1人当たり年間8.4kgも消費など、チョコレートが全世界で生産・消費ともに拡大中であることがわかるデータが公開 - GIGAZINE

ホワイトチョコ以来80年ぶりの新作、ピンクに色づいたニュータイプのチョコレート「ルビー」誕生 - GIGAZINE

世界初、80年ぶりとなるチョコレートの新フレーバー「ルビー」を使ったキットカットを食べてみました - GIGAZINE

約500円で本格チョコレートケーキを作ってみる - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1f_yi