取材

河森正治が原作・総監督を務める近未来SFアニメ「重神機パンドーラ」スペシャルステージで新情報公開


「マクロス」シリーズや「アクエリオン」シリーズなどで河森正治さんが原作・総監督を務め、2018年4月から放送が始まる「重神機パンドーラ」のスペシャルステージイベントがAnimeJapan 2018の中で開催されました。放送・配信前ということで言えない情報もいろいろとある中、新規キャラクタービジュアルや新PVが発表されました。

TVアニメ「重神機パンドーラ」公式サイト
http://www.project-pandora.jp/

アニメ「重神機パンドーラ」公式(@unit_pandora)さん | Twitter
https://twitter.com/unit_pandora

登壇したのは総監督・原作の河森正治さん、レオン・ラウ役の前野智昭さん、ダグ・ホーバット役の津田健次郎さん、クロエ・ラウ役の東山奈央さん、グレン・ディン役の内田雄馬さん、ジェイ・ユン役の梅原裕一郎さん、セシル・スー役の茅野愛衣さん。イベントの司会進行は鷲崎健さんが担当。

「重神機パンドーラ」のあらすじは以下のような内容。

2031年、次世代エネルギーとして開発されていた量子リアクターの暴走事故「翔龍クライシス」により世界は激変した。突如、地下から広がったその閃光は都市ビル群を呑み込みながら大地を覆い尽くし、やがて生物、機械、植物を超越・融合した未知なる特異進化生物「B.R.A.I」が出現した。
7年後、翔龍は絶対防衛都市「ネオ翔龍」へと生まれ変わっていた。驚異的スピードで進化を遂げ人類を滅亡の危機に陥れたB.R.A.Iに対抗する、人類最後の希望の砦である。運命に導かれネオ翔龍に集う、レオン、クロエ、クイニー、ダグ。彼らを防衛軍へと迎え入れる、セシル、ケイン、ジェイ、グレン。そして、人類の存亡をかけて戦う特殊部隊「パンドーラ」が誕生する。契約の時、希望は彼らに託された――


前野さんが演じるレオンは天才科学者ですが、妹・クロエがいないと日常生活もままならないというキャラクター。前野さんは本作では他作品ではみられないような演技を見せてくれているとのこと。キャラクターとしては「もっさり」しているのですが、専門の話になると用語を早口で喋るようなところがあり、さらに戦うときにはかっこよくなるという「三段変形」をするとのこと。

津田さん演じるダグは女と猫を愛するスナイパー。まるで津田さんを具現化したようなキャラクターで、河森さんによればオーディションのときに「ダグ来た!?」と思ったほどだそうです。

本日は新キャラクターとして、特殊部隊パンドーラの前に立ちはだかる4人のビジュアルが公開されました。

檜山修之さん演じるMr.ゴールド


中村悠一さん演じるジーク。中村さんはスペシャルゲストとしてステージに登壇、トークに加わりました。


近藤孝行さん演じるワン


石川界人さん演じるフォー


主題歌はBUMP OF CHICKENが担当し、OP「シリウス」、ED「Spica」2曲を書き下ろします。同時書き下ろしはBUMP OF CHICKENとしても初のことだそうです。


BUMP OF CHICKENからのメッセージは以下の通り。

河森監督からのオファーを頂き、とても光栄に思いました。
「重神機」という響きになんだかとてもワクワクしました。
設定資料を見ただけで感動してしまい、お引き受けすることを決めました。
1話のみを拝見させていただきましたが、美しいアニメーションによって描かれたメカやキャラクターたち、
世界そのものに一気に惹き込まれました。メンバー同士で早速語り合っています。我々の楽曲がどのように
響くのかも含め、続きがとても気になります。


