狙ったシュートは100%外さないヒト型AIロボット「CUE(キュー)」をトヨタが開発、プロバスケ選手をシュート対決で撃破する


自動車だけでなくホームケアロボット「Human Support Robot」なども開発するトヨタが、プロのバスケットボール選手を凌駕するシュート精度を誇るロボット「CUE(キュー)」を公開しました。

100%シューターに挑戦  新たにチームに加入した狙ったシュートは外さない... - アルバルク東京【alvarktokyo】
https://www.facebook.com/ALVARKTOKYO/videos/1221991477934685/

CUEがプロバスケットボールのBリーグ・アルバルク東京の選手とシュート対決をする様子は以下のムービーで確認できます。

100%シューターCUE(キュー)登場! - YouTube


凹凸だらけの不気味な顔


アルバルク東京のユニフォーム


バスケットボールのセンターサークルに立つこのロボットが「CUE(キュー)」。身長は190センチメートルだとのこと。


トヨタの技術者が、CUEと巨大なマシンをコートに持ち込みました。


セッティング中


まるでカンフーを始めるかのような構えを見せるCUE。


右手にボールをセットして……


シュート


見事にゴールネットを揺らして、臨戦態勢が整ったようです。


CUEを迎え撃つのはアルバルク東京所属の安藤誓哉選手、ザック・バランスキー選手の二人。


ルールは、フリースローライン横から、10本シュートして入った回数を競うというもの。安藤選手とバランスキー選手は交互にシュートします。


1本目のシュートを決めた安藤選手に続き、危なげなくシュートを決めるCUE。


バランスキー選手もシュートを決めると……


CUEも負けじとボールでネットを揺らします。


両者ゆずらずの展開の中、バランスキー選手が痛恨のミス。ボールはリングに嫌われて外れました。


ボールをCUEの目の前に掲げて邪魔をするバランスキー選手


しかし、AIロボットのCUEは、妨害工作に動揺するはずもなく……


こともなげにゴールを決めます。


逆に動揺したせいか、安藤選手、バランスキー選手がリングに当てながらも、かろうじてシュートを決める中、正確無比なシュートでネットだけを揺らし続けるCUE。安定性の高さが光ります。


なんとか、CUEが外すのを信じて我慢が続く展開でしたが、バランスキー選手の放った10本目のシュートは……


無情にも外れてしまいました。


思わず倒れ込むバランスキー選手。CUEの最後のシュートを待つことなく、敗北が決定。


そして、冷徹なCUEは10本目も決めて、完全勝利。


プロのバスケットボール選手にCUEは完勝しました。


このシュート対決の様子を、朝日新聞がムービーに収めています。

モデルは桜木花道 AIロボット、Bリーグにデビュー? - 一般スポーツ,テニス,バスケット,ラグビー,アメフット,格闘技,陸上:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASL2N5H2WL2NUTQP02R.html

バスケロボ、シュート対決でアルバルク東京のプロ選手に勝利 - YouTube


戦いの前に手の大きさを比べるバランスキー選手。


CUEのシュートを横から見た様子。膝をうまく使ってボールを打ち出しているのが分かります。


やわらかなスナップ


なんとCUEは、マンガ「SLAM DUNK」の「桜木花道の2万本シュート」にインスピレーションを受けて開発されたそうです。


左手はそえるだけ……


戦いの後のインタビュー。安藤選手は「さすがに1本くらいは外すのかな」と思っていたそうでしたが、アテが外れて、完敗を認めました。


一方、バランスキー選手は「トヨタさんが作ったロボットには最初から勝ち目はない」と思っていたそうで、「当然の結果」だと語りました。


CUEを開発したトヨタ自動車の辻本崇好氏と出原弘樹氏。トヨタ技術会(TES)というトヨタ社内で最も歴史のあるインフォーマルな団体に所属する技術者たちが、「AIとメカを組み合わせる」というテーマで開発したとのこと。


土台部分にも機械がみっしり詰まっています。


ゼロからのスタートだったCUEの開発は試行錯誤の連続で、約20万本ものシュートシミュレーションが行われたとのこと。最終的に、リングから2~4メートル以内の距離であれば、どこからでも完璧に決められるシュート精度を実現したそうです。


2017年11月に開催された地元との交流イベントで一般公開されたCUEは倉庫で眠る予定だったとのこと。しかし、トヨタ自動車男子バスケットボール部をルーツに持ちトヨタ自動車がメインスポンサーを務めるアルバルク東京の関係者が正確無比なシュートの実演を気に入り、なんとアルバルク東京のメンバーへ招くことを決めたとのこと。


そして、アルバルク東京は、Bリーグ2017-18シーズンの選手登録最終日間際に、本当にCUEの加入を発表しました。

Bリーグ2017-18シーズン選手登録期間最終日間際に100%シューター「CUE」加入のお知らせ - アルバルク東京
https://www.alvark-tokyo.jp/news/40605.html

100%シューター「CUE」のポジションはシューティングガードで、背番号はTESの創立70周年記念にちなんだ「70」。「狙ったシュートは100%外さない」のが特徴だとのこと。CUEは、2018年3月28日にアリーナ立川立飛で開催される、アルバルク東京VS栃木ブレックスで披露される予定です。

・関連記事
バスケットボールの理想的なシュート条件は解明済み、NBAや強豪大学では理想のシュート練習マシン「Noah」が導入されている - GIGAZINE

ギネス世界記録となる180メートルの高さからバスケのシュートに成功する瞬間ムービー - GIGAZINE

NBAでドラフト指名すべき選手はIBMの人工知能「ワトソン」が教えてくれる - GIGAZINE

激しいぶつかり合いと緻密なパス回し、白熱の頭脳戦が展開される「ロボカップサッカー中型リーグ」のゲームが面白過ぎる - GIGAZINE

1台のクルマが移動・物流・物販などの用途に変化する多目的自動運転EV「e-Palette Concept」をトヨタが発表 - GIGAZINE

in ソフトウェア,   ハードウェア,   動画, Posted by logv_to