Appleが新iOS11端末をまもなく発売する可能性、「iPhone SE 2」なのか?


Appleがロシアなどユーラシア大陸で新しいiPhoneの販売許可を求めて Eurasian Economic Commission(EEC)に新型端末を登録申請したことが明らかになりました。11種類登録された中に、浮かんでは消えてきた小型の新型iPhone「iPhone SE 2」があるのではないかと指摘されています。

Consomac : Présentation imminente pour l'iPhone SE 2 ?
https://consomac.fr/news-8433-presentation-imminente-pour-liphonese2.html

Apple Registers Several New Unreleased iPhone Models in Eurasia Ahead of WWDC - Mac Rumors
https://www.macrumors.com/2018/04/18/apple-registers-new-iphone-models-eurasia/

フランスのApple関連情報サイトのConsomacが、ロシア、ベラルーシ、カザフスタン、アルメニア、キルギスが加盟するEECのデータベースにAppleが販売許可取得のために登録した新端末が追加されたことを明らかにしました。端末の搭載OSは「iOS11」でモデル番号は「A1920、A1921、A1984、A2097、A2098、A2099、A2101、A2103、A2104、A2105、A2106」と記載されており、いずれもこれまで登録されていないモデル番号から新型端末だと予想できます。


Apple製品のEECへの登録は発売の約1カ月前に行われるのが通例なので、例年通り9月に発表されるとみられる3種類ある新型iPhoneの可能性は限りなくゼロ。そこで考えらえる候補として、現行iPhone Xの廉価版や新型のiPhone SE(iPhone SE 2)が挙がります。

小型の廉価モデルであるiPhone SEは2年以上モデルチェンジがされておらず、小さなiPhoneを好むユーザーから後継機の登場が待たれています。一部でインドでiPhone SE 2は生産されるというリーク情報や、ベゼルレスディスプレイが搭載されるという噂が登場しましたが、Apple関連の確度の高い情報を出すことで知られるKGI Securitiesのミンチー・クオ氏がAppleの開発リソース不足を理由にiPhone SE 2の登場を明確に否定するなど、iPhone SE 2の存在はこれまで浮かんでは消えるという状態でした。

小型モデルとは言いがたいサイズですが、iPhone SE 2とされる端末を操作する様子が中国のSNS微博でアップロードされており、以下のムービーで端末を確認できます。

iPhone SE 2 LIVE!!! - YouTube


慣例通りであればEECに登録された新iOS11端末は2018年5月から6月初旬に登場すると予想されます。2018年6月4日から開催されるWWDC2018での新iPhone発表&即発売という可能性もゼロではなさそうです。

・関連記事
4.2インチの「iPhone SE 2」が6月のWWDCで登場するというウワサ、端末の詳細は? - GIGAZINE

手のひらサイズの新型iPhone「iPhone SE 2」の登場はナシか?有名アナリストの見解はこんな感じ - GIGAZINE

iPhone SE 2が2018年前半に登場するとの情報、iPhone X風のベゼルレスディスプレイは期待薄 - GIGAZINE

スマートフォン市場における利益の86%をAppleのiPhoneが占める - GIGAZINE

低価格版「iPhone X」が2018年に登場、と報じられる - GIGAZINE

in モバイル,   ハードウェア,   動画, Posted by logv_to