楽曲に対して、河森総監督は以下のようにコメントしています。

作品の舞台は、AI やバイオテクノロジーの急速な進化によって、人類が滅亡の危機に瀕した世界です。
そこで描きたいのは人類の選択と可能性であり、笑って、泣いて、食べて、寝て、といった、とても人間臭
い人と人との関係性です。
BUMP OF CHICKEN さんは、そんな変容した世界の中でも失われない希望や肌のぬくもりを感じさせる楽
曲を作って頂けると思いました。実際に頂いた楽曲は、想像していた以上に素晴らしく、幾千にも広がる可
能性のなかで、ひときわ輝く星の光のように、本作を照らしてくれると確信しています。


「シリウス」を使ったPV第3弾も新たに公開されました。

河森正治最新TVアニメシリーズ「重神機パンドーラ」第3弾PV - YouTube


河森総監督によれば、世界の様相が大きく変わり、人類が生物の頂点ではなくなるかもしれない時代を舞台に「人間とはなんなのか」を問いかけながら作っている作品だとのこと。前野さんによれば「男女問わず多くの人の楽しんでもらえる作品」とのことなので、配信・放送開始をお楽しみに。


ちなみに、ステージでは発表されませんでしたがPV第3弾に顔を見せている重要キャラクターとしてロン・ウーがいます。「量子リアクター」開発者でレオンの友人でしたが、「翔龍クライシス」によって死亡しました。声は石田彰さんが担当。


・放送・配信情報
Netflix:3月29日(木)~日本先行独占配信・全世界展開決定
TOKYO MX:4月4日(水) 23:30~
WOWOW:4月6日(金) 21:30~
BS11:4月6日(金) 23:30~
MBS:4月7日(土) 27:38~

・放送直前スペシャル
WOWOW:3月30日(金) 22:30~
TOKYO MX:3月31日(土) 25:00~

・スタッフ
原作:河森正治・サテライト
総監督:河森正治
監督:佐藤英一
シリーズ構成:根元歳三
キャラクター原案:江端里沙
キャラクターデザイン:安彦英二
重神機デザイン:河森正治
色彩設計:林可奈子
美術監督:伊藤聖
美術設定:青木智由紀、森岡賢一
撮影監督:久保田淳
編集:兼重涼子
CG ディレクター:後藤浩幸
CG スーパーバイザー:原田丈
重神機モデリング:小川朗広、渡邉健人、忽帥
モニターグラフィックス:影山慈郎
特殊効果:飯田彩佳
音響監督:濱野高年
音響効果:中島勝大
音響制作:マジックカプセル
音楽:得田真裕、眞鍋昭大
音楽制作:フライングドッグ、ワンミュージック
オープニング主題歌:BUMP OF CHICKEN「シリウス」(TOY'S FACTORY)
エンディング主題歌:BUMP OF CHICKEN「Spica」( TOY'S FACTORY)
挿入歌:西沢幸奏「Meteor」(フライングドッグ)
制作:サテライト
コピーライト表記:©2017 Shoji Kawamori, Satelight / Xiamen Skyloong Media

・キャスト
レオン・ラウ:前野智昭
クイニー・ヨウ:花澤香菜
ダグ・ホーバット:津田健次郎
クロエ・ラウ:東山奈央
グレン・ディン:内田雄馬
ケイン・I・ハサン:石塚運昇
ジェイ・ユン:梅原裕一郎
セシル・スー:茅野愛衣
Mr.ゴールド:檜山修之
ジーク:中村悠一
ワン:近藤孝行
フォー:石川界人
ロン・ウー:石田彰
瀬戸麻沙美
能登麻美子

・関連記事
「AnimeJapan 2018」全記事一覧まとめ - GIGAZINE

「ハイスコアガール」テレビアニメ再始動、2018年7月放送開始予定でティザーPV解禁 - GIGAZINE

原作者や製作委員会からの「あれやっちゃダメ、これやっちゃダメ」なしで自由に作れた「ソードガイ The Animation」の中智仁監督らにインタビュー - GIGAZINE

in 取材,   動画,   アニメ, Posted by logc_nt