試食

スタバのほろ苦くて、ほろ甘い「大人のフラペチーノ」こと「エスプレッソ アフォガート フラペチーノ」を飲んでみた


スターバックスからフラペチーノの新作フレーバー「エスプレッソ アフォガート フラペチーノ」が2018年5月9日(水)から期間限定で登場しています。抽出したてのエスプレッソショットと、コク深い味わいのクリームを合わせることによって、ほろ苦くて、ほろ甘いという「大人のフラペチーノ」を飲んでみました。

エスプレッソ アフォガート フラペチーノ®|スターバックス コーヒー ジャパン
http://www.starbucks.co.jp/beverage/frappuccino/4524785344143/

[新商品情報] エスプレッソ アフォガート フラペチーノ®|スターバックス コーヒー ジャパン
http://www.starbucks.co.jp/cafe/180509/index.html

抽出したてのエスプレッソショットと、コク深い味わいのクリームでつくるほろ苦くて、ほろ甘い“大人のフラペチーノ”『エスプレッソ アフォガート フラペチーノ』誕生|プレスリリース(2018/05/08) | スターバックス コーヒー ジャパン
http://www.starbucks.co.jp/press_release/pr2018-2730.php

スターバックスに到着。


お店の前には「大人のフラペチーノはじまる。」というフレーズで、フラペチーノの新フレーバーが登場したことを知らせる看板があります。


今回は、「エスプレッソ アフォガート フラペチーノ」(Short:税込551円)を注文します。スターバックスのフラペチーノの多くは、「Tall」サイズのみで提供されていますが、このフラペチーノは「Short」サイズから「Venti」サイズまで幅広いサイズが用意されています。


会計を済ますと、新作フラペチーノのコースターをゲットできました。


裏には、フラペチーノの説明が書かれています。内容は、他のフラペチーノと違いホイップクリームをのせないことで、軽やかな風味で繰り返し飲んでも楽しむことができるとのこと。


5分ほどで「エスプレッソ アフォガート フラペチーノ」ができあがりました。このフラペチーノは、「コーヒーの魅力的な新しい世界観を届ける」という「New Starbucks coffee journey」プログラムから登場した一品。なお、プログラムの第1弾は、2018年3月に登場した「白いコーヒー体験」でした。


Shortサイズのカップの高さは10cmほどで、長辺13.8cmのiPhone 7を並べるとこんな感じ。エスプレッソとクリームがマーブル模様を描いています。エスプレッソは「リストレット」という抽出方法を使用。コーヒー豆から抽出する時に、通常の水の量に比べて3/4と少ない量で行うことによって、通常の抽出に比べて熟成した味で、コクがあるエスプレッソになるというもの。他に、エスプレッソの本場であるイタリアで飲む際に入れるブラウンシューガーが使われています。


フタを外すと、ウィンナーコーヒーのような白くてきめの細かい泡で覆われているのがわかります。


ウェブサイトのオススメの飲み方に沿って、最初は混ぜずに飲んでみると、クリーム色が濃いカップの上の方は、クリームの存在感が強くてミルキーで甘い味付け。エスプレッソの色が濃い下の方は、細かい氷の粒とエスプレッソの苦みとコクが上より強く感じられます。


次は混ぜてから飲んでみます。全体を混ぜると、エスプレッソとの相性にこだわったというクリームが全体に広がることによって、しっかりとしたコクと爽やかな後味がある「アフォガート」のような味わいを楽しめるとのこと。


全体が混ざると、茶色と白のマーブル模様だったフラペチーノが、ほんのりコーヒー色がかった白色になります。


飲んでみると、混ぜる前と比べてブラウンシュガーとクリーム甘さが際立って、ほんのりとエスプレッソのコクと風味が感じられるクリーミーなドリンクに変化します。「エスプレッソ アフォガート フラペチーノ」は、上・下・混合の3種類の味わいが楽しめるフラペチーノになっていました。


「エスプレッソ アフォガート フラペチーノ」のShortは税込551円、Tallは税込594円、Grandeは税込637円、そしてVentiは税込680円ですが、一部の店舗ではTallサイズのみしか提供されてない場合があります。なお、2018年7月1日(日)までの期間限定のフラペチーノとなっているので注意してください。

・関連記事
1971年創業のシアトルにあるスターバックスコーヒー1号店に行ってきた - GIGAZINE

スターバックスを一生出入禁止にされてしまった男 - GIGAZINE

スタバ店員が選ぶ「最悪な注文カスタマイズ」集が色んな意味ですごい - GIGAZINE

スタバが森永の「マウントレーニア」のロゴが似ていると訴訟を起こすも、類似性はないと判決 - GIGAZINE

おいしいコーヒーを味わうために「産地」「焙煎」「抽出」の3つで知っておくべきポイント - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1f_yi