試食

キュートな和菓子「食べマス リラックマ イチゴリラックマ」を食べてみた


リラックマキイロイトリの見た目をした、かわいらしい和菓子「食べマス リラックマ イチゴリラックマ」が2018年5月15日(火)からローソンで数量限定で登場しています。そんな2つセットの和菓子を実際に食べてみました。

食べマス リラックマ イチゴリラックマ|バンダイ キャンディ公式サイト
http://www.bandai.co.jp/candy/tabemas/ichigo_rilakkuma/

Rilakkuma リラックマごゆるりブログ
http://www.san-x.co.jp/blog/rilakkuma/2018/05/515.html


これが「食べマス リラックマ イチゴリラックマ」(税込395円)。1つのパッケージにリラックマ(左)とキイロイトリ(右)が1個ずつ、合計2個入っています。この和菓子は、過去にリラックマ単体や星のカービィなどが登場している「食べられるマスコット」シリーズ「食べマス」シリーズの1つ。


パッケージには、リラックマはイチゴ味、キイロイトリはハニーメイプル味と記載されています。


原材料の表記は、「白生餡」「砂糖」などど和菓子の練り切りに含まれる材料他に、リラックマの方だけ「いちご」が含まれているのがわかります。


お皿に移してみました。両和菓子の大きさは、各全長約4cmほどで、菓子用のフォークをそばに置くと大きさがだいたいわかります。両キャラクターのデザインにイチゴが含まれているのは(1=イチ、5=ゴ)の語呂合わせで、「リラックマの誕生15周年」にちなんでいます。


両和菓子は耳や目などすべて餡子(あんこ)の練り切りでできているので、そのまま一口で食べられます。


ムスっとした顔のリラックマはイチゴ味ですが。見た目でイチゴ味を連想する部分は持っているイチゴぐらいです。


かわいらしい和菓子ですが、カットしてみます。


断面はこんな感じ。茶色い体の中には餡子がぎっしり詰まっています。リラックマはイチゴ味とのことですが中に詰まっているも一般的な餡子に見えます。中心にはイチゴの身のようなものが入っていて……


イチゴの種も見えます。


中の餡子は甘くて、ほんのりといちごのフルーティーな香りがします。イチゴの身も入っていて、滑らかな舌触りの和菓子に仕上がっています。


キイロイトリはイチゴの形をしたパンツを履いています。


カットしてみた断面がこんな感じ。黄色い体の中には白餡が詰まっています。


見た目は一般的な白餡ですが、白餡は原材料の表記にはありませんでしたがメープルシロップの風味が感じられるハニーメイプル味。奥行きがある味に仕上がっていました。

・関連記事
リラックマがキュートな見た目のまま和菓子になった「食べマス リラックマ」を一足早く食べてみました - GIGAZINE

歴史を感じられるかも知れない「古墳ケーキ」を求めて奈良に行ってきました - GIGAZINE

「最高級羽毛布団」と評されるパンケーキをシクスバイオリエンタルで食べてきました - GIGAZINE

夏の3カ月限定で毎日できたてのアイスクリームを販売する「ラ・リューシェ」が想像を絶するクオリティ - GIGAZINE

「JACK IN THE DONUTS」の「500円ドーナツ食べ放題」で全種類制覇に挑戦してきた - GIGAZINE

あの六花亭のマルセイバターサンドがアイスになった「マルセイアイスサンド」試食レビュー、濃厚ラムレーズンのアイス仕立て - GIGAZINE

生クリームではなく「綿菓子」を雪に見立てたクリスマスケーキの試作を作ってみたらこうなった - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1f_yi