メモ

給料が高くなるほど「働かないこと」に対してお金が支払われるようになる、という調査結果

by Bruce Christianson

アメリカの労働省が行った2017年の調査によって、アメリカの労働者のうち、収入が多いトップ25%は5割近くが有給休暇を年10日取得しているのに対し、下位25%のうち有給休暇を10日取得しているのはその10分の1ほどであることが判明しました。「給料が多いけれど忙しい仕事」「給料が少ないけれど楽な仕事」と表現されることがありますが、給料が多いほど「働かないこと」に対してお金が支払われる傾向にあることが示されています。

Paid holidays: Number of days provided
https://www.bls.gov/ncs/ebs/benefits/2017/ownership/civilian/table33a.htm

Paid time off: Workers in the US with the highest salaries also get the most paid vacation — Quartz
https://qz.com/1255335/paid-time-off-workers-in-the-us-with-the-highest-salaries-also-get-the-most-paid-vacation/


「収入トップ25%」の有給取得日数は以下のような感じ。5日以下は2%でほとんどおらず、最も多いのが8~10日で43%、10日以上有給を取得しているのは29%となっています。


「トップ25~50%」は「5日以下」の割合が少し増えますが、依然として8~10日が多数派です。


「下位25%~50%」になると最も多い層が5~7日に変化します。


そして「下位25%」になると約半数の有休取得日数が5~7日となり、10日以上有給を取得している人は、トップ25%の6分の1ほど。5日以下を占める割合は10倍近くになっています。


アメリカで給与の不平等性が語られるとき、有給休暇の有無は「世帯収入の統計に表れない」という理由から見逃されがちな要素であるとのこと。しかし、有給休暇もまたアメリカにおける富める人と貧しい人の差として存在するとDaniel Kopfさんは主張しています。

なお、2017年12月に発表された「(PDFファイル)平成29年就労条件総合調査の概況」によると、日本の有給取得率は、労働者1人平均付与日数が18.2日なのに対し、平均取得日数が9.0日で取得率は49.4%とのこと。50%をやや下回るという傾向は2001年から変わっていませんが、先進国の中で唯一、年次有給休暇を取得する権利が法律で保障されていないアメリカでは、さらに厳しい状態が続いているようです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
フリーランスになった時に「1日いくら稼げば目標の年収になるのか?」を計算できる「What is my day rate?」 - GIGAZINE

「柔軟な労働」をすると働く時間は増加する - GIGAZINE

人が健康的に働けるのは週39時間まで - GIGAZINE

RPG風に仕事内容と業界動向・平均給料がまるっとわかる「日本の給料&職業図鑑 業界別ビジネスマンSpecial」 - GIGAZINE

これがIT業界の給与事情、世界各都市のソフトウェアエンジニアやプロダクトマネージャーなどの平均給与を比較するとこうなる - GIGAZINE

通勤時間が20分増えると給料19%カット相当の仕事の満足度が減る - GIGAZINE

人々が重要視するのは給料などの条件よりも「仕事のやりがい」 - GIGAZINE

人間の給与計算部門をまるごとクビにして入れ替えたIBMのシステムが820億円の損失を生み出す - GIGAZINE

in メモ, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.