試食

爽やかな甘酸っぱさの「レモンのシフォンケーキ」&「白桃モンブラン」をカフェ・ド・クリエで食べてみた


レモンと白桃を使ったケーキ「レモンのシフォンケーキ」と「白桃モンブラン」がCAFÉ de CRIÉ(カフェ・ド・クリエ)で2018年5月16日(水)から登場しています。レモンのピューレを生地に練り込んだシフォンケーキと白桃の果肉を包んだモンブランを食べてみました。

5/16初夏を味わうレモンのシフォンケーキ&白桃モンブランが登場!
(PDFファイル)http://www.pokkacreate.co.jp/press/1805/180516.pdf

新メニュー | CAFÉ de CRIÉ
http://www.pokkacreate.co.jp/menu/

CAFÉ de CRIÉに到着。


お店の前には新作ケーキ2品の登場を知らせる看板があります。


店内に入ると、冷蔵ケースに目的の新作ケーキ2品を発見。レジでレモンのシフォンケーキと白桃モンブランを注文します。


会計を済ませると、店員さんからすぐに、レモンのシフォンケーキ(左)と白桃モンブラン(右)が提供されました。


これが、レモンのシフォンケーキ(税込420円)。シフォン生地にはレモンピューレが混ぜられています。


iPhone 7(長辺13.8cm)とシフォンケーキの高さを比べるとこんな感じ。


天面には鮮やかなレモンソースがかけられていて……


シフォン生地でレモンクリームを挟んでいます。


シフォン生地はフワフワで、控えめな甘さ。レモンソースからレモンの爽やかな香りを強く感じられます。


一方でレモンクリームからはレモンの香りは抑えめで、ほのかな酸味と香りでシフォン生地の味をサポートしているように感じます。レモンソースとクリームの甘酸っぱさと香りでシフォン生地を引き立てるケーキに仕上がっています。


次は、初夏に合わせたケーキの白桃モンブラン(税込400円)。


大きさはこんな感じ。


外側は桃色のクリームで覆われていて赤味がかった透明なソースがかけられています。


中にはホイップクリームと白桃が入っていて、土台にスポンジ生地があります。


口溶けの良いモンブランで、白桃はみずみずしく、ホイップクリームがサッと溶けます。


ソースは甘酸っぱい味付けで、ゆっくりと甘さを伝える桃色のクリームと合わさります。全体が甘い味付けで口溶けが良いのでコーヒーと合いそうに感じます。白桃モンブランは、甘さと食感にバリエーションのあるモンブランになっていました。


レモンのシフォンケーキと白桃モンブランは、プラス210円して単品同士より50円安くドリンクをセットにできる「ドリンクセット」も用意されています。両ケーキは、全国のカフェ・ド・クリエの店舗形態のカフェ・ド・クリエ、カフェ・ド・クリエプラス、そしてメゾン・ド・ヴェールで注文可能となっています。

・関連記事
豚肉のロースを低温調理で柔らかく仕上げたサンドイッチ「2つのサンド ロースポークとたまごサラダ」と鮮やかな新作スームージー2品をカフェ・ド・クリエで食べてきた - GIGAZINE

福岡県産あまおうを使った「苺モンブラン」や枝豆を使った「ずんだまる」などコメダ珈琲店の春夏新作ケーキ全4品を食べてみた - GIGAZINE

「おいしいコーヒー」を化学と物理に基づいて作る - GIGAZINE

コーヒー以外は何も飲まず食わずで一日を過ごすと人はどうなるのか? - GIGAZINE

これが元祖「モンブラン」、スポンジもタルト生地もないクリームのみの至福の塊を「アンジェリーナ」で買って食べてみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1f_yi