試食

健康が気になるけど牛丼が食べたい人にピッタリな吉野家の機能性表示牛丼「ペプ牛&GABA牛」を普通の牛丼と食べ比べてみました


牛丼は、肉とご飯を手軽にお腹いっぱい食べられるファストフードとして人気がありますが、中性脂肪や血圧など健康に気を遣う人にとってはなかなか手を出しにくいメニューでもあります。そこで開発されたのが機能性表示食品ペプ牛」および「GABA牛」で、中性脂肪が気になる人・血圧が気になる人にピッタリな牛丼です。吉野家から通信販売限定で2018年2月19日(月)から登場していて、予約していた分が届いたので、どんな味なのか実際に食べてみました。

「ペプ牛」「GABA 牛」発売のお知らせ | 吉野家公式ウェブサイト
https://www.yoshinoya.com/news/2018/news20180219/


ペプ牛・GABA牛の5袋セットが、冷凍食品詰め合わせと書かれた箱に詰まって届きました。


フタを開けてみるとさらに小さい箱が2つ入っていました。


片方にはペプ牛の冷凍パックが5つ、もう片方にはGABA牛の冷凍パックが5つ入っていました。


ペプ牛は中性脂肪が気になる人向けの牛丼で、パッケージはこんな感じ。


食後の血中中性脂肪の上昇を抑える機能があるグロビンペプチドが6mg配合されているとのこと。


さらに、パッケージには1日1袋が摂取目安量と記されていました。


裏面の原材料名を見てみると、牛肉・玉ねぎ・砂糖・しょう油など、牛丼では定番の原材料の他に、グロビンペプチドという名前も記されていました。内容量は135グラムです。


消費者庁によると、機能性表示食品は「事業者の責任で、科学的根拠を基に商品パッケージに 機能性を表示するものとして、消費者庁に届け出られた食品」を意味します。そのため、ペプ牛に含まれるグロビンペプチドにどういった効能があるのかという表示も記載されていました。1袋当たり327キロカロリーとのこと。


こちらはGABA牛で、血圧が高めの人向けの牛丼となっています。


GABAが1袋当たり12.3mg入っているとのこと。


さらにパッケージの右隅には「塩分25%カット」が大きくアピールされています。


原材料は基本的にペプ牛と同じですが、ペプ牛と違い、「しょうゆ加工品」が追加されています。そして、GABA牛の機能性関与成分であるGABAの名前も記載されています。


GABAについての届け出表示が記載されています。1袋当たり327キロカロリーでした。なお、パッケージの表にアピールされていた「塩分25%カット」は、吉野家の機能性表示食品第1弾であるサラシア入り牛丼と比べた数字とのこと。


調理方法は、凍ったままのパックを沸騰したお湯で約5分ゆでるだけです。


まずはペプ牛を5分間ゆでます。


5分後、具材が十分温まったところで封を開けると牛丼の香りが立ちます。というわけで袋の中のペプ牛の具を丼に盛り付けて……


完成。見た目は普通の牛丼と全く変わりません。


続いてGABA牛も5分間ゆでます。


ゆで終わったらGABA牛を丼に盛り付けていきます。


GABA牛はペプ牛よりも少しつゆが多めな印象で、実際に少し傾けてみたところ、ご飯がつゆに少し沈んで、牛丼屋の裏メニューとしても有名なつゆだくのような感じになりました。


吉野家で普通の牛丼(並)とサラシア入り牛丼を入手。ペプ牛・GABA牛と食べ比べてみます。


まずはペプ牛を一口食べてみます。食べる前は「何か独特の風味があるかも」と身構えていましたが、実際に食べてみると普通の牛丼とほとんど変わらない味付けでした。牛肉のコク・うま味・玉ねぎの甘みがしっかりと感じられ、えぐみやクセはありません。


試しに普通の牛丼も一口食べてみると、普通の牛丼の方がほんのわずかだけしょう油ベースのタレの味を濃く感じました。ただし「食べ比べて初めてペプ牛が少しだけ薄味になっていることが分かる」ぐらいの差で、食べていて全く気にならないレベルです。


GABA牛は少しつゆが多かったのでスプーンで食べてみました。GABA牛はタレの甘みと塩味が少し抑えられている分、肉や玉ねぎの味が強くなっているという印象で、「ほんのちょっと薄いかも」となんとなく違和感を覚えるぐらいには薄味となっています。


GABA牛はサラシア入り牛丼に比べて塩分25%カットということで、サラシア牛丼と食べ比べてみました。サラシア入り牛丼は普通の牛丼と同じようにしっかりと甘辛いタレの味がするのに対して、GABA牛はやはり比較的さっぱりした味付けであるように感じられます。普段から吉野家でよく牛丼を食べているという編集部員にもペプ牛・GABA牛を試食してもらったところ、「ペプ牛は普通の牛丼とほとんど同じ味わいだけど、GABA牛はややパンチが弱いので、少し物足りなく感じるかも」とのことでした。


ペプ牛・GABA牛は吉野家公式通販ショップのみで取り扱われていて、それぞれ5袋セットが税込2980円で、10袋セットが税込5000円で注文可能となっています。

中性脂肪が気になる方へ“ペプ牛”|吉野家公式通販ショップ
https://e-shop.yoshinoya.com/pepugyu/


血圧が高めの方に“GABA牛”|吉野家公式通販ショップ
https://e-shop.yoshinoya.com/gabagyu/

・関連記事
吉野家の新メニュー「白カレー」&「牛白カレー」とレギュラーの黒カレー&白カレーのトッピングを食べ比べてみた - GIGAZINE

吉野家の牛丼・豚丼の具がそのまま中華まんに詰まった「特製牛肉まん」&「特製豚肉まん」を食べてみた - GIGAZINE

牛丼の吉野家で気軽にチョイ飲みを楽しめる「吉呑み」をしてみた - GIGAZINE

脂肪を分解するというトクホの伊右衛門「特茶」と通常版・濃いめを飲み比べてみました - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1i_yk