×
ハードウェア

AMDの「Zen 2」世代のRyzen 3000シリーズはコア数倍増の最大16コアで2019年にも登場とのウワサ


AMDが正式に2020年までのCPUロードマップを発表しました。3代目Ryzenに採用される予定の「Zen 2」マイクロアーキテクチャの開発は正式に完了しましたが、なんと現行のRyzen 7の8コアに対して倍増となる16コアモデル登場の可能性がささやかれています。

[Rumor] AMD Bringing 12-16 Core Ryzen CPUs to AM4 in 2019, Roadmap Into 2020 Detailed - Zen 2, Zen 3 & Zen 5
https://wccftech.com/rumor-amd-bringing-12-16-core-ryzen-cpus-to-am4-in-2019-roadmap-into-2020-detailed-zen-2-zen-3-zen-5/

2017年に発売された「Zen」マイクロアーキテクチャ採用の第1世代Ryzen「1000」シリーズは14nmプロセスで製造が行われました。2018年に「Zen+」採用の第2世代Ryzen「2000」シリーズではシュリンクが進み、12nmプロセスが採用されています。そして、2019年にはマイクロアーキテクチャデザインを一新した「Zen 2」世代のRyzen「3000」シリーズが登場し、プロセスルールは7nmに突入します。AMDはすでにZen 2の設計を完了させており、現在プロセスルールを改良した「7nm+」世代の「Zen 3」の開発に取り組んでいることを明らかにしています。


プロセス微細化にてこずっているIntelは10nmプロセスへの移行が2019年以降と大幅に遅れる見込みと伝えられる中で、AMDは7nmプロセスのRyzenを予定通り2019年内にリリース予定です。なお、うっかり技術者が漏らした通りロードマップに現れていないもののAMDは「Zen 5」について開発に着手しており、「Zen 4」をスキップすることで、Zen 5は驚異の3nmプロセスルールが採用されるというウワサもあるとのこと。


さらにWCCFTechは、「Zen 2世代のRyzen 3000シリーズではコア数がさらに増え12コアから16コアの最上位版が登場する」というウワサがあると述べています。現行のハイエンドモデル「Ryzen Threadripper」と同じレベルのコア数を、ローエンドCPUもカバーするAM4ソケットマザーボードで実現するとのこと。このウワサは、従来からある「サーバー向けCPU『EPYC』の次世代モデルが48コアから64コアをサポートする」という情報にも合致しており、1ダイあたりのコア数が最大16個まで拡大することが予想されています。


WCCFTechは情報源について明らかにしていないため、12コアもしくは16コアのRyzen 3000シリーズの真偽は不明。Intelをけん制する狙いでAMDがリークした情報の可能性もあります。仮に16コアのRyzen 3000シリーズが登場するならば、わずか2年強でメインストリームCPUのコア数は4倍となり、一気にメニーコア時代へ突入することになりそうです。

・関連記事
AMD復活を実現したRyzen誕生1周年座談会開催、未発表の「Zen 5」について開発者がうっかり漏らすハプニングも - GIGAZINE

AMDのVega内蔵デスクトップ向けAPU「Ryzen 5 2400G」&「Ryzen 3 2200G」登場、GPU性能&価格でIntel製品を圧倒 - GIGAZINE

AMD Ryzen設計者の天才ジム・ケラーがテスラを辞めてIntelへ電撃移籍 - GIGAZINE

「Zen+」ことRyzen 2000シリーズのスライドがリークしてスペック・価格・発売日が明らかに - GIGAZINE

サーバ市場にEPYCで切り込むAMDがIntelを痛烈にディスる新戦略「THIS IS EPYC」を開始 - GIGAZINE

AMDのハイエンドCPU「Ryzen Threadripper」正式発表、Intelをたたきつぶす戦略的低価格を実現 - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by logv_to