ゲーム

モバイルゲームの売上が初めて全体の50%超え、日本のモバイルゲーマーの支出額はアメリカの1.5倍など2018年のゲーム市場の動きまとめ

by ant2506

世界中に存在する推定23億人のゲーマーたちによる2018年のゲーム市場全体の売上は1379億ドル(約15兆円)となるという推計が発表されました。これは前年から13.3%の成長であり、額にすると162億ドル(約1兆7600億円)の増加を意味します。全体のうちデジタルゲームの売上が91%を占め、1252億ドル(約13兆6500億円)に到達する見込みです。

Global Games Market Revenues 2018 | Per Region & Segment | Newzoo
https://newzoo.com/insights/articles/global-games-market-reaches-137-9-billion-in-2018-mobile-games-take-half/

2007年にiPhoneが登場してからというもの、モバイルゲーム市場は10年以上にわたって2桁の成長を続けており、2018年の成長率は25.5%、額にして703億ドル(約7兆6000億円)に到達するとみられています。これはゲーム市場全体の51%になります。ゲーム市場全体の売上のうち、モバイルの売上が50%を超えるのはこれが初めてです。


モバイル売上の内訳としては、スマートフォンゲームがその約80%を占める564億ドル(約6兆1400億円)で、タブレットゲームが139億ドル(約1兆5100億円)となっています。また、モバイル・PC・コンソールの3つのうち、モバイルに続くのはコンソールで全体の25%を占める346億ドル(約3兆7600億円)、PCは24%の329億ドル(約3兆5800億ドル)。

2012年から2021年にかけてのゲーム市場の売上げの推移と予測はこんな感じ。過去の成長率からみて、2021年にはモバイルゲームがゲーム市場全体の59%の売上を占めると予測されています。しかし、一方でPCとコンソールの売上げは減少はせず、少しずつではあるものの成長するものと考えられています。


これは、PCやコンソールのゲームはeスポーツで競技されていることが大きな理由です。PCゲームは2017年から2021年までの間に4.2%の年平均成長率があり、2021年には323億ドル(約3兆5200億円)の売上があると推測されています。ただし、人気のあるタイトルに置き換わるタイトルはなかなか出ないであろうこと、またPCゲームの平均価格が低くなっていることから、成長率は小さくなるともみられています。

また、ゲーム市場として大きい国に、アメリカ・中国に続いて日本がランクイン。売上の成長率は15.1%で、額でいうと192億ドル(約2兆90億円)です。日本ではモバイルゲームが成功しており、モバイルゲームのプレイヤーは北アメリカの3分の1ほどでありながら、1人あたりの支出額は北アメリカのプレイヤーの1.5倍、西洋の2.5倍に上っています。

ゲーム市場として大きな地域の1位はアジア太平洋で、全体を占める割合は52%、379億ドル(約4兆1200億円)と圧倒的です。うち約半分が中国による売上となっています。アジア太平洋に続いて北アメリカ(327億ドル/約3兆5600億円)、ラテンアメリカ(50億8000万ドル/約5530億円)が並び、そしてヨーロッパ&中東&アフリカは合わせて287億ドル(約3兆1260億円)とのことです。

・関連記事
Steamの2017年ゲーム売上は前年比22%増しの4600億円、一方でインディーゲームメーカーにとっては楽ではない一年に - GIGAZINE

Steamの2015年売上など複数データが明らかに、2015年最も売れたゲームはどれ? - GIGAZINE

「ゲーム依存症の理由は特別な精神状態に陥ること」と心理学者が指摘 - GIGAZINE

ゲームをプレイすることで脳に起こるポジティブ&ネガティブな影響 - GIGAZINE

なぜセガは任天堂をブラジルのゲーム機市場で圧倒できたのか? - GIGAZINE

Nintendo Switchは「アメリカ史上最速」で売れている家庭用ゲーム機 - GIGAZINE

in ゲーム, Posted by logq_fa