×
ゲーム

600万本以上を全世界で売り上げた傑作アドベンチャーゲーム「MYST」の25周年記念パッケージが登場


さまざまな世界を探検し、ヒントを集めて仕掛けや暗号を解きながら謎を明らかにしていく「MYST」は1993年にMacintosh向けに製作され、製作され、世界で600万本以上も売り上げたアドベンチャーゲームです。MYSTの発売25周年を記念して、開発元のCyan Worldsが2018年4月10日に25周年記念パッケージ「MYST 25th Anniversary Collection」を発表しました。

MYST
https://myst.com/


MYST 25th Anniversary Collectionについては以下のムービーを見るとよく分かります。

MYST 25th Anniversary Collection - YouTube


MYSTは1993年9月24日にMacintosh向けのゲームとして発売されました。後にWindowsや各種家庭用ゲーム機にも移植され、「世界で最も公式に移植されたアドベンチャーゲーム」としてギネス記録を保有しています。


「MYST」で冒険する舞台は本の中の世界です。


ページをめくると本の中に画面が現れ、これをクリックすると……


本の世界に入り込んでしまいます。本の世界から脱出するためには、プレイヤーは世界中に散らばる謎を解き明かす必要があります。道中で敵が襲いかかってくることはなく、戦闘もありませんが、実際に紙のメモを用意してヒントや暗号を解くといった工夫も必要で、現代でいう脱出ゲームに近い要素があります。


MYSTではプリレンダリングされた3DCG映像がスライドショーのように表示され、ところどころに動画を利用するといった演出も使われており、25年前のゲームながら美麗でリアルな世界が描写される点が高く評価されました。


MYSTは世界中で大ヒットを記録し、「Riven The Sequel to MYST」「MYST III Exile」「MYST IV Revelation」「MYST V:End of Ages」「MYST Uru:Ages Beyond MYST」とシリーズも作られました。また1作目をリアルタイムレンダリングによる3DCGと1人称移動システムでリメイクした「realMYST」も発売されました。


ゲームのダウンロード販売を行うGOG.comによる協力もあり、「MYST 25th Anniversary Collection」では全てのシリーズがWindows 10向けに移植されています。


MYST 25th Anniversary Collectionには、ゲームの他に記念アイテムが特典として付けられています。さまざまなゲームグッズやレプリカを手がけるidea PLANETが、Cyan Worlds監修の下で特典を製作したとのこと。


シリーズ1作目「MYST」の中でも象徴的なアイテムといえる「MYSTの本」をかたどったコレクションケースもついています。皮で作られた表紙には「MYST」と金の文字が刻まれています。ケースにはゲームのDVDが収納できる他、内側の12cm×7cmの切り抜きには800×480の高解像度液晶ディスプレイを収納して、実際に映像を流すことも可能になっているとのこと。


また、シリーズ二作目である「RIVEN The Sequel to MYST」に登場するGehnのインク壺とペンのレプリカも特典として用意されています。木と金属で作られていて、インクを入れれば実際に使用することもできるそうです。


MYST 25th Anniversary CollectionはKickstarterでのみ受注しているとのことで、製品化を目指して出資者を募っています。目標額24万7500ドル(約2650万円)に対して、記事作成時点で50万ドル(約5400万円)を超える額が集まっています。MYST 25th Anniversary Collectionは日本への発送も可能で、出資額に応じてゲットできるパッケージの内容が変わります。

49ドル(約5200円)以上の出資でゲットできる「アーキヴィスト」コースは、シリーズ全7作品のダウンロードキーが得られるというもの。2018年8月頃にダウンロード可能となる予定です。


99ドル(約11000円)以上の出資でゲットできる「ブックメーカー(本を作る者)」コースは、GOG.comとSteamで有効なシリーズ全7作品のダウンロードキーとDVD版・25周年記念収納ボックスがセットになっています。発送は2018年11月を予定していて、日本への送料として別途35ドル(約3700円)が必要です。


169ドル(約1万8000円)以上の出資でゲットできる「メンテナー」コースは、シリーズ全7作品のダウンロードキーとDVD版・25周年記念収納ボックス・収納ボックス用液晶パネル・液晶パネル用追加コンテンツのUSBメモリがセットになっています。発送は2018年11月を予定していて、日本への送料として別途35ドル(約3700円)が必要です。


250ドル(約27000円)以上の出資でゲットできる「ライター」コースの内容は、シリーズ全7作品のダウンロードキーとDVD版・25周年記念ボックス・収納ボックス用液晶パネル・液晶パネル用追加コンテンツのUSBメモリ・Gehnのペンとインク壺。発送は2018年11月を予定していて、日本への送料として45ドル(約4800円)が必要です。


なお、他にも1000ドル(約11万円)でゲットできる「コレクター」コースは、二作目「Riven」製作時に描かれた本物のデザインスケッチがつく内容でしたが、先着25名のみという数量限定のコースだったため速攻で売り切れてしまい、記事作成時点では既に受付終了となっていました。


「MYST 25th Anniversary Collection」の出資は以下のページから可能で、日本時間で2018年5月25日(金)の午前2時2分まで受け付けられています。

MYST 25th Anniversary Collection by Cyan Worlds, Inc. — Kickstarter

・関連記事
「Kickstarter」へ出資してゲットする方法&出資しまくった経験からわかった注意点まとめ - GIGAZINE

AIに「夢」の中でゲームをプレイさせてみる実験が進行中 - GIGAZINE

ゲーム史に輝くアクションMORPGの金字塔「ディアブロ」の企画書が公開中 - GIGAZINE

25年以上続く人気格闘ゲーム「モータルコンバット」シリーズのショッキングな演出でとどめを刺す「フェイタリティ」を全てまとめたムービー - GIGAZINE

超有名ゲームメーカー「ブリザード」が25年もトップを走り続けることができた理由 - GIGAZINE

タイトーサウンドチーム「ZUNTATA」を彩った8人が語る25周年記念インタビュー - GIGAZINE

ゲームの「音屋さん」になるための心得、タイトー「ZUNTATA」インタビュー - GIGAZINE

in 動画,   ゲーム, Posted by log1i_yk