ハードウェア

Chrome OS搭載のタブレット「Acer Chromebook Tab 10」登場、Googleは教育現場にChromebookタブレットを強力に推進


Chrome OSを搭載するタブレット「Chromebook Tab 10」をAcerが発表しました。GoogleはChrome OSタブレットを教育向けツールとして推し進めていく計画です。

Chromebook tablets for versatile learning
https://www.blog.google/topics/education/chromebook-tablets-versatile-learning/

かねてからAndroidではなくChrome OSを搭載するタブレットの登場は期待されていましたが、Chromebookでも実績のあるAcerが第1弾としてChromebook Tab 10をリリースすることになりました。Chromebook Tab 10は、9.7インチ(2048×1536)のIPS液晶ディスプレイを採用。9.7インチということでiPadを意識しているのは明らかです。


SoCはRockchipの「OP1」(RK3399)、メモリは4GB、ストレージは32GB、200万画素のフロントカメラと500万画素のリアカメラを搭載。OSはもちろんChrome OSで、一部のAndroidアプリを使えます。


背面にスタイラスを収納します。スタイラスはWacom製。


Type-CのUSBポートや……


イヤホンジャックも搭載します。


GoogleはChrome OS搭載タブレットを教育向けツールとして活用する取り組みをカリフォルニア州クパチーノのデ・バルガス小学校で試験的に行っていたことを明らかにしています。これまで教育現場にはChromebookが導入されていましたが、タッチパネルとスタイラスを使うタブレットスタイルの方が、初等教育には向いているという判断があるかもしれません。


ちなみにGoogleはChrome OS搭載タブレットのことを「Chromebook tablet」と呼んでおり、「bookとtabletで意味が二重になっている」「そもそも折りたためないのでブックじゃないだろ」という指摘があります。

教育向けにも提供されるChromebook Tab 10ですが、学生でなくても購入できるとのこと。価格は329ドル(約3万5000円)で2018年4月にアメリカから発売される予定。現地時間2018年3月27日にAppleが教育向けイベントを行う前日の発表であることや、教室への先行導入実験がAppleのおひざ元のクパチーノで行われたこと、タブレットの画面サイズがiPadと同じなど、GoogleはAppleとの「教育ツール」提供競争に本気モードのようです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
フェイクニュースやエセメディアの見抜き方をChromebookアプリで教育するGoogleの試み - GIGAZINE

Microsoftが軽量版Windowsの「Windows 10 S」とChromebook対抗の教育向け激安ノートPCを発表 - GIGAZINE

Appleはシカゴすべての公立学校の生徒にプログラミングを教えるために当局とタッグを組むことを表明 - GIGAZINE

Appleが学校用iPadをApple ID不要で使える「教育プログラム」を計画中 - GIGAZINE

「ゲームで教育に革命を起こす」という壮大なテーマを掲げる企業Triseumとは? - GIGAZINE

教育・学習用アプリはアプリ開発者にとって有望市場であるという実例 - GIGAZINE

in ソフトウェア,   ハードウェア, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.