×
試食

牛めしに3種のチーズと炭水化物というジャンキーな「旨辛チーズポテト牛めし」を松屋で食べてみた


松屋で牛めしにポテトサラダと3種類のチーズをのせた「旨辛チーズポテト牛めし」が2018年5月15日(火)から登場しています。特製旨辛ダレとチーズなど特徴が盛り沢山な牛めしを食べてみました。

店舗限定!旨辛チーズポテト牛めし新発売!|松屋フーズ
https://www.matsuyafoods.co.jp/2018/05/10/4341/

松屋にやってきました。


お店の前には「旨辛チーズポテト牛めし」の登場を知らせるポスターがあります。通常、旨辛チーズポテト牛めしは並盛が税込490円ですが、「プレミアム牛めし未販売店舗」だと値段が異なる場合があります。今回訪れたのは、プレミアム牛めし未販売店舗なので並盛が税込430円でした。


店員さんに食券を渡すと、1分も経たないうちに、「旨辛チーズポテト牛めし」(並盛:税込430円)と店内限定で無料でセットになるみそ汁が到着。


iPhone 7(長辺13.8cm)と並盛の器を比べると、大きさはこんな感じ。


牛めし中央のポテトサラダと牛肉には、モッツァレラチーズとゴーダチーズ、そしてレッドチェダーチーズがかけられています。


丼の全体には赤い「特製旨辛ダレ」がかけられて、コチュジャン風の甘辛い香りに、チーズの香りが合わさってパンチのある味を想像させます。


牛肉を箸で取ってみると、とろけたチーズが伸びて食欲が高まります。


ご飯にポテトサラダという高炭水化物にチーズをプラスするというジャンキーな組み合わせは、背徳感とともに満足感があり、3種類のチーズとポテトサラダにより食感と味がポテトグラタンのようにも感じます。


牛肉はピリ辛の特製旨辛ダレと合わさって韓国料理のビビンバのようで、チーズがコクを加えて、牛肉との相性が抜群なのはもちろん、ご飯が進む丼に仕上がっていました。


松屋では「旨辛チーズポテト牛めし」を注文するとセットで生野菜を通常の値段より10円安く100円で注文できるキャンペーンを実施中。なお、「旨辛チーズポテト牛めし」の取り扱い店舗は全国643店舗限定となっていて、提供対象店舗は以下のリリースページにある「店舗リストはこちら」というリンクからチェックしてみてください。

店舗限定!旨辛チーズポテト牛めし新発売!|松屋フーズ
https://www.matsuyafoods.co.jp/2018/05/10/4341/

・関連記事
実質約3割値上げの松屋の「プレミアム牛めし」と「牛めし」を食べ比べてみた - GIGAZINE

吉野家の「豚丼」がリニューアルしたのでいろんなトッピングで食べてみた - GIGAZINE

「親子丼戦争の勃発」を予感させるワンコインでみそ汁までついた松屋の地域限定「親子丼」を食べてきた - GIGAZINE

冷凍牛丼三国志、吉野家の牛丼・松屋の牛めし・すき家の牛丼を食べ比べてみた - GIGAZINE

吉野家で6年ぶりに復活した鶏肉メニュー「鶏すき丼」を食べてみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log