試食

あのハバネロを10年間も熟成&発酵させた「ハバネロかんずり」を生地に練り込んだ激辛スナック「暴君ハバネロ・熟ハバ」を味わってみた


世界有数の激辛唐辛子「ハバネロ」を使用したスナック菓子「暴君ハバネロ」に、新フレーバーとしてハバネロを熟成発酵させた香辛調味料「ハバネロかんずり」を生地に練り込んだ「暴君ハバネロ・熟ハバ」が2018年5月7日(月)から登場しています。強い旨味と芳醇(ほうじゅん)な香り、そしてほんのりとした柚子の風味を持つという新フレーバーの味を確かめてみました。

芳醇なウマ辛さ! 10年熟成発酵ハバネロかんずり使用「暴君ハバネロ・熟ハバ新」新発売|株式会社 東ハト/ニュースリリース
https://tohato.jp/news/news.php?data_number=1557

これが「暴君ハバネロ・熟ハバ」(税込108円)。金色に縁取られたデザインはすこしプレミアムな感じがします。


辛さの目安は、ノーマルの暴君ハバネロと同じく「5」。


裏には「ハバネロかんずり」の説明書き。ハバネロかんずりは新潟県産のハバネロを使用して糀(こうじ)などと共に10年間熟成発酵させて他の素材と配合した香辛調味料。ハバネロかんずりを生地に練り込むことで、「うま味が強い芳醇な辛さ」が生まれるとのこと。


1袋あたりの内容量は52gで、原材料の表記には、ノーマルの暴君ハバネロには含まれていない「粉末みそ」「ハバネロかんずり(ハバネロ、糀、ゆず、食塩)」が含まれているのがわかります。


1袋あたりのエネルギーは279.9kcal。


他には注意事項として「小さなお子様や辛みの苦手な方は十分注意してお召し上がりください。」と書かれていて、激辛な味付けを予想させます。


取り出してみるとチーズのような香りの中に、ほんのりと柚子の香りが漂います。しかし、一見するとノーマルのハバネロと見分けが付きません。


「暴君ハバネロ・熟ハバ」(左)の隣に、ノーマルの「暴君ハバネロ」(右)を並べてみると、熟ハバの方が色が濃くて赤みがかっているのがわかります。


単体で食べてみると、ノーマルの暴君ハバネロと比べて、「辛みと塩味の中にほんのりと酸味があるような……」という風に明確な違いは判断できませんでした。


5~6個ほどまとめて食べてみると、辛みと共に柚子の香りと酸味の存在が明確に感じられます。ほのかな柚子の酸味が辛みと塩味をアシストしていて相性はバッチリ。また、酸味など柚子の風味は控えめで塩味と辛みをサポートする脇役に徹しています。ノーマルのハバネロよりポテトの風味は控えめですが、柚子の風味が加わって複雑な味わいに感じました。

・関連記事
なぜ激辛唐辛子メニューを食べた後に水を飲んでも効果がないのか - GIGAZINE

人はなぜ「激辛コンテスト」に出場したくなってしまうのか? - GIGAZINE

未成年お断りの「18禁カレー」、「LEE 辛さ×30倍」よりも辛いと豪語する痛辛仕上げ - GIGAZINE

辛さ最大45倍の激辛カレー「LEE ビーフカレー×30倍 トリニダード・スコーピオン・ブッチ・テイラーブレンド」を10倍・20倍と食べ比べてみた - GIGAZINE

真っ赤なスープで激辛なのになぜか箸が止まらない味仙「元祖台湾ラーメン」を食べてきた - GIGAZINE

オーストラリアで世界一辛いトウガラシが誕生 - GIGAZINE

激辛の唐辛子を食べると感じる「痛み」でケガをしてしまうことがあるのか? - GIGAZINE

鼓膜に突き抜ける猛烈な辛さ、倒れ込む人まで現れた「救急車カレー」に挑戦してきました - GIGAZINE

世界の唐辛子と辛い料理の辛さをわかりやすく図示した画像 - GIGAZINE

なぜ痛みを伴うほどの「激辛」を愛してしまうのか? - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1f_yi