動画

Netflixは2018年末までに約700ものオリジナルコンテンツを用意する予定であることが判明


映像ストリーミング配信サービスとして契約者を急増させているNetflixは特にオリジナルコンテンツに力を入れており、Netflixのオリジナルコンテンツ見たさにサービスに加入する人も多くいます。そんな中、Netflixのデビッド・ウェルズCEOが、2018年には700ほどのオリジナルコンテンツを用意する予定だと発言しました。

Netflix Eyeing Total of About 700 Original Series, Movies in 2018 – Variety
http://variety.com/2018/digital/news/netflix-700-original-movies-series-2018-1202711940/


Netflix to have around 700 original movies and shows available in 2018 | TechCrunch
https://techcrunch.com/2018/02/27/netflix-to-have-around-700-original-movies-and-shows-available-in-2018/?ncid=rss

Netflix・Hulu・Amazonプライムという3つの映像ストリーミング配信サービスは、それぞれ人気コンテンツが異なり、Netflixのユーザーは特に「オリジナルのシリーズもの」を目的としていることが調査で判明しています。

Netflix・Hulu・Amazonプライムでユーザーが見ているコンテンツは全然違う - GIGAZINE


そしてNetflixはオリジナルコンテンツにますます力を入れており、デビッド・ウェルズCEOによると、2018年にはオリジナルの映画や番組を700本ほど配信したいと考えているとのこと。2017年8月には「Netflixで配信されるオリジナルコンテンツの予算は80億ドル(約8600億円)」だと報じられていました

コンテンツの製作にはアメリカだけでなく国外にある80のプロダクションも携わっており、例えば2017年に公開された「ダーク」はドイツで製作されました。例えば2017年に公開された「ダーク」はドイツで製作されたもので、日本でも2016年に「火花」、2017年に「DEVILMAN crybaby」などが製作されて独占配信されています。ウェルズCEOは「視聴者はそのストーリーがどこからやってきたかを気にしません。優れたコンテンツを持っていることが重要であり、それは必ずしも私たち自身で行わなければならないことではないのです」と語っています。

オリジナルシリーズの強化の背後には、新規ユーザーの獲得があることは言うまでもありません。2017年末には契約者数増加で1億1760万人に達したNetflixですが、「Netflixのメンバーじゃない人の方がNetflixのメンバー数より多い、これが私たちの可能性です」とウェルズCEOは語っており、サービス拡大を目指していく意向のようです。

・関連記事
Netflixの隠れたカテゴリを直接指定して見る方法&カテゴリ別リンク一覧 - GIGAZINE

Netflixしか見ない子どもたちは1年間で230時間分のCMを見ずに済んでいる - GIGAZINE

9000億円を投じてNetflixは2018年内に配信コンテンツの半分をオリジナルものにする方針 - GIGAZINE

死後250年目に新たな肉体を得て生き返った犯罪者が殺人未遂事件の謎を追うSFアクション「オルタード・カーボン」の予告編が公開中 - GIGAZINE

「悪魔城ドラキュラ」をNetflixがアニメ化した「キャッスルヴァニア」のティザー映像公開 - GIGAZINE

in ウェブアプリ,   動画, Posted by logq_fa