パティ2枚にハッシュポテトが挟まれたボリュームのあるハンバーガー「ハッシュマックスハンバーガー」全2種類をロッテリアで食べてみた


2018年4月5日(木)からロッテリアの新しいレギュラーメニューとして、パティ2枚とハッシュポテトを挟んだハンバーガー「ハッシュマックスハンバーガー」と「ハッシュマックスチーズバーガー」が登場しています。パティ2枚とハッシュポテトというジャンクでボリュームがありそうなコンビのバーガーが気になったので食べてきました。

~ロッテリアの新定番ハッシュMAX!ボリュームMAXなバーガーが登場!!~ 『ハッシュマックスハンバーガー』『ハッシュマックスチーズバーガー』 2018年4月5日(木)より発売! |ニュースリリース|ロッテリア
https://www.lotteria.jp/news/000173/

ロッテリアにやってきました。


店内には「新定番」の文字とアメコミ風のイメージキャラクターが描かれたポスターが掲げられていました。さっそく新レギュラーのハンバーガーを注文します。


注文から5分ほどで到着。


包み紙を開けてみると「ハッシュマックスハンバーガー」と、チーズを加えた「ハッシュマックスチーズバーガー」が登場。


ハッシュマックスハンバーガー(単品:税込380円)から食べてみます。


両バーガーのサイズは同じぐらいで、直径は長辺138.3mmのiPhone 7と比べるとこんな感じ。


厚さはiPhone 7の半分ほどで分厚く感じます。


スチームトースターでふっくらと焼かれ、ケチャップとマスタードが塗られたバンズの下には、みじん切りのオニオンとピクルス、レタス……


そしてパティ2枚に挟まれたハッシュポテトがサンドされています。使われている食材の構成はパティ2枚とハッシュポテトを除くとオーソドックスなハンバーガー。


食べてみると、予想以上にハッシュポテトがサクサク。さらにレタスとオニオン、そしてピクルスのシャキシャキとした食感が加わって色んな食感を楽しめます。ケチャップは甘めでピクルスの酸味がアクセントになっていますが、ケチャップの甘さのせいかマスタードの辛みはあまり感じられませんでした。ハッシュポテトは他の具と違和感なく一体となっていて、成人男性1人の小腹を満たして余りあるぐらいのボリュームです。


次はハッシュマックスチーズバーガーにチーズを2枚加えたハッシュマックスチーズバーガー(単品:税込430円)を食べてみます。ちなみに、ハッシュマックスハンバーガーにチーズを2枚追加トッピングするのに比べると70円安い計算になります。


食べてみると、チーズとハッシュポテトの組み合わせはもちろんグッド。チーズ好きはもちろん、「もう少しこってりさせたい」という人にもオススメ。


「ハッシュマックスハンバーガー」と、チーズを加えた「ハッシュマックスチーズバーガー」は全国のロッテリアでレギュラーメニューとして注文可能。なお、ふるポテやドリンクなどサイドメニューと一緒に安く注文できるセットメニューも用意されているので、詳しい値段は以下の公式サイトをチェックしてみてください。

ハッシュマックスハンバーガー|ロッテリア
https://www.lotteria.jp/menu/000631/

ハッシュマックスチーズバーガー|ロッテリア
https://www.lotteria.jp/menu/000630/

・関連記事
いちごとさくらを使ったショートケーキのようなドリンク「ショートケーキ仕立てのいちごシェーキ」と北海道産あずきといちごのパイ「もちもちいちごあんパイ」などをロッテリアで食べてみた | GIGAZINE (ギガジン)

マクドナルドが冷凍でなく新鮮な肉から作ったハンバーガーを販売へ | GIGAZINE (ギガジン)

通常価格にプラス100円するだけでパティの枚数が倍になるサービス「夜マック」でパティ4枚のビッグマックなどを食べてきた | GIGAZINE (ギガジン)

マクドナルドが「チーズバーガーは子ども向けメニューから姿を消す予定」と発表 | GIGAZINE (ギガジン)

観光客にはほとんど知られていないがニューヨークの地元住民が連日通い詰める店のサンドイッチとは? | GIGAZINE (ギガジン)

日本人がハワイに興した製麺工場によってアメリカのラーメンは大きく変わった | GIGAZINE (ギガジン)

in 試食, Posted by log1f_yi