試食

東京駅の赤レンガを原寸大で再現した22cmのケーキ、ベルン「レンガのお菓子」を食べてみた


東京駅といえば赤レンガを使ったクラシカルな外観で有名です。そんな東京駅の赤レンガ1個を原寸大で再現したバターケーキ、「レンガのお菓子」が老舗菓子店ベルンで販売されています。どんな仕上がりか気になったのか実際に買って食べてみました。

レンガのお菓子はJR東京駅構内で改札内にあるショッピングモールGRANSTA(グランスタ)内のベルン GRANSTA店ベルン 大丸東京店で購入可能です。

今回は、東京駅改札内のベルンGRANSTA店で購入しました。ちなみに最寄りの改札口は、丸の内地下中央口改札となります。


東京駅の外観といえばこんな感じ。


これが東京駅の赤レンガを再現した「レンガのお菓子」(税込3500円)。


箱には「レンガ原寸大」というフレーズでわかりやすくサイズが表現されています。このケーキはチョコレート菓子「ミルフィユ」で有名な老舗菓子店ベルンが、東京駅丸の内駅舎復原とベルンの100周年を記念して作った品です。


原材料の表記には卵や砂糖、クルミ、バターなどケーキの材料としてシンプルなものが並んでいます。


箱から引き出すとバターケーキが登場


箱の中には他に、東京駅丸の内駅舎の歴史がわかるカードが入っています。


ケーキは、東京駅の外観が描かれた、高級感ある袋に包まれていました。


お皿に取り出してみると甘い香りが漂います。見た目はまさにレンガ。かなり鮮やかな赤色です。表面にはところどころ黒い粒が見えます。


レンガの原寸大のケーキは長辺は22cm、短辺11cmほどと巨大で、見た目のインパクトは強烈。「でかい!赤い!」という印象を持ちます。iPhone 7(長辺13.8cm)と比べるとこんな感じ。


高さは6cmほど。


台紙と共にまな板にのせてカットしてみます。


厚さ2cmほどにカットしてみると、内側は外側より薄い赤色。表面のところどこに見える黒い粒は「くるみ」だったのがわかります。


お皿に移してみました。


フォークでカットしてみると、バターケーキの生地はほろほろと崩れます。


食べてみるとほんのりとやさしい甘さで、ほろりと崩れるケーキ生地でシンプルな味を伝えてきます。水分が少なめで甘さがも控えめなので紅茶と合いそうに感じます。


ちなみに、「原寸大サイズでは大きすぎて食べきられない」という人には、レンガのお菓子には「1/3スケール」のレンガのお菓子(税込162円)も用意されています。


原材料の表記は原寸大と同じ。


原寸大のレンガのお菓子と比べてみると子どものよう。


同じ味ですが、小さいまま形が四角い形で成形されている分、生地が崩れにくく、食べやすく感じました。

・関連記事
東京駅のレンガっぽいあんこ&ホイップクリーム入りの「東京レンガぱん」 - GIGAZINE

12倍の大きさの「森幸四郎1kgどら焼き」など大丸東京店1周年記念びっくりビッグサイズお菓子試食レビュー - GIGAZINE

東京ばな奈とキットカットが1つになったバナナ風味の「東京ばな奈 キットカットで『見ぃつけたっ』」を食べてみた - GIGAZINE

東京駅舎などのプロジェクションマッピングを手のひらサイズで再現するバンダイのオマケ付きお菓子「ハコビジョン」がわずか500円なのに本気すぎ - GIGAZINE

2800円もする全長約63センチの「東京スカイツリーシェーキ」を飲みに行ってきました - GIGAZINE

in 試食,   デザイン, Posted by log1f_yi