「GIGAZINEマンガ大賞」2018年4月度募集中&トップ画メイキングはこんな感じ


2018年3月度の「GIGAZINEマンガ大賞」に応募していただいた皆さま、本当にありがとうございました。審査結果は順次連絡していきますので、それまでもうしばらくお待ち下さい。

新年度になりましたが、2018年度も「GIGAZINEマンガ大賞」の募集を行っていきます。始まりの季節である4月に、全く新しい作品が花開くことを楽しみにしております。

「GIGAZINEマンガ大賞」募集要項はこちらから
募集要項は既に読んだのでとにかく応募!という人は応募フォームからお願いします。

◆2018年4月度GIGAZINEマンガ大賞トップ画イラスト
今回のトップ画イラストは、さくらばさんに書いていただきました。満開の桜の中でお絵描きをする女の子と、運命をはこんでくる黒猫たちが描かれた、とっても4月らしいイラストです。


作者のさくらばさんからのコメント

さくらばと申します!
学生の頃から拝見していたGIGAZINEさんでイラストを募集しているとのことで一生に一度の機会だ!! と思い応募させていただきました。思い切って応募してよかったです。本当に大好きです。
普段は萌え系のイラストでお仕事しております。学生服とかドレスとかメイド服が凄く好き。可愛い女の子は可愛い! 健やかに生きてほしい! お仕事募集中です。


さくらば「4月分イラストとお聞きしていたので、桜は欲しいな~と思っておりました。春は新学期の季節でもあるので、マンガ大賞応募を目指す女の子が描きたいと思いラフにおこします」


さくらば「ラフに調整をしまくりつつ線画に進行。ラフから顔つきがいつも変わります」


さくらば「塗り分けでなんとなく気持ちと方向性を固めます」


さくらば「塗ります。なんだかんだで塗りが一番楽しいです。一番時間が掛かります。レイヤー数も無限に増えます。塗るときは物によって影の付き方を意識。光の照り返しや映り込みを表現するとそれっぽさが増します(タブレット部分)。線画でうまく表現できなかったポイントを塗りで決着つけることが多いです。キワとかにハイライトを入れるとなんとなく立体感が増します。加工レイヤーとはお友達です」


さくらば「加工します。今回はそこまででもなかったのですが、加工で全く違う色味にブラッシュアップして塗り段階と大きく印象が変わることが多いです。イメージに近くなったら大体終わり」


完成イラストその1。新しい季節の訪れがまぶしいくらいに輝いています。


完成イラストその2。さくらば「物寂しかったのでネコちゃんが増えました。全体を結合して塵とボカシなどを増やしたりして完成です」


トップ画用の表情差分です。鼻先にちょこんとのった花びらは、春があいさつをしているよう。



◆大賞募集記事のトップ絵・イラスト募集



この記事に掲載しているような「トップ絵」のイラストを募集しています。既に応募いただいた方、ありがとうございます。厳正な審査の上、採用となった方には順番に連絡させていただいています。まだまだ募集は行っておりますので、こちらの記事の募集要項を確認のうえ、以下の自薦応募フォームからご連絡ください。

・大賞募集記事のトップ絵・イラスト自薦応募フォーム:

ここをクリック(「姫とゲーマー」宣伝用イラスト自薦応募フォームを兼ねているので最初の選択肢で「GIGAZINEマンガ大賞募集記事のトップ絵・イラスト」を選んで下さい)

先月のマンガ大賞記事にもトップ画・メイキングを掲載しています。「3月度マンガ大賞」のイラストはKNY(ケニー)さんからいただきました。こちらもぜひご覧ください。

「GIGAZINEマンガ大賞」2018年3月度募集要項&トップ画メイキングはこんな感じ




◆「GIGAZINEマンガ大賞」募集要項

・GIGAZINEマンガ大賞が目指すもの

以下の記事中に明記してある通り、「脱貧致富」「科学で支援」の2つです。これら2つを目指す作品を募集している、ということになります。

「GIGAZINEマンガ大賞」応募要項詳細&GIGAZINEマンガ大賞を始めるにあたって - GIGAZINE


・基本条件:
・スマホでも読めるのが前提(見開きナシ、縦スクロール基準)

・フルカラー・フルデジタル(白黒の場合は「原作」として扱います)

