動画

「ブラックパンサー」のVFXをどう作ったかをアニメーションスーパーバイザーが解説するムービーが登場


マーベル・スタジオによるスーパーヒーロー映画「ブラックパンサー」のVFX(視覚効果)がどのように生み出されたのか、VFX制作を担当したメソッドスタジオのアニメーションスーパーバイザーが語ってくれるムービーが公開されています。

How Black Panther's Visual Effects Were Made | WIRED - YouTube


解説をしてくれているのはメソッドスタジオのVFXスーパーバイザーであり、「ブラックパンサー」ではアニメーションスーパーバイザーを担当したダレル・ソーチャック氏。


ブラックパンサーの主な舞台はアフリカの小国・ワカンダ。メソッドスタジオではVFX用に3600平方kmのデジタル空間を作り出しました。一例として出されたのは、ブラックパンサーが撃墜された戦闘機から姿を見せるシーン。


当然ですが、ワカンダなどという国はないので、このロケーションはすべてメソッドスタジオによって生み出されたものです。ブラックパンサーの姿は、立方体にブラックパンサーを演じるチャドウィック・ボーズマンが上るという形で撮影。


合成素材は、背景の空部分と……


その下に合わせる山並みと川。


そして撃墜された戦闘機。


さらに煙や炎を加えれば完成です。


このほか、戦闘シーンではデジタル版のボディダブルである「デジタルダブル」が使われています。これが完成版。


撮影時とはやや体形やマスクの細かい部分が異なっています。


アクションシーンでは、攻撃される側はそのまま俳優が演じていますが、攻撃するヴィランのキルモンガーはアクションスタントマンが担当。


まずスタントマンを消して……


空部分を変更。


背景を変更。この時点ではちょっと俳優が背景から浮いているように見えます。


草を追加


周りで戦う戦士たちを追加


向こうから突っ込んでくるサイと騎乗兵を追加


最後にデジタルダブルのキルモンガーを合わせます。この時点では位置を合わせただけなので、キルモンガーの足が前に出ていますが……


重なりを修正して、遠くを霞ませるなど「空気感」を補正して完成。


CGが多用されている作品なのはわかるのですが、意外なところが実写そのままだったりするのが面白いところです。

なお、メソッドスタジオではこれまでにもいろいろな映画やゲームのVFXを手がけてきており、ダニエル・ラドクリフが「便利な死体」役を演じた異色の映画「スイス・アーミー・マン」や2014年公開のリメイク版「ロボコップ」などはメイキング映像がVimeoの公式チャンネルで公開されています。

Swiss Army Man - VFX Breakdown by Method Studios on Vimeo


Robocop - Making of on Vimeo

・関連記事
「VFXは嘘っぽい」は嘘、いかに私たちが映像にだまされているのかがわかるムービー「VFX Games」 - GIGAZINE

現代のハリウッド映画がVFXの恩恵をどれだけ受けているのかはっきりと分かるムービー - GIGAZINE

VFXのすさまじい進化を映画の歴史と共に振り返る「The Evolution Of Visual Effects」 - GIGAZINE

映画「シェイプ・オブ・ウォーター」のVFXが「ここまで使われているのか!」ということがよくわかるムービー - GIGAZINE

デジタル・フロンティアに「GANTZ:O」をどう作ったのか徹底的に聞いてきた その8・コンポジット編 - GIGAZINE

in 動画,   映画, Posted by logc_nt