乗り物

「海列車」のように海上を走るトロッコで行ける島がある


デンマーク国境に近いドイツ最北端の小島・ノルトシュトランディッシュモール島は、わずか2本のレールで本土と結ばれています。マンガ「ONE PIECE」に登場する海列車のモデルとされるヒンデンブルクダムよりは小規模ですが、小規模ならではの面白みあふれる姿を見せてくれています。

Narrow Gauge Trams Traveling Across the North Sea - YouTube


ノルトシュトランディッシュモール島はドイツ北部にある小さな島で、その面積はわずか1.9平方キロメートル。浅瀬上に設けられた長さ約3.5kmの1組の線路で沿岸の町・リュットモールジールと結ばれています。


鉄道の軌間(線路間の幅)には何種類もあって、日本国内だと新幹線が1435mm、JRの在来線が1067mmですが、ノルトシュトランディッシュモール島までの路線の軌間はわずか600mm。日本国内の一般鉄道では見ることができない軌間です。


ノルトシュトランディッシュモール島は無人島でしたが、泥炭の貴重な採掘地として人が居住するようになり、線路が1933年から1934年に敷設されました。1956年には流氷で壊れるという災難にも遭いましたが、その後再建され、今も島の住民の生活を支えるインフラとして活躍しています。


リュットモールジールと島の間は浅瀬で、干潮の時には広大な干潟となり、沖合まで歩くことが可能。そのおかげで、船は渡せないものの、海の上を渡るかのような路線が実現しています。ただし、この環境なので、天候によって運行停止となることもあるそうです。


2018年時点では、島には2軒の民宿・教会・学校があるのみですが、列車は食糧や観光客を運ぶために定期的に運行されています。かつては帆を張り風力で動く列車もあったそうですが、今はディーゼルのものがほとんどとなっているとのこと。


この線路では、定期運行されている列車以外に、住民の自家用列車も走っています。島の住民は皆自宅に車庫を持ち、15歳以上から取得できる原付用の免許さえあれば、住民自身が自家用列車を走らせることができます。そのために列車の種類はさまざまで、箱型の列車だけではなく、屋根のないトロッコ列車の姿も。


なお、ノルトシュトランディッシュモール島より北には、ドイツ最北の島であるジルト島があります。ジルト島とドイツ本土を結ぶ線路が、「ONE PIECE」に登場する海列車のモデルになったというヒンデンブルクダムです。土手道に敷設されたヒンデンブルクダムの左右に海が広がります。ジルト島がリゾート地ということもあって、ヒンデンブルクダムはノルトシュトランディッシュモール島の路線よりも利用客が多く、毎日100本以上の列車が通過します。

by Peter Toporowski

ヒンデンブルクダムを列車が走る様子は以下のムービーで見ることができます。

Jalur Kereta Api Membelah Lautan - YouTube

・関連記事
約100年の歴史を終えつつある留萌本線を見に行ってきた【深川~留萌編】 - GIGAZINE

約100年の歴史を終えつつある留萌本線を見に行ってきた【留萌~増毛編】 - GIGAZINE

なぜニューヨークでは地下鉄の建設が長い間進んでいないのか? - GIGAZINE

自動運転貨物列車のテストが2018年内にスタート、鉄道の自動運転としては異例の150km以上の長距離に挑むことに - GIGAZINE

駅を20秒早く発車したと鉄道会社がお詫びを出したところBBCのニュースに - GIGAZINE

京阪初の有料座席指定車両「プレミアムカー」お披露目、3列シートでコンセント&Wi-Fi装備 - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in 乗り物,   動画, Posted by log1i_yk