×
動画

鍵盤ハーモニカで「ゼルダの伝説」の名曲の数々を奏でるムービーがアツい


小学校の音楽の授業などで使った「鍵盤ハーモニカ」で、数々の名曲を奏でるYouTuber・Melodica Menが、ゼルダの伝説シリーズを支えてきた名BGMの数々を時に華麗に時に荒々しく演奏して絶妙なハーモニーを奏でています。

Zelda Medley - YouTube


鍵盤ハーモニカのフリーリードをくわえた2人がMelodica Men。


まず最初に演奏したのは「The Legend of Zelda(ゼルダの伝説メインテーマ)」


途中で曲が「Saria's Song(迷いの森)」に切り替わり、それと同時に画面右上には妖精のナビィが登場。「迷いの森」もナビィも「ゼルダの伝説 時のオカリナ」で登場するBGM&キャラクターです。


演奏の途中で急にフリーリードを口から吹っ飛ばし……


次の曲へ移行。次は「ゼルダの伝説 風のタクト」の「Dragon Roost Island(竜の島)」を演奏開始。ここでゼルダの伝説シリーズの主人公であるリンクと同じ緑色の衣装に身を包んだ男性が、手持ちの鍵盤ハーモニカのようなものを使い始めます。これは日本の楽器メーカーSUZUKI製鍵盤リコーダー「andes 25F」で、笛のような独特の音色で「竜の島」独特の曲調を表現します。


そして再び手元に置いていた鍵盤ハーモニカに戻ってきて……


「ゼルダの伝説 時のオカリナ」の「Song of Storm(風車小屋)」を奏でます。「風車小屋」はゲーム中では「嵐の歌」としてリンクがオカリナで演奏することもできる曲。原曲も鍵盤ハーモニカで演奏しているかのような独特の音色なので、2つの鍵盤ハーモニカによる演奏はもとの曲を忠実に再現しているように思えます。


そしてリンクがオカリナを手に取り……


「Song of Time(時の歌)」を演奏。


続いて「Zelda's Lullaby(ゼルダ姫のテーマ)」を奏でます。嵐の歌、時の歌、ゼルダ姫のテーマ、迷いの森と「ゼルダの伝説 時のオカリナ」の曲が多め。


ゼルダ姫のテーマはかなり情緒豊かに演奏しており、感情のこもりっぷりが半端ではありません。


そして演奏の途中で急に2人して鍵盤をバンバン叩き……


荒々しく「Gerudo Valley(ゲルドの谷)」の演奏に移行。


演奏の途中では急にミニトランペットを取り出してアレンジ。リンクの多彩さが光ります。


そして最後はマスターソードを取り出して「てやーっ!」とリンクのおなじみの叫び声をあげながらムービーは終了。ゼルダの伝説といえばシリーズ作品数も多くさまざまな名曲が作られているので、ぜひとも続編に期待したいところです。

・関連記事
作曲家・梶浦由記さんが作品との関わり方や作曲方法について語る - GIGAZINE

タイトーサウンドチーム「ZUNTATA」を彩った8人が語る25周年記念インタビュー - GIGAZINE

ゲームの「音屋さん」になるための心得、タイトー「ZUNTATA」インタビュー - GIGAZINE

Key最新作「Rewrite」音楽担当の折戸伸治さんインタビュー - GIGAZINE

これがギター1本でメシを食ってきた男の生き様、プロギタリスト・村治奏一にインタビュー - GIGAZINE

いろんな楽器でマリオを演奏 - GIGAZINE

in 動画,   ゲーム, Posted by logu_ii