ウェブアプリ

Facebookが偽ニュースを拡散させたロシアの数百のアカウント&ページを削除したと発表

by Andrew Feinberg

2016年の大統領選において偽の情報を発信し混乱を生じさせたとして、Facebookがロシアの企業Internet Research Agency(IRA)に関連する全てのアカウントを見つけ次第削除していると発表しました。FacebookとInstagramを含めて、既に270以上のページ&アカウントが削除されたとのこと。

Authenticity Matters: The IRA Has No Place on Facebook | Facebook Newsroom
https://newsroom.fb.com/news/2018/04/authenticity-matters/

Facebook is banning hundreds more accounts run by Russian trolls - Recode
https://www.recode.net/2018/4/3/17194430/facebook-banning-ira-russian-troll-accounts-internet-research-agency


2016年の大統領選において、ロシア人およびロシアの団体が個人情報を盗んでFacebookやInstagramでアメリカ人になりすまし、グループを作成したり扇動的な画像を投稿するなどして選挙に干渉したとして、2018年2月にロシア人13人とロシアの3団体が起訴されました。訴状の中では、Internet Research Agency(IRA)の従業員がトロールアカウントを作成し、大統領選の期間中にボットを使って議論を見せかけ政治的な混乱を生じさせたこと、またこれらの活動においてFacebookやInstagramが大きな役割を果たしたとして言及されています

そして2018年4月3日付けで、FacebookのSCOであるAlex Stamos氏は、IRAによって操作されていた138ページのFacebookページおよびFacebookアカウント70個とInstagraアカウント65個を削除したと発表しました。これらのページのコンテンツには広告が含まれており、内容の95%がロシア語で、ロシア在住の人やロシア語を使う人をターゲットとしていたとのこと。

削除理由についてFacebookは「IRAは繰り返し偽アカウントの複雑なネットワークを使い、2016年の大統領選前・大統領選中・大統領戦後にわたってFacebookのユーザーをあざむき、操作してきました。これが私たちが彼らにFacebookを使って欲しくない理由です。私たちは最新のアカウントとページを、『コンテンツに基づいて』ではなく『IRAに操作されていることから』いくつか削除しました」と説明しています。議論と人のつながりを重視するFacebookが「コンテンツ」ではなく発信者に基づいて削除するのはイレギュラーな判断といえます。

削除された投稿はこんな感じ。政治的内容からロシアの観光ガイドのようなものまでさまざまです。


IRAが何を行っているのかについて、Facebookは透明性を備えた方法でその内容を共有していきたいとしており、今後数週間内にIRAに関連したページに「いいね!」を押したりアカウントをフォローしたりした時には、ユーザーがヘルプセンターを通してそれをチェックできるツールを公開する予定とのことです。アカウントの中には戦略を変えセキュリティーチームの削除から逃れようとするものも存在しますが、Facebookはさらなるアカウントを発見して同様に削除していくと記しています。

また、マーク・ザッカーバーグCEOもIRA関連アカウントの削除について投稿を行いました。

Today we're taking an important step to protect the integrity of elections around the world by taking down more than 270...

Mark Zuckerbergさんの投稿 2018年4月3日(火)


ザッカーバーグCEOによると、2016年の大統領選でIRAが偽アカウントを作って不和を生じさせるようにコンテンツを投稿していることがわかった後、FacebookはIRAの活動について国際的に調査を行い、アカウントやページを削除してきたとのこと。Facebookは国外から選挙を妨害されないようにする技術を改良してきており、2017年のフランス大統領選においては3万個もの偽アカウントを取り除き、ドイツでは2017年の選挙が始まる前に連邦行政機関と協力して動き、ドイツにおいてどのような脅威が見られたのかを学ぶと共に情報を共有したといいます。また2017年のアラバマ州上院補選では偽のアカウントを検知し削除する新しいAIツールを展開し、誤情報の拡散を防いだとのこと。

さらに、Facebookはセキュリティの投資を増やしており、2018年4月現在はセキュリティとコンテンツレビューに1万5000人もの人員を割いていること、2018年末には2万人以上に増員させる予定だということをザッカーバーグCEOは説明しています。

・関連記事
信頼できるニュース提供を目標にFacebookがニュース配信強化の取り組み「Journalism Project」を開始 - GIGAZINE

偽ニュースを人工知能を使って検出するプロジェクト「Fake News Challenge」 - GIGAZINE

Facebookが「嘘ニュース」に誘導する広告を表示させないようにすると発表 - GIGAZINE

Facebookで偽アカウントによるネットワークを構築し詐欺を行う犯罪集団の実態はこうなっている - GIGAZINE

フェイクニュースを拡散しまくり業界トップを目指すオンラインゲームを研究者らが開発 - GIGAZINE

Googleが偽ニュースを垂れ流すサイト200個を追放 - GIGAZINE

GoogleやFacebookに「有害なコンテンツを放置するなら広告を引き上げる」と大口顧客のユニリーバが強力なプレッシャーをかける - GIGAZINE

in ネットサービス,   ウェブアプリ, Posted by logq_fa