ソフトウェア

Windows 10に「クラウドクリップボード」やエクスプローラーのダークテーマが追加される


製品版の前に各種機能をテストするWindows 10 Insider Previewで、新たにクリップボードの機能を大きく拡張する「クラウドクリップボード」や、ユーザーからの要望が多かったというエクスプローラーのダークテーマが追加されました。

Announcing Windows 10 Insider Preview Build 17666 - Windows Experience BlogWindows Experience Blog
https://blogs.windows.com/windowsexperience/2018/05/09/announcing-windows-10-insider-preview-build-17666/


Windows 10 is getting a File Explorer dark mode and new cloud clipboard - The Verge
https://www.theverge.com/2018/5/9/17336318/microsoft-windows-10-cloud-clipboard-file-explorer-dark-mode-features

Windows 10 Insider Previewにはどんどんと新機能が加えられており、5月3日にリリースされたBuild 17661では「メモ帳」がWindows以外の改行コードに対応しました。

5月9日にリリースされたBuild 17666ではまた新たな機能が加わっています。

「クラウドクリップボード」では、切り取り・コピーした内容を別端末で貼り付けることが可能です。ヒストリー機能があるので、以前コピーした内容を改めて貼り付けることができるほか、ピン止めもできるので、繰り返し使用する内容を常に保存しておくことができます。


設定項目に「複数アイテムを保存する(Save multiple items)」や「複数端末で同期する(Sync across devices)」のトグルスイッチがあるので、OFFにしておけば、単一の内容を同一端末内でのみ保存する従来のクリップボードとしても使えるようです。


エクスプローラーの「ダークテーマ」は、ユーザーからのフィードバックを受けて導入されたもの。右クリックで開くコンテキストメニューや、ファイルを開いたり保存したりするときに開くコモンファイルダイアログにも適用されるとのこと。


これらの機能が製品版に導入されるのは2018年後半になるとのことです。

・関連記事
ついにWindows 10のファイルエクスプローラーをタブで管理できるように - GIGAZINE

次期Windows 10のアップデートで処理能力重視の「Ultimate Performance」モードが追加される見込み - GIGAZINE

Windows 10の次期大型アップデートで「Progressive Web Apps(PWA)」がMicrosoftストアで提供に - GIGAZINE

高校生が「PCを学校に持ち込みたくて」Windows10搭載の電子辞書を自作してしまう - GIGAZINE

in ソフトウェア, Posted by logc_nt