取材

「人類最強の兵士」リヴァイ兵長が愛用した椅子がまさかの立体化して発売決定、実物はこんな感じ


講談社が刊行するワンテーママガジン「FRaU(フラウ)」の2014年8月号で、漫画「進撃の巨人」に登場する「人類最強の兵士」ことリヴァイ兵長が表紙を飾りました。この時のイラストをもとに、漫画の作者である諫山創さんが地元大分の家具メーカーに依頼した一人掛けの椅子が、まさかの実際に座れる椅子として発売されることとなっています。果たしてリヴァイ兵長の座る椅子はどんな座り心地なのか気になったので、AnimeJapan 2018の会場で実際に座って確かめてきました。

進撃の巨人 リヴァイ兵長の椅子 発売決定!
https://www.omni7.jp/general/static/specialchair

というわけで、さっそくSUNNY SIDE UPブースに展示されている「リヴァイ兵長の椅子」を見にやってきました。


真っ赤な本革製のこの椅子が「リヴァイ兵長の椅子」。フレーム部分にはアルミダイキャストが使われており、フレームの表面はクロムメッキになっています。


後ろから見るとこんな感じ。


展示されているもののフレームは少し汚れた風合いになっているのですが、これは監修中のものだからで、製品版は汚れや傷のないきれいなものになるとのこと。


椅子の側には元となったイラストが表紙になったFRaU2014年8月号が置かれています。


また、以下のようなボードが置かれており、元となったイラストを描いていた際の諫山さんの心境がつづられています。


壁面には「お前らは間違ってない、座りたきゃ座れ。」というリヴァイ兵長からの有り難いお言葉&椅子の設計図。


椅子の足元には漫画本が置かれておりので、これらを手に取って自由に記念撮影することができます。


というわけで、すぐ側にいた調査兵団の兵士にリヴァイ兵長には内緒で椅子に座ってもらうことにしました。


クッション性は抜群で想像以上の座り心地。椅子本体の重量は約35kg、耐荷重は約100kgまでです。


座ってみるとちょっと背中を預けただけで背もたれがグイーッと倒れるので、横から見るとこれくらい背もたれが倒れた状態になります。


「リヴァイ兵長の椅子セット」はセブンネットショッピングで予約受付中で、価格は税込29万9999円。

オムニ7 - セブンネットショッピング|進撃の巨人 リヴァイ兵長の椅子セット(購入証明書) 通販


なお、壁面に「※リヴァイ兵長はつきません」と書いてある通り、リヴァイ兵長がセットでついてくるわけではないので注意してください。

・関連記事
「AnimeJapan 2018」全記事一覧まとめ - GIGAZINE

進撃の巨人のウォール・マリア最南端のシガンシナ区に変貌したローソンができるまではこんな感じ - GIGAZINE

超大型巨人が大量に出現していた「進撃の巨人」フィギュアの数々 - GIGAZINE

超大型巨人に遭遇した人類の絶望感が味わえる「進撃の巨人プロジェクションマッピング」を見に行ってきたよレポート - GIGAZINE

「進撃の巨人」のリヴァイ兵長・エレン・ミカサなど調査兵団が立体機動しまくる勇姿を立体化、超大型巨人のリアルさも尋常ではないレベルに - GIGAZINE

in 取材,   マンガ,   アニメ, Posted by logu_ii