海外用電源アダプターを日本のコンセントで使用可能にするマルチ電源変換アダプター「レンコン」を使ってみた


海外ではコンセントや電源アダプターの規格が日本と異なっている場合があり、「海外で購入した製品の電源アダプターが、日本のコンセントに合わないから使えない」ということはよくあります。そんなときにマルチ電源変換アダプターの「レンコン」を使えば、世界のさまざまな種類の電源アダプターを、日本のコンセントに接続することが可能です。

RW111 / SD111 日本専用マルチ電源変換アダプター「レンコン」 | ROAD WARRIOR ---海外旅行用電気製品のパイオニア---
http://warrior.jp/guide/rw111/

「レンコン」は手のひらにのる小さなサイズで、タテとヨコが36ミリメートル、コンセントに挿すACアダプター部分を含めた奥行きが47ミリメートルです。


片面には日本で使用可能な通常のプラグがついていて……


反対の面には、世界で使用されているさまざまな規格の電源アダプターに対応する、コンセントがついています。


コンセントを正面から見るとこんな感じ。


世界で使われている主要な電源アダプターには、イギリス・シンガポール・香港などで使用されている「BFタイプ」、中国などで使用されている「O2タイプ」、ヨーロッパ・韓国・チリなどで使用されている「C・SEタイプ」、インド・エジプト・インドネシアなどで使用されている「B3タイプ」、オーストラリア・ニュージーランドで使用されている「Oタイプ」、アメリカ・カナダ・ドミニカ共和国などで使用されている「A」タイプなどがあります。「レンコン」では、これら全ての電源アダプターを日本のコンセント対応にできるとのこと。


上面には、「レンコン」の使用方法が掲載された公式ページのURLと、公式ページにリンクするQRコードが印刷されています。


早速「レンコン」を使ってみます。今回は海外製電源アダプターとして、香港等で使用されている「BFタイプ」のアダプターを使用します。


まずは「レンコン」をコンセントに挿し……


BFタイプの電源アダプターを「レンコン」のコンセントに接続。


電源アダプターは、一番奥までしっかり挿します。


そして、BFタイプの電源アダプターに接続されたUSB Type-Cケーブルをスマートフォンに接続すると……


充電が開始されました。日本では使用不可能なBFタイプの電源アダプターでも、「レンコン」があればちゃんと使用することが可能。


しかし、普通にコンセントへ電源アダプターを接続する場合と「レンコン」を間に挟んだ場合では、電圧や電流の減少が発生しているかどうかも気になるところ。


今回は「ルートアール USB電圧電流チェッカー RT-TC2VASV」を使用して、「レンコン」による電源変換時に電圧・電流の減少がないかどうか調べてみました。


テストに使ったBFタイプ電源アダプターの定格の出力は「5V/3.0A」。


「レンコン」を使ってBFタイプの電源アダプターを接続し、USB Type-Cポートに「ルートアール USB電圧電流チェッカー RT-TC2VASV」を挿します。


そしてチェッカーのUSB Type-Cポートに充電ケーブルを接続すると……


電圧が5.03V、電流が0.61Aという結果になりました。


なお、「レンコン」は赤・白・青・黒の4カラー。


青・赤・白・黒すべての色の「レンコン」がAmazonから購入可能で、記事作成時点ではいずれのカラーも1490円(税込)となっています。

RWG111BL ロードウォーリア Ren!con レンコン(ブルー) 日本国内専用 電源プラグ マルチ変換アダプター BF,C,SE,O,O2,B3,CB (UK/EU/AU/CN/IN等)電源プラグタイプに対応 電気用品安全法PSE取得商品

・関連記事
最大30W給電可能なPower Delivery対応USB Type-Cポート搭載の卓上USB急速充電器「Anker PowerPort I PD with 1PD&4PIQ」レビュー - GIGAZINE

充電速度が約10%速くなったAnkerのワイヤレス充電器「PowerPort Wireless 5 Stand」と「Anker PowerPort Wireless 5 Pad」を使ってみた - GIGAZINE

完全ワイヤレス&周辺音取り込み機能付き&充電モバイルケース対応のBluetoothイヤホン「Anker Liberty+」レビュー - GIGAZINE

仕事しながらエクササイズ可能でスタンディングデスクにもなるエアロバイク「FlexiSpot Deskcise Pro デスクバイクV9」レビュー - GIGAZINE

G-SHOCKにGPSナビを追加して究極のアウトドア仕様になったRANGEMAN「GPR-B1000」を使ってみた - GIGAZINE

in レビュー,   ハードウェア, Posted by log1h_ik