試食

濃厚なチーズと香り豊かなバジルにプリっとしたエビが加わったタリーズ「小エビとジャガイモのジェノベーゼ」を食べてみた


鮮やかな緑色のバジルを使ったジェノベーゼソースのパスタに、小エビとジャガイモを合わせたタリーズの「小エビとジャガイモのジェノベーゼ」が2018年3月23日(金)から登場しています。タリーズによると、コクがありながらもさっぱりと食べられるパスタに仕上がっているとのことなので、実際に食べてきました。

一日の始まりやランチに!タリーズこだわりのコーヒーとともに。「厚切りトースト ツナチェダーメルト」や「小エビとジャガイモのジェノベーゼ」を発売|プレスリリース(2018/3/14) |プレスリリース |会社情報 |TULLY'S COFFEE - タリーズコーヒー
https://www.tullys.co.jp/company/pressrelease/2018/03/2018_morning.html

小エビとジャガイモのジェノベーゼ|フード|商品情報|TULLY'S COFFEE - タリーズコーヒー
https://www.tullys.co.jp/menu/food/pasta_shrimp_potato.html

タリーズにやって来ました。


お店の前には、新作フードメニューの登場を知らせるパネルがかけられています。


今回は小エビとジャガイモのジェノベーゼ(単品:税込810円)を、本日のコーヒーをセットにした「ドリンクセット」(税込1020円)にして注文します。


4分ほどで小エビとジャガイモのジェノベーゼと本日のコーヒーが到着。


パスタが入った器は深めで長辺138.3mmのiPhone 7と比べるとこんな感じ。


盛り付けられているパスタの量はこんな感じ。


バジルがパスタを鮮やかな緑色に染め上げています。


パスタの具材は、パスタとは一緒に食べるのに良さそうなサイズのエビと……


ジャガイモ……


赤いパプリカ


そして、玉ねぎというシンプルな構成。


パスタからは、ジェノベーゼソース、バジル、チーズが混じり合った食欲をそそる香り。


食べてみると、バジルの深みのある香りと、濃厚なチーズが口の中に広がります。ほど良い固さにゆでられたパスタは、ジェノベーゼソースが染みており、かむとコクのあるソースがあふれ出します。エビはプリッとしていて、パプリカと玉ねぎのシャキシャキとした食感がバリエーションを加えていました。ジャガイモはソースと絡んで一体となっています。シンプルな構成なので味と食感のバランスが良いパスタというのが実感できます。


食べ進めていくと、ジェノベーゼソースはやや油が多いので、口の中が油で満たされてしまい味に鈍くなってしまうので……


コーヒーでリセットして食べるのがオススメ。口の中の油をリセットすると、一口目に感じたジェノベーゼソースの新鮮な香りと味がよみがえります。小エビとジャガイモのジェノベーゼは、単体では最後まで「さっぱりと食べられる」とまではいきませんでしたが、コクがありバランスのよいパスタに仕上がっていました。


小エビとジャガイモのジェノベーゼは、一部を除き全国のタリーズ店舗で注文可能。単品で税込810円、「ドリンクセット」は本日のコーヒーやティーだと税込1020円。さらにサラダを追加した「サラダ+ドリンクセット」は税込1140円ですが、セットメニューは注文するドリンクがカフェラテやロイヤルミルクティーだと、それにプラス料金が発生します。また、ドリンクだけでなくフルーツスクイーズ100%やヨーグルト&アサイーもセット注文可能です

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
厚切りトーストにあつあつチェダーチーズとツナ&ざく切りオニオンをのせたタリーズ「厚切りトースト ツナチェダーメルト」をモーニングセットで食べてきた - GIGAZINE

諸説ある中で結局「コーヒーは健康にとって良いもの」なのか? - GIGAZINE

パルメザンチーズ入りのサクサク衣&濃厚チーズソースの「とろ~りチーズチキンサンド」と「サクサク骨なしケンタッキー<芳醇チーズ衣>」をケンタッキーで食べてみた - GIGAZINE

「おいしいコーヒー」を化学と物理に基づいて作る - GIGAZINE

「現代人は昔に比べて44%も多くカロリーをとっている」と長年信じられてきた料理科学者の「ウソ」が暴かれたいきさつとは? - GIGAZINE

100%ビーフパティとてりやきソースが濃厚チーズやフレッシュな野菜とコラボする「チーズてりやきウェンディーズバーガー」などファーストキッチン・ウェンディーズの新作てりやきバーガー3種を食べてみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.