・ジャンル自由で「第1話」の完成原稿とそのメイキング資料であること。メイキング資料はキャラクターデザイン・色彩設定・ネーム・下描きなど。

・原稿フォーマット:
縦横比率・ファイルサイズ・解像度は「姫とゲーマー」を参考にして下さい。

・原稿枚数:
自由。何ページでもOK。

・その他:
・年齢制限なし、未成年でも受賞時にはクリアできるようにもろもろの手続きを行います

・基本的には他誌や他メディアでの未発表作品に限りますが、応募時にここまでの履歴や経緯を明記していただけるのであれば、一度応募した作品のブラッシュアップ後の再応募OK

・既存の発表済みモノクロ作品をフルカラー化して応募OK

・もちろん第1話から最終話まで描ききっての応募もあり

・既に自分で他メディアやプラットフォームにて発表済みの一次創作OK

・雑誌には掲載されたが単行本化されなかったor途中でやんごとなき事情で打ち切られてしまったという作品もOKです。あきらめないでください。

・「作画のみ」「原作のみ」でも応募OK

・「作画のみ」は絵師・イラストレーター向けとなり、ポートフォリオのURLや作品集を見せていただければOK。第1段階審査通過分については第2段階審査で実際にお試し原作で描いてもらい、通過後、GIGAZINEシークレットメンバーによる最終段階の投票審査に回します。

・「原作のみ」は作家・小説家向けとなり、そのままテキストファイルで送りつけてもらえればOK。第1段階審査通過分について、第2段階審査の連絡をしますのでさらに続きを書いてもらい、通過後、GIGAZINEシークレットメンバーによる最終段階の投票審査に回します。

・締切日:
4月30日月曜日、23時59分59秒

・審査プロセス:
編集部による選考後、以下のような審査プロセスを予定しています。

第1段階:GIGAZINEシークレットクラブメンバーだけが閲覧可能なクローズド環境による「第1話」点数評価+編集部によるメイキング資料を含めた点数評価

第2段階:編集部から連絡しますので、新たに設定される締切りまでに「最終話までのプロット」など必要事項を追加作成後、編集長による審査。最後まで描ききれるかというポテンシャルを見て、最後まで走り切れそうだと判断できれば、最終段階進出となります。

最終段階:GIGAZINE上にて掲載、GIGAZINE読者によるアクセス解析結果からの点数評価+GIGAZINEシークレットクラブメンバーによる点数評価+編集部による点数評価で大賞受賞者を決定

・賞金:
まず、第1段階に選ばれた全員に奨励金として賞金1万円をもれなく贈呈。

次に、第2段階に選ばれた全員に奨励金として追加で賞金2万円を贈呈。

そして最終段階で大賞受賞作品として選ばれた場合、賞金10万円を贈呈。

※賞金合計金額は課税されない範疇に収めているので未成年でも大丈夫なはずです、受賞できます。振込先口座がない場合でもなんとかします。

・受賞後の流れ
GIGAZINEで連載形式で掲載を終えた後、電子書籍化しAmazonで販売します。それぞれ規定の原稿料・ロイヤリティをお支払いします。電子書籍の販売・宣伝もGIGAZINEが責任を持って行います。

要するに、単なるデビューや1回だけの読切り掲載ではなく、GIGAZINEマンガ大賞受賞=プロとして連載開始です。

・質問受付フォーム:
応募するにあたっての疑問点があればこちらをクリックしてお問い合わせしていただければ大丈夫です。同じような質問が続く場合はFAQとしてまとめますので、ご理解とご協力をお願いします。

・マンガ大賞応募フォーム:

こちらをクリック

応募フォームについて、「原作のみ」のテキストデータをどのように応募するか、という問い合わせを複数いただきました。「原作のみ」で文字のみの応募の場合は、Googleドキュメントに本文を貼り付けた後、共有リンクのアドレスを応募フォームに記載してもらえれば大丈夫です。

それでは、クリエイターの皆さまの応募を心よりお待ちしております。よろしくお願いします。

・関連記事
「GIGAZINEマンガ大賞」応募要項詳細&GIGAZINEマンガ大賞を始めるにあたって - GIGAZINE

「GIGAZINEマンガ大賞」2018年2月度募集&大賞募集記事のトップ絵・イラスト自薦募集 - GIGAZINE

姫とゲーマー 第1話「不正してでも実況動画ランキングトップ10を目指す姫」 - GIGAZINE

in ピックアップ,   マンガ, Posted by log1e_dh