試食

こだわりの「かつ」を使ったジューシーな「発酵熟成肉黒毛和牛と黒豚の極メンチかつサンド」とぷりぷりの「6尾まるごと極海老かつサンド」をウェンディーズ・ファーストキッチンで食べてみた


「国産の発酵熟成黒毛和牛」と「国産の黒豚」を使ったメンチカツと、ぷりぷり食感のエビを6尾を揚げたカツをそれぞれ挟んだ、「発酵熟成肉黒毛和牛と黒豚の極メンチかつサンド」と「6尾まるごと極海老かつサンド」が「ファーストキッチン」「ウェンディーズ・ファーストキッチン」で2018年5月10日(木)から登場しています。こだわりのかつサンド「極かつサンド」として提供される2つのサンドを食べてみました。

2018 05.09~あなたはどちらの“かつ”を極める?~  5月10日より2種のこだわり”かつサンド”を販売!|NEWS - Wendy's x First Kitchen
http://wendys-firstkitchen.co.jp/news/index.php?ym=201805

2018 05.09~あなたはどちらの“かつ”を極める?~ 5月10日より2種のこだわり”かつサンド”を販売! |NEWS - First Kitchen
http://www.first-kitchen.co.jp/news/?nwid=466

ウェンディーズ・ファーストキッチンに到着。


お店の前には「またとない!」「 ただならぬ!」というフレーズが添えられた極かつサンド2つの登場を知らせる垂れ幕があります。早速、「発酵熟成肉黒毛和牛と黒豚の極メンチかつサンド」と「極海老かつサンド」を注文します。


20分程で両かつサンドが到着。両商品は過去の人気メニューを更にパワーアップさせたというこだわりのかつサンドです。運ばれてきたものは揚げたてのアツアツで、店員さんに「熱いので気をつけて下さい」と言われました。


両かつサンドの見た目はこんな感じ。左が「発酵熟成肉黒毛和牛と黒豚の極メンチかつサンド」で、右が「極海老かつサンド」です。


長辺13.8cmのiPhone 7を並べると、大きさはこんな感じ。左のメンチかつを挟んだサンドの方はレタスがはみ出ています。


「発酵熟成肉黒毛和牛と黒豚の極メンチかつサンド」(単品:税込460円)から食べてみます。名前の通り、「国産の発酵熟成黒毛和牛」と「国産の黒豚」をあわせたメンチカツを使用した一品。


マヨネーズが塗られたバンズを外すと、レタスと円を描くようにソースが塗られたメンチカツとチェダーチーズが見えます。


食べてみると、揚げたてサクサクの衣の中から、熟成肉と黒豚のジューシー肉汁とうま味が広がります。一緒に挟まれているチェダーチーズがコクをプラスしているのもグッド。メンチカツのなかにはパサパサのものもありますが、このメンチカツはパサつきが皆無で、柔らかく仕上がっています。


「6尾まるごと極海老かつサンド」(単品:税込480円)を食べてみます。エビを6尾を並べて揚げた「海老かつ」をサンドした一品。


特製のタルタルソースが塗られたバンズを外すと、たっぷりの千切りキャベツと、とんかつソースが塗られた「海老かつ」が挟まれているのがわかります。


食べてみると、エビのぷりぷりとした食感と共に濃厚な香りが漂います。エビの揚げ物を使ったハンバーガーやサンドはいくつかある中で、このサンドのエビかつは厚さが1cmほどあるので食べごたえがあります。加えてシャキシャキのキャベツが食感のアクセントを、タルタルソースがコクを加えていて挟まれている具も相性バツグンです。

・関連記事
巨大なマッシュルームの存在感「ベジタブルバーガーマッシュルーム&ビーンズ」試食レビュー - GIGAZINE

1000種類以上のハンバーガーが楽しめるカスタムバーガーショップ「milia burger」 - GIGAZINE

肉なしでマクドナルドのハンバーガーを作ったらこうなった、という「Spicy Double Decker Veg」レビュー - GIGAZINE

日本の「旨み」を取り入れ「史上最も影響力のある17のバーガー」に選ばれた和風ハンバーガー「UMAMI BURGER」を食べてみました - GIGAZINE

ミシュランの星をゲットしたシェフに完璧なバーガーを作ってもらったらこうなる - GIGAZINE

鉄板ではなく炭火で肉を焼くハンバーガー店「FELLOWS」に行ってきました - GIGAZINE

究極のジャンクフード「フライドポテトチーズバーガー」を作ってみたムービーが公開中 - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1f_yi