交通機関の利用が「社会的信用度」で制限される運用が中国でスタート

by A.P.PHOTOGRAPHY.

人々の日々の行いから評価した「社会的信用度」によって交通機関の利用を禁じられるというシステム運用が、中国で開始されることがわかりました。

China to bar people with bad 'social credit' from planes, trains
https://www.reuters.com/article/us-china-credit/china-to-bar-people-with-bad-social-credit-from-planes-trains-idUSKCN1GS10S

China to ban citizens with bad 'social credit' rating from taking flights or using trains for up to a year | The Independent http://www.independent.co.uk/news/world/asia/china-social-credit-barred-flights-trains-president-xi-jinping-national-development-reform-a8260941.html

中国政府が独自の基準で国民の信用度を定めた「social credit system(社会信用システム)」の運用は、2016年にも報じられていました。社会信用システムは、不正乗車や信号無視といった規則違反行為に罰点を科し、システムで管理される個人のスコアから点数が引かれるというもの。政府はこれらデータをアルゴリズムで分析して国民一人一人の信用度を格付けします。

実際に、すでに一部地域では社会信用システムが導入されており、どのような形で運用されているのかは以下の記事から読むことができます。

ネットや現実の違反行為で点数を付け個人の信用レベルを格付けしブラックリスト化する恐るべき全人民監視計画 - GIGAZINE


ロイターが2018年3月16日(金)付けで報じたところによると、中国政府は社会運用システムをフライトや電車に対して適用し、罪を犯した人が最大1年にわたってこれら交通機関を利用できなくなるようにすると発表しました。

中華人民共和国国家発展改革委員会(NDRC)のウェブサイトに記載された内容によると、交通機関の利用が制限される人には、「テロについての誤った情報を広めた人」「フライトに関する問題を引き起こした人」「電車の中で喫煙した人」「期限切れのチケットを使った人」が含まれるとのこと。また、社会保険を払い忘れた雇用者や、罰金を払わなかった人なども、交通機関の利用を制限されるとみられています。

by Steve Shreve

中国国内の輸送機関で社会信用システムを利用しようとする兆候は数年前から現れており、2017年初頭には最高人民法院が「615万人もの中国市民が社会的悪行のためフライトの利用を禁じられるだろう」と発表していました。

なお、新しい運用が開始されるのは2018年5月1日となっています。

・関連記事
VPN規制で中国から頭脳流出の恐れ、ロシアもVPN禁止へ - GIGAZINE

当局のネット規制に備えるデモ隊の対応策「メッシュネットワーク」とは? - GIGAZINE

中国で政府が住民に対してスマートフォンに「監視アプリ」のインストールを強要 - GIGAZINE

ゲノム編集技術「CRISPR/Cas9」を用いて中国ではすでに86人の遺伝子改変が行われたことが判明 - GIGAZINE

ネットや現実の違反行為で点数を付け個人の信用レベルを格付けしブラックリスト化する恐るべき全人民監視計画 - GIGAZINE

in メモ, Posted by logq_fa