取材

極秘資料「メカゴジラ開発提案書」が配布された映画GODZILLAトークイベントに静野監督・瀬下監督・小澤亜李が登壇


2018年5月18日(金)に公開される映画「GODZILLA 決戦機動増殖都市」の静野孔文監督、瀬下寛之監督、ミアナ役・小澤亜李さんが登壇するトークイベントがマチ★アソビ vol.20の中で開催されました。

<全三部作:第二章>アニメーション映画『GODZILLA 決戦機動増殖都市』OFFICIAL SITE
http://godzilla-anime.com/

ステージの様子。左から、イベントの司会を務めた東宝・島野宣伝プロデューサー、静野監督、小澤さん、瀬下監督。


「GODZILLA 決戦機動増殖都市」はつい先日完成を迎え、関係者が集まっての初号試写を実施。


今回のマチ★アソビでは、瀬下監督総監修の「メカゴジラ開発提案書」がしんまちボードウォーク・TOHO animationパラソルで配布されており、イベントでも数量限定で配布が行われました。


また、ステージでは第1部「GODZILLA 怪獣惑星」をわずか8分にまとめて、ナビゲーションをミアナ役の小澤亜李さんとマイナ役の上田麗奈さんが担当した特別映像が公開されました。映像は「マチ★アソビ先行公開」で、YouTubeでの一般公開は来週だとのことでした。


ちなみに、アニメ映画版の「GODZILLA」はゴジラを見たことはないけれどアニメは好きという人に向けて企画された作品で、過去のゴジラシリーズを「シン・ゴジラ」しか見ていないという小澤さんはまさにターゲットど真ん中。その小澤さんは「決戦機動増殖都市」には大いに盛り上がったらしく、監督らが照れるぐらいに作品を褒めていました。音響も凄かったとのことで、この点は瀬下監督から、音響面を担当したスタッフが爆音系に強い人が揃っていたことが補足されていました。

映画「GODZILLA 決戦機動増殖都市」は2018年5月18日(金)公開。単体で見ても面白い作品になっているとのことですが、前作「GODZILLA 怪獣惑星」が気になる人はNetflixで配信中なのでぜひ見てみて下さい。また、2018年5月16日(水)にはキャストオーディオコメンタリー・スタッフオーディオコメンタリー収録のBD・DVDが発売されます。


なお、GIGAZINEでは「怪獣惑星」公開時に瀬下監督のインタビュー記事を掲載しましたが、「決戦機動増殖都市」では静野監督・瀬下監督の両名へのインタビューを行いました。こちらも映画公開前後に掲載予定なのでお楽しみに。

ちなみに、静野監督・瀬下監督はこれが初マチ★アソビですが、かなり満喫した様子です。3部作ラストのときも、トークイベントが行われたりするのでしょうか。

・関連記事
「GODZILLA 決戦機動増殖都市」予告編解禁、新兵器「ヴァルチャー」と人類最後の希望「メカゴジラ」登場 - GIGAZINE

ディスプレイグラフィックスにこだわり3種族の文字も作り込まれた「GODZILLA 怪獣惑星」の瀬下寛之監督インタビュー - GIGAZINE

ゴジラ造形の第一人者・酒井ゆうじ氏にアニメ映画「GODZILLA 怪獣惑星」のゴジラについてインタビュー - GIGAZINE

ヘドラ・ドゴラ・カマキラスなどに地球が蹂躙される虚淵玄監修ノベライズ「GODZILLA 怪獣黙示録」刊行 - GIGAZINE

in 取材,   映画,   アニメ, Posted by logc_nt