動画

思わず月が見たくなる「道行く人たちと一緒に望遠鏡で月を見上げてみた」動画が公開中


月は私たちが住む地球に最も近い星ですが、あまりにも身近すぎるため「しっかりと月を見るのは十五夜か皆既月食の時くらい」という人も少なくないはず。色んなところに移動式の望遠鏡を設置し、道行く人に「月を見てみませんか」と声をかけて月を見せるムービー「A New View of the Moon」が、YouTubeで公開されています。

A New View of the Moon


アメリカの大都市、ロサンゼルス。


「ある夜、アパートで退屈してた時に『望遠鏡を外に持ち出してみよう』と思いついたんです」と語るのは、映像作家のウィリー・オーバーストリートさん。


「月も出てたし、せっかくだしね」


オーバーストリートさんが望遠鏡を設置して数分すると、色んな人に声をかけられました。


「ねえ、それは何?」と自転車にのった男性が声をかけると、オーバーストリートさんは「望遠鏡ですよ。月を見てみますか?」と気さくに答えます。


道行く人にも「月を見てみませんか?」と誘うオーバーストリートさん。


「どこで月が見られるの?」と不思議そうなおばさんには……


「ここです、ここ」と教えてあげます。


のぞき込む人は本当にさまざま。警察官に……


女の子


年配の男性まで。


「月を見るから、ちょっと待ってて」と電話中の男性は、通話相手に断って望遠鏡をのぞき込みました。


「オーマイガー」


「オー、マーイ、ガーッ!」


「すごい、信じられない」


「本当にこれが月なの?」


驚く人々に「本当ですよ」と、オーバーストリートさんは笑いながら答えます。


「クレーターが見えるわ!かっこいい」と感激する女性。


「もうちょっと近づいてみて」と促された男性は、のぞき込み口に目を当てて「ワーーーオ!!」と感激の声をもらしました。


「こんなの初めて見た」という人も大勢おり、今まで本格的な望遠鏡でじっくりと月を見た経験がある人は、意外と少ないとわかります。


「まるで月が目の前にあるみたいだ」と驚く男性。


オーバーストリートさんは「この望遠鏡は、空に浮かんでいるあの月を映してるんですよ」と月を指さします。


この女性は、思わず頭上の月を見上げました。


空に見える月は、こんなに小さく見えます。


しかし、望遠鏡でのぞいてみると……


クレーターまではっきりと見える三日月でした。


思わずスマートフォンで撮影する人もいます。


「月に着陸したみたい!」とテンションが上がっている女性。


オーバーストリートさんは、「僕らはみんなこの小さな惑星に住んでいて、大きな月を見るとみんな同じ反応で感動するんだ、ってことがわかりました」と語ります。


「月を見ることで感じる連帯感はとても大切なことだし、もっと空を見上げてみようという気にさせてくれます」


「オ~」


「ワーオ」


思わず今夜の月を見上げたくなるムービーでした。

・関連記事
人類は月にどのぐらいの量の「ゴミ」を残してきたのか? - GIGAZINE

宇宙初の「月面4G LTEネットワーク」をVodafoneとNokiaが構築へ - GIGAZINE

NASAのアポロ計画で行われた「月面の小さな重力でも人は歩けるか」というシミュレーション映像 - GIGAZINE

人類は火星の前に金星を目指した方が良さそうな理由とは? - GIGAZINE

全ての円盤銀河は10億年に1回の周期で回転していることが明らかに - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in サイエンス,   動画, Posted by log1h_ik