乗り物

「問題あり」と評されたテスラ・モデル3のブレーキを改善するとイーロン・マスク氏が表明

by JD Lasica

アメリカで広く信頼されているレビュー誌「Consumer Reports(コンシューマー・レポート)」の調査で量産EV「モデル3」がブレーキ性能不足を理由に「『オススメ』するには足りない」という評価された件を受け、テスライーロン・マスクCEOが指摘されたブレーキ性能の改善を行うことを発表しました。

Tesla Says It Will Issue Fix for Model 3 Brakes - Consumer Reports
https://www.consumerreports.org/car-safety/tesla-says-it-will-issue-fix-for-model-3-brakes/

Elon Musk confirms Tesla Model 3 has a braking issue, says a fix is in the works | Fox News
http://www.foxnews.com/auto/2018/05/22/elon-musk-confirms-tesla-model-3-has-braking-issue-says-fix-is-in-works.html

テスラが生産する普及価格帯EV「モデル3」は、価格が3万5000ドル(約390万円)というEV車としては比較的手が届きやすい価格帯であり、テスラが大きな期待をかけて製造する量産車です。しかし、モデル3は生産工程にロボットを導入しすぎたことで生産遅延が発生するなど、これまでにもいくつかの問題が報じられていました。

そんな中、コンシューマー・レポートはモデル3についてのテストを行った結果、「制動性能」を含むいくつかの問題点が見つかったとしています。モデル3の制動性能は60mph(約96km/h)からのフルブレーキによる制動距離(停止するまでの距離)を計測したところ、モデル3が停止するまでに必要だった距離は152フィート(約46m)と、現行の市販車の中でも最低レベルだったとのこと。

by Steve Jurvetson

マスク氏はコンシューマー・レポートが指摘した制動性能の不備について、「モデル3に搭載しているファームウェアのアップデートで改善できると思う」とツイートしており、車体そのものに手を加えずに制動性能を改善できる可能性を示しています。


テスラが制動性能の改善に乗り出したことを受けて、コンシューマー・レポートの自動車テストディレクターのジェイク・フィッシャー氏は「コンシューマー・レポートはテスラがテストの結果を真剣に受け止めたことを、喜ばしく思います」と語りました。加えて、もしもテスラがファームウェアのアップデートのみで制動性能を改善できるのであれば、コンシューマー・レポートはモデル3を再テストする用意があるとのこと。

コンシューマー・レポートは制動性能以外にも、「乗り心地が悪い」「騒音が激しい」という問題点がモデル3のスコアを下げたとしていますが、マスク氏は「テストに使用されたのは初期生産車であり、これらの問題点については改善済みです」と述べています。

by Automotive Rhythms

・関連記事
テスラ・モデル3、コンシューマーレポートの「オススメ」評価をもらえず - GIGAZINE

テスラが主張する「オートパイロットは一般の車よりも3.7倍安全」という主張をデータサイエンティストが詳細に分析 - GIGAZINE

テスラは1980年代の自動車業界の失敗を繰り返していると専門家が指摘 - GIGAZINE

テスラとWaymoは自動運転カー実現における最重要項目「データ」をどのように扱っているのか - GIGAZINE

テスラ「モデル3」の製造遅延はロボットが引き起こしているとイーロン・マスクが認める - GIGAZINE

1.9秒で時速100kmに達する史上最速の新型EV「ロードスター」をテスラが発表、2020年に2000万円台で発売する計画 - GIGAZINE

in 乗り物, Posted by log1h_ik