サイエンス

ハワイのキラウエア火山噴火は謎に包まれた火山噴火のメカニズムを解き明かす鍵になるかもしれない

by z2amiller

2018年5月3日にハワイのキラウエア火山が噴火し、ハワイ島のレイラニ分譲地付近の住民約1700人に対し避難指示が出されました。噴火地点から20キロメートルも離れた場所にある数十軒の家を飲み込み、多くの人々に被害を与えている今回の噴火ですが、科学者たちにとっては謎の多い噴火のシステムを解き明かす鍵になる可能性があります。

The Kilauea volcano is ‘speaking in a code’ we don’t yet understand | Popular Science
https://www.popsci.com/kilauea-volcano-research

Hawaii's unstoppable volcano eruption could go on for months or even years, scientists say
https://www.sciencealert.com/hawaii-s-unstoppable-volcanic-eruption-could-go-on-for-months-or-even-years-leilani-estates-fissure-kilauea

キラウエア火山では1983年に発生したプウ・オオ火口からの噴火活動が30年以上にわたって継続しており、一帯では非常に活発な噴火活動が続いています。今回の噴火は地震活動によりプウ・オオ火口の南で亀裂が生じ、新たな火口が開いたことが発端とみられていますが、研究者たちにもいつ溶岩流出が終了するのかは予測できないとのこと。

ハワイ郡民間防衛局は「今はキラウエア火山を観光するべき時期ではない」と述べていますが、火山の専門家にとってはまたとない絶好の調査機会であるといえそうです。噴火から数日が経過しても終息の気配が見えない今回の噴火は、ハワイ諸島が火山の活動により形成されたことを私たちに思い出させてくれるものとなりました。

ニューヨーク州立大学バッファロー校の火山学者であるトレーシー・グレッグ氏は、キラウエア火山を含む地球上の火山を調査することで、やがては地球外の火星や金星にある火山についての理解が深まることを期待しています。グレッグ氏は火山の調査には安全性が何よりも優先されるとしながらも、「今回のキラウエア火山噴火によって得られる全てのデータは素晴らしい」と語りました。

by Frank Wittig

一説によれば8世紀頃、ポリネシアの人々はハワイ諸島にたどり着いて入植し始めたとのこと。初期の開拓者たちは、今よりも活発に火山活動を繰り返していたハワイ諸島の姿を見ており、流出した溶岩が固まる様子などを口伝えの伝承として残しました。近年、科学者らもハワイ諸島に残る伝承を調査し、過去に起きたとされる地震活動に対応する多くの物語を発見しています。しかし、グレッグ氏によれば依然としてハワイ諸島における火山活動の調査は、240年前から西洋人によって集計され始めたデータに依存する点が多いとのこと。現代ではキラウエア山近くに設置された火山観測所が、24時間体制で地中のマグマやマグマが地表に現れた溶岩を監視しています。

火山の噴火を引き起こすメカニズムは地球の奥深くに存在しているため、直接観察することができません。科学者は地中に存在するマグマの量や噴火口の様子、地震といった火山活動に関連する観測可能な情報をもとにして、火山噴火のメカニズムを解き明かそうとしています。「これは一種の暗号のようなものですが、私たちはまだこの暗号を解き明かせていません」とグレッグ氏は述べました。

現在キラウエア火山が起こしている噴火活動は、火山学者に対して大きな手がかりを提供するものです。流出した溶岩はやがて冷えて固まり、火成岩となって残ります。この火成岩をもとに火山活動によるマグマがどのように移動するのかを分析し、噴火活動に関するデータを収集していくことで、将来的には噴火のタイミングや避難指示を出す対象を正確に割り出すことができるとのこと。今回の噴火でも、住人が自分の家へ戻って必要な物を回収する行為は禁止されておらず、多数の住人が自分の持ち物を家に取りに帰っているそうです。火山活動の予測が正確になれば、人々がよりスムーズで安全に、そして快適に避難することが可能になるとしています。

by pfly

かつてハワイ諸島に住んでいた人々は、長年にわたる知識の蓄積によって、噴火による被害を受けそうな場所には住居を設けなかったとのこと。一方でグレッグ氏は、「しかし、自然界に対する知識と尊敬の念は時間と共に減少しています。私たちは火山活動そのものを制御することはできませんが、それらのプロセスを尊重し、共存していくことができるのです」と述べており、今回の噴火から多くのことを学べるとしています。

・関連記事
キラウエア火山の目の前で波に乗るサーファー - GIGAZINE

世界の終末を引き起こす可能性がある「スーパーボルケーノ」を掘削して冷却し地球を救うというNASAの計画 - GIGAZINE

南極の氷の下から新たに91もの火山を発見、世界最大級の火山地域に - GIGAZINE

500年沈黙してきたイタリアの巨大火山に大噴火の兆候と専門家が警告 - GIGAZINE

火山の噴火で失われたはずの「世界八番目の不思議」ピンクテラス&ホワイトテラスは火山灰に埋没して残っているかもしれない - GIGAZINE

in サイエンス, Posted by log1h_ik