米民主党全国委員会に侵入し機密情報を盗んだハッカー「Guccifer 2.0」がロシア連邦軍参謀本部情報総局の役員だと判明


アメリカ大統領選挙で共和党のドナルド・トランプと民主党のヒラリー・クリントンの両候補が熱戦を繰り広げていた2016年6月に、民主党全国委員会(DNC)のネットワークがハッキング被害を受けました。このハッキングを行ったとして名乗り出たハッカー「Guccifer 2.0」が、ロシア政府関係者だったとDaily Beastが報じています。

EXCLUSIVE: ‘Lone DNC Hacker’ Guccifer 2.0 Slipped Up and Revealed He Was a Russian Intelligence Officer
https://www.thedailybeast.com/exclusive-lone-dnc-hacker-guccifer-20-slipped-up-and-revealed-he-was-a-russian-intelligence-officer

2016年6月14日に、民主党を統括する団体であるDNCのサーバーが侵入されたとWashinton Postが報じました。Washington Postによると、DNCのコンピューターから盗まれたのは、メール、チャットなどの履歴だけでなく、当時、民主党のヒラリー候補の対抗馬だったトランプ候補に関するネガティブな情報を収集した「Donald Trump Report」という極秘のレポートなどが含まれており、大統領選において大きなダメージを民主党は被りました。

報道後、すみやかにDNCは「ロシア政府関係者による諜報活動である」と発表しましたが、翌日の2016年6月15日に「Guccifer 2.0」と名乗るハッカーが自らの犯行であると名乗り出ました。Guccifer 2.0は自分が犯人である証拠代わりにDonald Trump Reportや民主党への献金者のリスト、ヒラリー候補の機密資料などを公開し、さらにごっそりと盗み出したファイルをWikileaksに提供済みであることを明らかにしました。


犯行声明の中でGuccifer 2.0は、DNCがロシアによる犯行だとしていることは間違いであり、自身の単独犯であることを強調しました。ちなみに「Guccifer」とはルーマニアの著名なハッカーGuccifer(本名マーセル・レーザー・レーヘル)に由来しているのは明らかで、Guccifer 2.0自身でもGucciferを敬愛するルーマニアのハッカーであると主張していました。

もちろん「Guccifer 2.0がルーマニア人だというのは虚偽で、ロシアが背後にいる」との見立てをアメリカの捜査当局は事件当初から崩していませんでした。なお、トランプ大統領の政治顧問を務めトランプ大統領を誕生させた重要人物として知られるロジャー・ストーン氏は、Guccifer 2.0とTwitterでやりとりしたと述べ、ロシアと関連付けるべきではないと主張していました。


ロジャー・ストーン氏がどんな人物なのかは、Netflixのドキュメンタリーを見ればよく分かります。

トランプ大統領の誕生を描いた男『困った時のロジャー・ストーン』5月12日配信決定! - YouTube


Daily Beastによると、サイバーセキュリティ対策企業のThreatConnectがGuccifer 2.0のメールのメタデータを利用して本人の特定作業を行ったとのこと。そして、フランスのデータセンターで途切れるGuccifer 2.0の姿を追ううちに、ついにGuccifer 2.0がロシアに本拠を置くVPNサービスのElite VPNを中継していたことが分かったそうです。

Daily Beastが政府の捜査に精通した情報源から得た情報によると、Guccifer 2.0はある日、VPNクライアントのアクティブ化に失敗したままTwitterを利用したことから、Twitterのサーバーログにモスクワに拠点があるIPアドレスを残したことを発見しました。そして、このIPアドレスの解読作業が行われた結果、Guccifer 2.0がロシア・モスクワにあるロシア連邦軍参謀本部情報総局に勤める将校であることが突き止められたそうです。

なお、Guccifer 2.0の特定に成功したのは、元FBI長官でロシアによる大統領選挙への関与疑惑(ロシアゲート)を調査するために任命されたロバート・ミュラー特別検察官の捜査チームだとのこと。ロシア政府の大統領選への関与について、ミュラー特別検察官はFacebookからユーザーデータを入手したケンブリッジ・アナリティカとトランプ政権関係者の関連性に関心を示していると言われ、2018年3月22日にトランプ大統領の個人弁護団トップでロシアゲートの捜査対応を行っていたジョン・ダウド弁護士が辞任するなどの動きがあり、今後、ロシアゲートの捜査が大きく進展する可能性がありそうです。

・関連記事
SNS情報から個人の趣向を丸裸にし投票行動を自在に操作する影のネット戦略がトランプ大統領を誕生させた - GIGAZINE

米大統領選でロシアの関与した「ロシアゲート」のFacebook投稿は1億2600万人にリーチ・ツイートは13万1000件・YouTubeには1000本以上の動画 - GIGAZINE

ロシアの情報機関がアメリカの地方自治体職員122名にサイバー攻撃を仕掛けていたことがNSA機密文書から判明 - GIGAZINE

Facebookがロシアのフェイクアカウントに1100万円分の広告を販売 - GIGAZINE

なぜトップクラスのハッカーにはロシア出身者が多いのか? - GIGAZINE

プーチン大統領が「AIを制するものが世界を牛耳る」と学生に説く - GIGAZINE

in 動画,   メモ, Posted by logv_to