試食

あのチキンラーメンに「わさび」をプラスした「チキンラーメンビッグカップ わさびチキン」を食べてみた


日清チキンラーメンに「わさび」をプラスしたカップ麺「チキンラーメンビッグカップ わさびチキン」が2018年5月14日(月)から全国で登場しています。わさびとチキンラーメンの相性を実際に食べて確かめてみました。

「チキンラーメンビッグカップ わさびチキン」(5月14日発売) | 日清食品グループ
https://www.nissin.com/jp/news/6956

これが「チキンラーメンビッグカップ わさびチキン」(税込221円)。和風なデザインで、わさびカラーの縞に筆書き風のフォントを使った商品名に「炭火焼き」のフレーズがあります。具材には、炭火で焼いた鶏肉やたまごなどを加え、彩り豊かに仕上げてあるとウェブサイトに記載されています。


フタの上には別添で「本わさび」を使用したという「特製練りわさび」があります。もともと、チキンラーメンに加えるちょい足しメニューとして練りわさびは「チキンラーメン」ファンから人気が高かったそうです。


内容量は91g。原材料の表記には、もちろん練りわさび(わさび加工品)が含まれています。他にかやくとして「味付き鶏肉」などがあるのがわかります。


熱量は1食91gあたり400kcal。


フタをめくってみると、かやくのネギが香り、他に味付き鶏肉と、彩りを加える花型の魚練り物が含まれているのがわかります。


調理スタート。フタの上の特製練りわさびを外して、お湯を注いで3分待ちます。


規定の時間になったら、フタをめくります。醤油ベースのチキンラーメンの香りの中に、かやくのネギが香ります。


練りわさびを「お好みの量で」投入。最初は、様子見で3分の1ぐらいを入れてみます。


軽く混ぜてから食べてみると、味は「チキンラーメンの中にわずかにわさびの香りがするような……」という感じで、ノーマルのチキンラーメンとの違いをあまり感じられません。わさびの辛みは熱に弱く、加熱すると香味も辛みも消えてしまうからと思われます。


というわけで、特製練りわさびを全て投入。


すると、わさびが香るチキンラーメンに変身。爽やかなわさびの香りで食欲が沸きます。特製練りわさびを全て入れてもわさびのツーンとする辛みはあまりないので、辛みが苦手な人でもわさびの風味を楽しめるように感じます。


かやくとして、味付き鶏肉やネギなどの具がゴロゴロ入っているのもうれしいところ。


しょうゆベースのチキンラーメンのスープに、サッパリさせるわさびはピッタリでした。

・関連記事
カニの風味でとろみのあるスープの「ブラックペッパークラブ」が加わったエスニックなカップヌードル「カップヌードル エスニックシリーズ」全3品を食べてみた - GIGAZINE

日本人がハワイに興した製麺工場によってアメリカのラーメンは大きく変わった - GIGAZINE

世界に1つしかないカップヌードルを作れる「インスタントラーメン発明記念館」に行ってみました - GIGAZINE

香港らしさを表現したStarbucksと出店ラッシュが続く日系ラーメン店などに行ってみました - GIGAZINE

血ラーメン・パッタイ・カップヌードルなどバンコクで麺類10種を食べ歩いた - GIGAZINE

まるごと1匹の豚の骨を3時間煮込んだスープでラーメンやカレーを作ってみました - GIGAZINE

カップヌードルの謎肉がてんこ盛りになった1日29食限定の「謎肉丼」を食べてきた - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1f_yi